Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

ボブの骨腫瘍手術をした


14歳になったフレブルのボブは、検査の結果、単なる外傷性の化膿ではなく、骨腫瘍、つまり骨の癌であった。

2015-01-0420161028_18l.jpg

左後肢の第一指が化膿していたので、13日に近くの動物病院に連れて行った処、化膿止めを出されたが、腫れが引かず、一週間後再診。

レントゲンの検査結果、骨腫瘍であることが分かった。第一指を観て頂くと、骨の横にもやもやが広がっているのがお分かりいただけると思う。

獣医師の説明では、切り取って病理検査をしなければ、癌の種類は判らないと云われた。人間でも、症状が外から見てわかるようでは、とうの昔に他の部位に転移しているだろう。当然、犬とてその可能性は大だ。14歳という年齢でもある。

しかし、現在は元気だし、食欲もある。手術して半年か1年寿命が延びるのならと、手術する事に決めた。

2015-01-0420161028_12g.jpg

手術前のボブ。ご覧の通り、顔は黒いパンチ部分が、白髪で真っ白だ。

2015-01-0420161028_20y.jpg

獣医師に預かってもらった時のボブ。白内障も出ているが、まだ見えているので問題ない。大昔飼っていたケアンテリアの♂は、17歳まで生きたが、もう目が見えなくなっていた。

2015-01-0420161028_19z.jpg

左後肢の腫れはこの画像でもお判り頂けると思う。

16時現在、もう手術は終わっている筈だ。結果は犬を飼われている方の参考にもなると思うので、また報告させて頂く。

2015-01-0420161028_09.jpg

手術前には、人間同様同意書を提出。
まず手術前に手術に耐えられるかどうか、エコーや血液検査をするとの事。検査結果によって手術に耐えられない身体であればそのまま返される可能性もある。連絡がないので、手術可能だったと思われる。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

写真でも!

 ボブの足からすれば大きな腫れになっていますね。手術、大過なく寿命が延びますよう!事後の経過もお教えくださいな、心配です。

No title

穏やかなお顔のボブ君、良い方へ向かうように祈っています。

Re: さぶちゃん大魔王  さん今晩は

ご心配頂き有難うございます。

手術は無事終わりました。
2週間後抜糸となります。飼い主の気休めかもしれませんが、
半年、1年延命できるならと思い、手術に踏み切りました。

今後の経過はまた報告させて頂きます。


Re: fumizuki  さん今晩は

ご心配頂き有難うございます。
手術は無事終わりました。また元気になったボブを報告いたします。

そうだったのですか・・・

こんばんは(/_;)

そうだったのですね・・・

なないろいんこさんもお辛いでしょうが、
どうか ボブ君経過が良い方向に向かいますように・・

Re: rekuぼたん  さんお早うございます

ご心配有難うございます。
手術は無事終了しました。
あとは少しでも元気で長生きできることを願ってます。なんせ14歳ですので。

No title

ボブ先輩!
手術ご苦労様です。そしてお疲れ様です。

年齢を重ねるにつれて、病気も出てきますよね。。。。
骨腫瘍って言葉を聞くと・・・つらいものがあるのが正直なとこですが、
これからも穏やかに生活していけますように、祈ってます。

Re: はづきママ  さんコメント有難うございます

ご心配頂きありがとうござます。

手術は無事成功しましたので、あとは運を天に任せるしかないと思っております。
14歳まで頑張れば、フレブルとしては充分です。

食欲もあり、歩行もしっかりしているので、何とかあと1年ぐらいは
頑張ってもらいたいものです。

葉月ちゃんはまだ若いですから、元気いっぱいで、
ボールを追いかけて頂きましょう。
プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク