Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

朱鷺めき佐渡紀行ーその3


朱鷺めき佐渡紀行3回目です。

まずは、動画をご覧ください。
車がビュンビュン通ってもあまり気にならないようです。盛んに餌を啄んでいます。



何時観ても実に感動的です。

2015-01-0420161025_57k.jpg

6羽の群れでしたが、この2羽はペアなのかもしれません。終始一緒でした。何処かの夫婦とはえらい違いです(笑)。

残念ながら、50倍のコンデジを目一杯使って、この程度の画像です。やはり野鳥写真を載せられている方たちの画像とは雲泥の差です。
今にして思えば、300mmの一眼でピントをしっかり合わせて撮った画像を、トリミングした方が良かったのかも知れません。

2015-01-0420161025_04_01oi.jpg

別の群れでしたが、こちらも2羽は一緒に行動していました。親ペアなのでしょうか。

2015-01-0420161025_29_01.jpg

トビも沢山おりましたが、オオタカや、ハヤブサと違って、やはり猛禽の威厳は感じませんね。

2015-01-0420161026_94.jpg

両津港に隣接して加茂湖があり、沢山の鴨が群れてました。♀の鴨はどれも似ていて判りませんが、♂のマガモは観てとれます。通称、青首です。

2015-01-0420161025_10.jpg

佐渡の両津港にはジェットホイルでたったの65分です。自宅を6時10分に出て、10時20分には着いていました。そして12時までに4つの群れを観ることが出来ました。その気になれば日帰りも簡単です。

尤も名ガイドあっての事ですが。

2015-01-0420161026_51.jpg

佐渡には安寿と厨子王の伝説があります。但し、あちこちにあるようですが。

2015-01-0420161026_52.jpg

夕鶴伝承も佐渡の物だそうです。私は知りませんでした。

20161025_162144.jpg

佐渡と云えば相川金山です。本物のの純金ではないと思いますが、同重量のものが置いてありました。この穴から手を入れて取り出せた人が、2064人いたそうです。私も試みましたが、とても歯が立ちませんでした。
やはりお金には、縁がない様です。

20161025_160145.jpg

坑道の中に入ると、江戸期の採掘の様子を人形が再現してました。

「酒が呑みてーな~、馴染みの女に会いてーな~」とどっかの誰かさんのように大声で叫んでましたよ(笑)。


ここで恥も外聞もなく一句
荒海を渡りて朱鷺の初見かな

お口直しに一句
鴇色の朱鷺をこの眼でしかと見き    駒井でる太


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは。
何処かの夫婦とは誰のことでしょうね~。(笑)
我が家は心はいつも一緒です。笑笑。
朱鷺、全く興味なくあまり好きではなかったのですがこうしてみるとホントに綺麗で姿も素敵に見えてきました。
ちょうどこれからも群を作る季節だったようでタイミング良かったですね。
最近は私も良くみかけます。
これから2月まで群で行動し2月頃にペアを見つけて繁殖期に入るようです。
金塊残念でした ねー。

Re: fumizuki  さん今晩は

> こんにちは。
> 何処かの夫婦とは誰のことでしょうね~。(笑)
> 我が家は心はいつも一緒です。笑笑。

さあ~、一体何処の事でしょう(笑)。
「心は一緒」存じ上げてますよ。

> 朱鷺、全く興味なくあまり好きではなかったのですがこうしてみるとホントに綺麗で姿も素敵に見えてきました。
> ちょうどこれからも群を作る季節だったようでタイミング良かったですね。

丁度良い時期に訪問できたのですね。
やはり鳥の女神は付いています。


> これから2月まで群で行動し2月頃にペアを見つけて繁殖期に入るようです。

雛が育ったころ、また朱鷺を観たいですね。
繁殖期はそっとしてあげtラ方が良いのでしょう。

> 金塊残念でした ねー。

もとより私は、お金には縁がないです(笑)。
プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク