FC2ブログ
Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

秋が来た


いよいよ秋本番ですね。

2015-01-0420180922_08.jpg

いつも通りにこの季節を狙って、いつものところに曼殊沙華が咲いた。

つきぬけて天上の紺曼殊沙華     山口 誓子

ドラえもんのどこでもドアー曼殊沙華    園田 千秋

何をもて罪と言いしか曼殊沙華    田中 悦子

右ひだりどっちが地獄曼殊沙華    植村 幸北

地上より湧きたちて赤曼殊沙華    鸚哥子

俳人の名句の後に堂々と愚作を滑り込ませるこの厚顔さがなければ、60半ばを過ぎて全くの初心者が句会になんぞに顔を出せません(笑)。

しかし乍ら、今熱心に勉強してますので、あと10年もすれば、何とか物になるかも知れない。

2015-01-0420180918_11.jpg

「実りの秋」実に素晴らしい言葉ですね。
昔、「キタリス」を飼っていた時、この栗の実を拾ってあげていたんだが、20年ほど前に逝ってしまった。現在はキタリスは輸入されないので、もう飼う事は出来ない。飼ってみると実に可愛い。勿論ミルクを飲ませる処から育てたので、もうベタベタでした。

しかし、今までどれだけの生き物を飼ったことだろうか。小はトビネズミ、大はキツネ。勿論犬は10頭を軽く超えている。今までどれだけ家内に迷惑をかけて来たか判らない。今まで逃げ出さずにいるのは奇跡だと思う。感謝感謝です。と言いつつも、未だにいろんな鳥を飼っているのだから、【反省するのは猿でもできる】という処だろうか。

2015-01-0420180918_08.jpg

ご近所のアケビも、今年はたわわに実っている。ご主人がなくなられて、受粉が上手くできないと嘆かれていたが、どうやら今年はコツをつかまれたようだ。

2015-01-0420180918_12.jpg

我が家の柚子も今年は大豊作。野鳥の数を数えるカウンターで数えてみたが、100を超えたところで諦めてしまった。
この柚子には、沢山のアゲハチョウが訪れて、産卵していく。また来春には春の蝶が羽化していくことだろう。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク