Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

悪い病気をうつしてしまった?


どうやら、悪い伝染病をうつしてしまったようだ。

20160808221924.jpg

当ブログにまめにコメントを頂く鳥友のまろさん宅に、先週の日曜日、とうとうヨウムの女の子がやってきた。以前はオカメインコしか飼っていなかった処に、我が家からキンカ鳥が行った為に大所帯になった。そのうち段々大型インコを飼ってみたいと思うようになったようだ。

私の様な悪い鳥友と一緒に呑んだりした為、完全に「飼いたい病」が伝染してしまったようだ。

20160808214836.jpg

大型インコが欲しくなり、いろいろと迷った末に、ヨウムを飼う事に決められたようだ。おまけにお節介にも、どこそこのペットショップに、まだ挿し餌中の仔がいるなんて教えてしまった。本当に悪い鳥友だ。

でもご近所のホームセンターで、爪落ちの仔を30万で買おうとされていたので、つい親切心が出てしまった。ご家族が皆さん鳥好きなので、すくすくと育ってくれると思う。

名はシャロンちゃん。よろしくお願い致します。

2015-01-0420160808_06_01.jpg

あいちゃんのスーツは夏らしく、トップレスにしてみた。勿論佐藤インコさん製だ。今日は3人の方のスマホで、一緒に撮影して差し上げた。



最近ブランコを怖がらなくなった。悪戦苦闘の末、やっと動画をとり込めた。

2015-01-0420160808_04.jpg

新枝咲のクレマチス「篭口」の2番花が咲いた。落ち着いた色で私の好みの花だ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんわ。伝染病の威力は強そうですね(笑)
とても可愛らしいヨウムちゃんですね。幼いおめめを見てしまうとこちらも伝染しそうです。ヨウム、飼いたかったんですけれど、自分の年を考えて諦めました。
あいちゃん、益々美しくなってますね~
御一緒に旅行はできませんか?

わ~

自分のスマホじゃないと凄く可愛く見えます(笑)
そうなんです、なないろさんの悪癖が(笑)
なーんて、いえいえ、大丈夫、違いますよ。

元々はオカメとセキセイだけの普通の鳥飼いだったのですが、
何年もヨウムが飼いたいと思って色々なブログをさまよっていたのです。
はなちゃんのブログに行きついてから
なないろさんのファンになり、小鳥祭りに行ってもいいですか?と
おこがましくも質問させて頂き、今に至ります。

勿論「飼いたいなあ」と思っていたレベルから
相当引き上げられたのはなないろさんの伝染病のせいかも?(笑)
感染力が強いですからね♪

主人は、私が飼いかったことを知っているので
(既にヨウムの本だらけだったんです)
感染したとは思っていませんのでご安心ください(笑)

一昨日「これ(シャロンをみて)は…花鳥園レベルじゃない?
一般家庭でこのサイズって、普通じゃないやんな?
周り誰もいてへんやん??家の中を小鳥が飛び回ってるし。」
と言うので「こんなん多分普通やで?」と答えておきました。

洗脳もバッチリです!

まだまだ恐竜鳴きだけしかしませんが、
そろそろ慣れてきてくれたかな?
31日、1日はケージが無くて寝る時以外は放鳥していたので
変な癖がついていなければいいのですが。

30万爪落ちの子は、かなり値切って安くしてもらおうと
若干の下心があったことは確かです。
でもオーストラリアから戻ったら、なんと既に売れてしまっていました。
ということは近所にヨウム友がいるということでかな?

なないろさんの病気は周りを幸せにする病気ということですね!

Re: fumizuki さん今日は

そうなんです。
「飼いたい病」はかなり伝染力がありますので、fumizukiさんもどうぞお気を付けて下さい(笑い)。

あいちゃんは現在、換羽の真っ最中ですので、もう半年もするともっと美しくなると思います。

ヨウム位の大きさなら、旅行い連れて行くことも出来ますが、
あいちゃんを連れて行くとなると車でしか移動できません(笑い)。

Re: まろさん 今日は

兎にも角にも、念願のヨウムちゃんをお迎え出来ましておめでとうございます。

キンカを差し上げた為、その後大所帯になってしまわれたようで、
スペース的にも、ヨウムをお迎えするのは大変だったのではないでしょうか。

ヨウムはとにかく賢い仔ですので、きちんと躾をされれば、
今後50年、家族の大切なパートナーとして、皆さんを十分楽しませてくれると思います。

出来ればフライトスーツ着られるようになると良いですね。
何処にでも連れて行けますから。

ハーネスを付けてくれるだけでも、大分楽になりますね。

ヨウムは飛ぶのが下手ですので、主翼のカットをされることをお勧めします。
真っ直ぐ飛んで、壁に激突してしまいます。

ただ広い処では、ものすごい飛翔力を持ってます。
万一逃がしてしまうと、鳩の様に真っ直ぐに飛んで行ってしまい戻ってこれません。

とにかく臆病な鳥ですので、今まで飛ばないと思っていた子が、
驚いて飛ぶと、あっという間に見えなくなってしまいます。


プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク