Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

今回は手乗りに挑戦だ。

ももちゃん6gatu14 013


アキクサインコからコンゴウインコまで何でも飼ってみるおじさんが行く

先日紹介したヒムネキキョウの雛だが、この暑さで5羽も育てさせるのが可哀そうだと云うのと、1度ヒムネキキョウの手乗りを育ててみたいと云う希望が合体。先程巣上げして来た。

さあこれで月曜日から、また同伴出勤となる。会社の人達は、このおっさんは一体なんだろう、と思っているかもしれない。でもそういう事を気にしないのが、なないろいんこの良い処だ。いや、悪い処かな。まあどっちでもよい。

キキョウインコは以前、挿し餌したことがある。一般にオーストラリアンパラキートは、手乗りにしてもドライだと云われているが、可愛がり方によっては、結構なつくようだ。昨年、新潟のSさんより画像を送って頂いたが、放し飼いにされており部屋から部屋について来て、お風呂も一緒に入るそうだ。(2011/9/6の記事をご覧ください。)

ブルーが1羽、ルチノー4羽だが、ルチノーは遺伝的に♀なので、今回2羽は手元に残す予定だ。とことん可愛がってみる。
一般的にヒムネキキョウインコは弱い鳥のように言われているが、我が家のヒムネキキョウは、冬でも屋外飼育で無加温だし、夏でもこの暑さで5羽も育ててしまうので、結構丈夫だと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ヒナっぴはいいですね~i-179
思わず顔がにやけてしまうi-233

ウチは次いつ生まれるかなぁi-198
わくわくしながら待つのもまた楽しみのひとつですねi-234

Re: ショウさん今日は

ほんとです。いつ生まれるか、予測が付かない事もあります。
ヒムネは大体春先からですから予想が付きますが、
サザナミはいつともいえず、知らない間に雛が孵っていた事もあります。

まあ鳥任せですね。こちらの思い通りにはいきません。
プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク