Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

鳥友さんのお宅にお邪魔しました


2015-01-0420160609_07.jpg

今日は鳥友さんの処にお邪魔して、沢山のインコを観てきました。リビングに続くダイニングに沢山鳥籠が並べられており、愛鳥家ぶりは本物でした。

食卓でゴロンをするサザナミインコ。綺麗なコバルトでした。サザナミはスパングルやルチノ―等、他にも5,6羽いました。サザナミは、ご自身でも繁殖もされたようです。

我が家で、ダイニングに鳥を持ち込もうものなら、何を言われるか判りません。Nさん宅では、我が家と全く逆で、お母さんとお嬢さんが連合艦隊を組んでガッチリと鳥をガードしてます。

羨ましいな~。ご主人は協力もしないが、何もおっしゃらないようだ。

2015-01-0420160609_06.jpg

オカメちゃん、ホワイトフェースドミナントシルバーでしょうか。存在感がありますね。

1465470365284[1]

コザクラインコ。ホワイトフェースコバルトバイオレットとの事です。

1465470407044[1]

オーストラリアンシナモンです。
コザクラインコもここ30年ぐらいの間に急速に色変りが増えて、とても覚えきれません。

今から35年前大阪のデパートで、ルチノーが8万円ほどで売られていたのを見たのが、夢のようです。なんと新婚旅行でデパートのペットショップに寄ったんですね。
それだけではありません。神戸の王子動物園にシロフクロウを観に行ったんですよ。当時はシロフクロウは此処だけにしかいませんでした。

いやいや、愚妻もそのころは従順でしたね。25歳の時です。
ところがあれから35年、今は・・・・。いや止めておきましょう。綾小路きみまろみたいになってしまいます(笑い)。

2015-01-0420160609_03.jpg

こちらの籠は、いつもはお嬢さんの部屋に置かれているそうですが、わざわざ並べて見せて頂きました。

2015-01-0420160609_04.jpg

こちらの籠は、常時リビングのようです。我が家では考えられません。

2015-01-0420160609_10.jpg

帰り道小鳥カフェー「いこ~よ」さんに寄りました。
セキセイインコが、卵詰まりかも知れないと心配されて来店された方に、丁寧に対処法を説明されてました。実に親切な店主さんです。

2015-01-0420160609_09.jpg

看板鳥のヨウチャンがお出迎えです。

2015-01-0420160609_12_01h.jpg

夕方、ボブの散歩途中で可哀そうな光景に出会いました。
梨畑の網の囲いの中に入ってしまった、ムクドリの雛。入ったからには出口もあるのでしょうが、支柱で高くなった処に集まって出ようとしていますが、勿論出る事は出来ません。

親が、網越しに餌を与えていました。我が家に戻ってカメラをとって来て撮影しました。

2015-01-0420160609_08_01m.jpg

この様に親は餌を咥えて電線に止まってます。
野鳥は、一定期間この様に閉じ込められたヒナに餌を運びますが、ある時から餌をあげなくなりますので、この仔達の未来はかなり暗いと思わなければなりません。
昔読んだ本に、スズメの雛を拾ってかごに入れて軒先に吊るしておいたところ、親鳥が餌を運んで大きくしたが、ある時から全く餌をあげなくなり、餓死させてしまったとありました。小林清之助さんの本であったような記憶がありますが、定かではありません。

親鳥は、独り立ちを促し、ある時から餌をあげなくなってしまいます。

>2015-01-0420160608_05.jpg

昨日バラとクレマチスの消毒をしましたが、我が家では、睡蓮鉢が沢山あるので、画像の様に新聞紙でガードしなければなりません。

2015-01-0420160608_06.jpg

睡蓮鉢には、メダカが沢山泳いでます。

2015-01-0420160608_03.jpg

散歩で我が家の前を通ったヤマト君です。小さい体にでっかい名前です。可愛いですね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

見事な寝転びですね

お早う御座います

テーブルでも、あの様に「ころんっ!!!」って寝転ぶのですね^^;
巣の中だけかと、思ってました…

インコちゃん達に、信頼されてる証ですね!!!^^

Re: ココポコ さんコメント有難うございます

サザナミやウロコは結構ニギコロになりやすいです。

特にウロコインコは横になって寝てしまうので
一瞬、ドキッとしてしまいますよ。

ウロコを飼われた方は、皆さん1,2度は
経験します。

No title

こんばんは、なないろいんこさん。
サザナミインコ、可愛いですねー。
アキクサインコのあっさり系も好きですが、
また別の魅力がある小鳥ですね!
是非飼ってみたい気持ちがとても強くなりました❤
チルチル君もやっと半年になりました。お陰さまで元気です。

Re: fumizuki さん今晩は

サザナミはニギコロになりますし、
おしゃべりもしますので、可愛いですね。
是非お飼いになられるのをお勧めします。

チルチル君元気との事で、安心しました。
佐渡へ佐渡へとインコも靡きますよ(笑い)。

コロコロと可愛いです

ニギコロになると本当に可愛いですね!!
なないろ家にお婿に行ったななちゃんも耳をかいてあげると
横向きに転がっていましたが、今はいかがでしょうか??
先週はなないろさんと飲みましたので
強烈な飼いたい病を貰ってきちゃいました。
大変大変(^^)

昔飼っていたコザクラも横になって足を縮めて寝ていたので
何度も肝を冷やしたことがありました。
うちのキンカも1羽だけ横になって寝る子がいます。
若干体が弱い子なので毎朝心臓が飛び出そうです(笑)

ムク鳥は可愛そうですね。3羽もいますね😢
きっと大きな出口があるでしょうに、下は見ないですものね。
奇跡が起きて出口を発見できますように。

我が家も鳥の居場所がリビングなのですが、
よそ様のレイアウトは本当に参考になります。
鳥の雑誌をみても、どうカゴを置いているのか、そればっかり見ちゃいます。


Re: まろさんお早うございます

> ニギコロになると本当に可愛いですね!!

ウロコはニギコロになりやすいので楽しみです。

> なないろ家にお婿に行ったななちゃんも耳をかいてあげると

キンカのななちゃんは毎日体を触ってニギコロにしてます。
フィンチはちょっと油断をすると人離れしてしまいますので。

> 先週はなないろさんと飲みましたので
> 強烈な飼いたい病を貰ってきちゃいました。
> 大変大変(^^)

私はかなり強烈な「飼いたい病」の保菌者ですので、伝染性も強力ですからお気をつけ下さい。

> 我が家も鳥の居場所がリビングなのですが、

我が家でリビングで鳥を飼うのはご法度です。
女房に歯止めをかけてもらっているので、むしろ感謝、感謝です。

はじめまして。

 こんにちは。

 『平次と椎茸』の椎茸です。

 子供の頃、わたしもセキセイインコを飼っておりました。小さいやつです。
 でも、インコにも色々あって、大きいのはオウムと変わらないって聞いたんですが、では、どこで区別するのでしょうか?

 また、オーストラリアには、インコやオウムが近所を雀のように飛び交っているのでしょうか?

Re: 椎茸さんコメント有難うございます

平次さんと椎茸さんお二方とは知りませんでした。

>  子供の頃、わたしもセキセイインコを飼っておりました。小さいやつです。
>  でも、インコにも色々あって、大きいのはオウムと変わらないって聞いたんですが、では、どこで区別するのでしょうか?

オウムとインコの呼び方は特に学術的な区別がある訳ではありません。
一般的に白い鳥で冠羽がある鳥をオウム。英語ではCockatoo
その他のインコ類をインコと呼び、体の大きさには関係ありません。英語ではParrotと表記されることが多いです。

ただ例外が沢山あって、例えば最大級のヤシオウムと云う鳥は真っ黒ですし、クロオウムと云う黒いオウムのもいます。
また冠羽があっても、モモイロインコと云うのもいます。

明治時代の鳥類学者が、その鳥の特徴や、英名を参考に和名を付けたようです。

インコでも最大級のコンゴウインコはオウムよりもずっと大型です。

>  また、オーストラリアには、インコやオウムが近所を雀のように飛び交っているのでしょうか?

私はオーストラリアは1度しか行った事がありませんが、
宿泊した町では日本のスズメよりかなり沢山のインコが街中を飛んでました。

観光地でも餌付けされたオウムが、人の肩や頭に乗るほど馴れているところもあるようです。

プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる