FC2ブログ
Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

十五夜


天気予報jは曇りであったが、満月を見る事が出来た。多分今日のブログには、沢山の方が月を載せられておいでの事と思う。

2015-01-0420180924_03.jpg

あかあかと宝珠のごとき月のぼる   角川春樹

ある僧の月を待たずに帰りけり    正岡子規

はなやぎて月の面にかかる雲     高浜虚子

立待の月こそ愛でよと法師かな    鸚哥子


満月も美しいが、吉田兼好は何でも斜に物を見るのが好きだったようで、[徒然草」の137段で以下のように書いている。

花は盛りに、月は隈なきを見るものかは。雨に対ひて月を恋ひ、垂れこめて春の行方、なお、あわれに情深し。

尤もこの御仁は、「命長ければ恥多し、四十路に足らぬほどにて死なむこそめやすかるべけれ」等と書きながら自分は56歳まで生きたから、真に受けることは出来ない(笑)。

ところで、これをもじって、【立待の月こそ愛でよと法師かな】と詠んでみたが、果たしてこれが俳句と呼べるものかどうかは知らない。
なんせ、俳句を初めてから、まだ2年もたたないので、全くの素人だ。良いも悪いも判らないので、この句を10月の句会に出して、先輩方の意見を聞いてみようと思う。

この話は、樋口一葉ももじって「たけくらべ」の中で、次のように書いている。

「花は盛りに、月は隈無きをのみ見るものかは、いでやその散りがたの木陰こそおかしからめ」と言えば、双ヶ岡の法師のまねびにやと妹なる人はうち笑みぬ。記憶に頼って書いているので、誤りがあったらごめんなさい。

2015-01-0420180924_03_01.jpg

ところで、愛猫どらちゃんは、明日は去勢に行こうと思う。それを知ってか知らずか、私をにらんでいるように見える(笑)。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク