Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

あいちゃんの玩具を頂いた


昨日、今日と夏に戻ったような暑さであった。
人間もそうだが、鳥達もこの様な気温の変化に追いついていくのは大変だろうと思う。

2015-01-0420161019_02.jpg

そんな中、「いこ~よ」鳥カフェーの仲村さんがお見えになり、画像のお土産をあいちゃんに頂いた。皆さんに可愛がって頂き、あいちゃんは幸せ者だ。

2015-01-0420161019_06g.jpg

ご存知の方も多いと思うが、胡錦鳥や文鳥、十姉妹を使ったアートと称するものが、各方面で波紋を呼んでいる。私自身、ある方が実際に観てこられて、憤慨し、フェースブックに投稿された記事を読んで、かなり憤りを覚えて、すぐさまシェアさせて頂いた。

直ぐに、沢山の方から怒りや批判のコメントが寄せられた。鳥を飼われている方なら誰しも同じ気持ちだろうと思う。昨日は何誌かの新聞でも報道され、今日は画像の如くTVでも報道されていた。100羽の鳥が短期間に30羽落鳥したらしい。

何も胡錦鳥が貴重な鳥だからというのではなく、例えどんな鳥でも、この様な扱いを受けてはいけないと思うが、皆さんは如何でしょうか。

可愛い小鳥たちが、今後このような扱いを受けないよう、声を大にして拡散して頂きたいと思う。

20161019_114323.jpg

今日は、恥ずかしげもなく句会に顔を出させて頂いた。
私自身、全く俳句を詠んだことはないのだが、囲碁と太極拳を共に参加している方が、「どうですか、俳句もやってみませんか」というので、野次馬根性の強い私としては、「じゃあ、試しに一度見学させてください」という事になり、10月5日体験参加させて頂いた。

そして今日も再度体験させて頂いたのだが、先生に褒められて、正式に入会させて頂いた次第だ。豚も褒めればなんとやらで、意欲が出てきた。

実は、前回の体験後、「新20週俳句入門」という本を古本屋さんで買って、1週間で3度読み直した。20週と云うと約5カ月かけて、俳句の入門編を学習しましょうというものだが、1週間で3度では到底ものになるとは思わないが、其処は私の良い処(いや悪い処か)、恥も外聞もなく3句作って持って行った。

それがなんと、先生にもおほめ頂いたばかりか、他の方からも気に入った句として沢山の方に選んで頂いた。是は、誰の句かという事は全く判らない様にして選ぶ。

それでは恥も外聞もない私は、早速ここで披露させて頂く(笑)。

鰯雲負けじと高く鳶のあり。
ちちろ虫鳴くや大事のあるが如

恥や外聞を気にする方は、多分この様に臆面もなく載せる事は、出来ないだろう。そこは子供になって恥を忘れることが、私は大事だと思っているので平気だ。

句会は12時に終了。そして午後は、帰宅せず、近くのスーパーで弁当を買い、公園のベンチで食べて、12時40分から、囲碁の会に(笑)。毎日が日曜日とは云っても、結構忙しい。

野鳥の声を聴くために購入した電子辞書だが、俳句歳時記も入っていた為役に立ってしまった(笑)。先生も同じものを使われていた。

2015-01-0420161019_09.jpg

実は、私自身は全く句を詠んだことはないが、兄や姉は俳句を趣味としていた。していたというのは、二人とも既に鬼籍に入っているからだ。

長兄は還暦を迎えることなく、早世してしまった。画像は「馬酔木」という俳誌に掲載された句を、三兄が国会図書館に行って。古い俳誌を調べて、拾い集めたものを、和綴じの本として兄弟に配ったものだ。実にまめな兄で、私とは同じ兄弟とは思えないほど、全然性格が違う。
昔、家内に「自分は橋の下に捨てられていて拾われた子だ」と云ったら、しばらくの間、本気にしていたぐらいだ(笑)。

長兄の句で私の好きな句を二句

雨やみて霧となりけり鵯(ひよ)わたる
故郷の駅の小さく破(や)れ芭蕉

2015-01-0420161019_03.jpg

今日は二階の網戸に止まっているカマキリを見つけた。
それでは口直しに一句

蟷螂が片手かけたりつり鐘に  一茶


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

※ 鰯雲負けじと高く鳶のあり。
※ ちちろ虫鳴くや大事のあるが如

何時もご訪問有り難うございます。
素晴らしい俳句ですね。
・・頑張って下さいね!。此れだけの句を作れる人は少ないですよ!。・・僕は詩にしても俳句にしても感動が第一だと思います。それおを短詩の文字に収める・・素晴らしいことですね。・・またを楽しみにしています。

Re: 走れ!でんどう三輪車  さんコメント有難うございます。

> ※ 鰯雲負けじと高く鳶のあり。
> ※ ちちろ虫鳴くや大事のあるが如

お褒め頂き有難うございます。
1週間で俳句の入門書を3回読んでの作句ですので、
とてもとてもです。

俳句は生き物とと違ってお金のかからない趣味ですので、
続けたいと思います。
家内は早く鳥をやめなさいと、もうしております(笑)。


プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク