Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

アフターフィッシィング


今日は昨日に続きハタ鍋。それとヒラメのムニエル。

20171012_203043_HDR.jpg

料理は豪華だが、飲み物はあいも変わらず発泡酒(笑)。
実際の処、年金生活者の暮らしは実に苦しい。僅かな貯蓄もどんどん減るばかり。今から30年前くらいに定年された方は、金利が7パーセント以上で回る時代だったので、複利で定期預金にしておくと5年で倍になった。更に、年金のみで生活が出来た方も多かったと思う。

現在は、年金だけで生活が出来る方はそんなに多くはないかもしれない。少なくとも我が家は無理だ。平均的な給与所得者よりは多くの年金を支払ってきたつもりではあるが・・・・。

更に現在50代以下の方は、もっともっと厳しい現実に直面するかもしれない。今から生活設計を考えておかないと大変な事になる。

20171010_124008_HDR.jpg

10日に行った釣り船屋さんの愛犬、シーズー。
こうしてのんびりしているところを見ると、幸せな飼い方をされているのが分かる。

この子とも、ずいぶん長い付き合いになる。私が釣りに行ける間は、頑張ってもらいたいな。


ヒラメ釣りに行ってきた


今日は10月から解禁になったヒラメ釣りに行ってきた。
4時半出船の為、夜中の2時起きしてでかける。下手すると通常は1時ごろ寝ることも多いので、結構大変だ。

20171010_101241_HDR.jpg

今日の目玉はこのマハタ。いわずと知れた高級魚。明日鍋にしようと思う。
実は5時半から10時半まで釣果ゼロ。しかもあたり一つ無い。連れなくてもあたりさえあれば楽しめるのだが、潮が全く流れなかった。
今日はからのクーラーボックスをブログで紹介するしかないと思っていたところ、やっとヒラメが一枚。ヒラメとは書いたが、実はヒラメにあらず。釣り人は1kg以下をヒラメとは呼ばずソゲと呼ぶ。

その後このマハタが来たので、これでいいやと思っていたら、そのあとすぐヒラメと呼べる1,5kg級が来たので、何とか面目を保った形だ。

結果はマハタの小さいのもつれて、マハタ2尾。ヒラメ1枚、ソゲ1枚。それにイナダが1本。また近いうちにリベンジに行かねば。
船から上がった後、「また来させるためにわざと釣らせないんじゃないか」といった人がいたが、そんなことはない、ここの船長は実に優秀な船長だ。

20171010_051802_HDR.jpg

船上で観る日の出とはいかなかったが、見事な朝焼け。実にいいもんだ。しかしこの後5時間の間、あたり一つ来ないとは、この時点では知る由もなかった。

20171010_044927_HDR.jpg

釣り場に向かう間はまだまだ真っ暗。今日はどうかな、潮加減が良かれと祈るばかりだ。

20171010_071420_HDR.jpg

ヒラメ釣りの餌はこれ。生きイワシ。船の生け簀から弱らないように小出しにして使う。1日の釣りで20匹くらいは使ってしまう。

20171010_105015_HDR.jpg

弱ってしまったイワシを海に捨てるので、こうして海鳥が船の周りに浮かんで待っている。

2015-01-0420171010_03.jpg

日本列島を北上してくる黒潮。こうして見るとはっきりと色の違いが判る。黒潮良い呼び名だ。
誰が名付けたか知らないが、先人の知見に乾杯。

失礼、私は先程ヒラメの刺身で乾杯してしまった。さあ、明日はハタの鍋物。美味しい魚が食べられるのは、釣り人の特権だ。

実は、何歳くらいまでこのようにして釣りに行けるのか不安を持っていたが、何と今日乗船名簿を見たら、昭和14年生まれの方が乗っていた。私もまだまだ頑張れそうだ。

私はもうすでに行政上の高齢者ではあるが、考齢者且つ幸齢者になりたいと思う。


今年最後の睡蓮


今年最後の睡蓮が咲いた。

20170928_111334_HDR.jpg

ここの処すっかり堕落した生活を送っている。定年退職をしてから、早1年半を経過したが、メリハリのある生活ができていない。
花の手入れも怠っていたので、すべての花が芳しくない。

20171006_111011_HDR.jpg

秋のバラが咲き始めたが、まめに肥料をやらなかったせいか、花が小さい。チャールストンもいまいちだ。

20171006_111052_HDR.jpg

フロリバンダも色も姿もみすぼらしい。

20171006_111129_HDR.jpg

アイスバーグもまた然り。
いかんいかん、明日から頑張ろう。最近少し腹も出てきた。

だらけ切った精神に喝

20171007_145629_HDR.jpg

ホッテおいても、畑の柿は色ずいてきている。

渋柿たわわ スイッチ一つで 楽湧くよ  草田男

明日からたるんだ精神にスイッチを入れる予定だ。

取りあえずあさってはヒラメ釣りに行ってくる。

何、スイッチを入れるといっても遊びのスイッチだ(笑)。


老猫頑張る


今日の画像だが、22歳の老猫は頑張っている。

20171004_220115_HDR.jpg

熱心に顔を洗うジャスミンちゃん。毛艶はすっかりなくなったがまだまだ頑張っている。何とか年を越せそうな雰囲気になってきた。

20170917_152952_HDR.jpg

一方、7か月で元気いっぱいの福ちゃん。先日去勢手術を済ませた。この子もあと20年生きてくれるだろうか。

2015-01-0420170924_02.jpg

今日は涼しくなったので、あいちゃんとお散歩。こんな時はつくづく幸せだと思う。

2015-01-0420171004_04.jpg

今日は十五夜さんという事で、写真を撮ってみた。こうして見るとウサギは餅をついていないな。

名月や故郷遠き影法師  夏目漱石


ゼブラフィンチラボ品表会に行ってきた


昨日の日曜日は、ゼブラフィンチラボさんの品表会に顔を出させて頂いた。

まずは画像を見て頂きましょう。どの子も羽はピカピカで、体も絞まっていて実に美しい。ちなみに画像はyoshikoさんの画像を使わせて頂いてます。

1506934710388.jpg


1506934716633.jpg


1506908693436.jpg


1506908687866.jpg


1506908679097.jpg


1506908672705.jpg


1506908650388.jpg


1506908611117.jpg


1506908591298.jpg

この子はキンカチョウには目面しい梵天との事。総合一席に輝いた。

兎に角キンカチョウの色変種は膨大で、私には種類の判定もままならない。しかしながら、一羽のキンカチョウの為に、何代もかけて作出しなければならないような、色変種もいるという。その奥深さは、私のような素人にはまったくわからない。

この会には、静岡とか栃木とか福島とか、かなり遠くからも出席されている。これだけ多くの方が参加されるのは、ひとえに会長さんのキンカチョウに対する情熱と、実に寛容で世話好きなお人柄の、たまものだと思っている。かくいう私も、一方ならぬお世話になっている。

実にお顔が広く、何か欲しい鳥がいると、すぐにお知り合いにあたって頂ける。現在ワカナインコを探されている方がおいでとの事で、若しどなたかお持ちの方がいらっしゃれば、ご一報いただければありがたい。

20171001_125943_HDR.jpg

最後は主席のみ、こうして集められ、表彰式となる。

この会は、愛鳥家の交換会のような場にもなっていて、私も、コキンチョウのペアと、アキクサインコのルビノー♀2羽を購入してしまった。

わかってますよ。ハイ、頭丸めます。



プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク