Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

鳥インフルエンザ


今日の千葉県は朝から晴れ。気分が良いので、屋外での水浴びと日光浴。

2015-01-0420161216_06k.jpg

あいちゃん、ブドウを貰ってご機嫌だ。
しかし心配なのは、各地から聞こえてくる、鳥インフルエンザの話題。我が家でも、全く心配ないとは言えないが、鳥に日光浴と水浴びは欠かせない。

東山動物園で鳥インフルが発生したのを受けて、市川市動物園も鳥のケージは解放しなくなった。我が家のバードレストランも、一時閉店し、禽舎の戸も締め切りとした。

今までは、時々雀が禽舎に入って来ては、こぼれた餌にありついていた。何時も天気の良い日には、禽舎の戸も開放して、換気と日光浴を心がけていたが、今の状況ではやむなしだ。禽舎には紫外線灯を4本付けてあり、タイムスイッチで6:30から14:00までは自動点灯としている。

消毒薬のルビコンSも手元にあるので、玄関を入る時に、靴底を消毒すればよいのだろうが、家族には強要できないので、使用していない。早く終息してくれるのを願うばかりだ。

2015-01-0420161216_01.jpg

シロハラインコjもブドウが大好き。画像の様に夢中で頬張っている。先日巣箱を入れてあげたら、早速底板をがりがり齧って寝床を作っていた。果たして来年可愛いいヒナの誕生を見る事が、出来るかどうか楽しみだ。

2015-01-0420161216_03.jpg

12月13日の朝日新聞で、面白い記事を見つけた。
クワガタの大あごは、幼虫時の栄養次第で、大小が決まってしまうとの事だ。東大の研究チームによる発表だ。ある種の酵素が役割を果たしているようだ。

ところで我が家のノコギリクワガタだが、今日現在まだ元気に活動している。本来ノコギリクワガタは越冬は出来ないので、とうに死んでしまっても不思議ではない。一時活動が鈍ってきた為、現在25度にサーモを設定して温熱電球で温めている。

結局このクワガタ君は、交尾をしていないので、何が何でも子孫を残すまでは死んでも死にきれないという本能が、ここまで生かしているのだろう。暖房をしなければ安らかに眠りにつけるのだろうが、此処まで来たらいつまで生きられるのか、やってみようと思う。それが彼によって、良いか悪いかはちょっと問題だが。

鳥には暖房はしないが、クワガタに暖房するのは如何かと思われるかもしれない。しかし、鳥は緩やかな温度変化には十分に耐えられる。
むしろ部屋をガンガン暖めて置いて、人が就寝時に暖房を止めて、急激に温度が下がってしまう方が問題だと私は思っている。

2015-01-0420161216_01_01.jpg

勿論、こちらの80㎜のオオクワガタ君は冬眠している。逆に冬眠させないと長生きできない。自然と同じように、冬眠期間を設けてあげると、4年ぐらいは生き続けられる。

昔は80㎜を超えるようなオオクワガタは、とんでもない金額であったが、現在は飼育技術が発達したせいか、それほど珍しくなくなっている。
先程の記事に戻るが、大あごを形成するための遺伝子に作用する酵素を人工的に与えられれば、近い将来90mmを超えるような、オオクワガタが出てくるかもしれない。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こっそりと

あいちゃんの後ろにこそ~っと写り込んでいる
キバタンの焼き物が綺麗です♪
あきちゃんの色は本当に綺麗ですよね~うっとりしますね。

近い将来、なないろさんが9センチ越えのオオクワガタを
作出して売っているかもしれない?と
想像してしまいました(笑)
餌で変わってくるのですねえ・・・
そういえば昔の日本人も身長が今とは違いますし、
食生活が変わったからなのかな、なんて色々想像めぐらしました。

なないろいんこ家のおおくわがた君、がんばれ~!

Re: まろ さん今日は

> あいちゃんの後ろにこそ~っと写り込んでいる
> キバタンの焼き物が綺麗です♪

この焼き物はオーストラリアに行った時に購入してきたものです。
私も気に入っています。


> 近い将来、なないろさんが9センチ越えのオオクワガタを
> 作出して売っているかもしれない?と
> 想像してしまいました(笑)

オオクワガタの繁殖は、手間とお金がかかるので出来ません。

> 餌で変わってくるのですねえ・・・
> そういえば昔の日本人も身長が今とは違いますし、
> 食生活が変わったからなのかな、なんて色々想像めぐらしました。

本当に日本人の体格も、はたまた体型も完全に変わってしまいましたね。
もしかしたら、縄文人と弥生人伊豆用の佐神尾しれません。
私の年齢だと男子3年高校生の平均身長は166cmでしたが
現在は174cm位で鵜からね。わずか50年で8cmも伸びてしまったのですから、
栄養状態以外考えられませんね。

それと体形ですが、昔の女性は正座したので、どうしても膝が出てしまいましたが、
現在は椅子の生活が主となって、脚がまっすぐで、綺麗です。
まろさんの年齢だともう皆さん足が綺麗ですね。
プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる