Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

ウロコインコ巣上げしました

2015-01-0420160524_01.jpg

花梨さんより「巣上げしないと蒸れちゃうよ」とフェースブックでコメント頂いたので、取り敢えず大きな3羽だけ巣上げしました。
我が家ではボタンインコの巣箱を使っているので、6羽もいるとその可能性はないとは言い切れません。鳥は暑すぎてもいけないのです。。

1464078686915[1]

今日は人間ドックに行ってきました。終了後、画像の様な簡素な弁当が出ました(笑い)。
18,19日が送別会。22日が女房主催のお疲れ会で、和牛しゃぶしゃぶ食べ放題、飲み放題だったので、かなり体を痛めつけている筈です。

人間ドックを受ける準備をして、何キロ体重を落とすとか、1週間だけ我慢してアルコールを抜くとかされる方がいますが、それでは何のための人間ドックかわかりませんよ。

逆に体を痛めておいて受けても、何の異常もなければ、現在の生活習慣で問題ないという事です。因みに体重は62,7kgでした。20歳の時が60kgなので、それほど変わっておりません。尤も筋肉がかなりの割合で脂肪に変わっているでしょうが。
その証拠にウエストは8cmも大きくなって82cmでした。

最近は血液検査の結果もすぐ出ます。心電図、内臓エコー、眼圧、血液検査の数値、全く異常なしで、めでたしめでたしです。毎年胃カメラを飲んでますが、何度やってもあまり気持ちの良いものではありません。ピロリ菌除去は2度失敗しているので、これから先も毎年胃カメラを飲むつもりです。

なんせあいちゃんの為にも115歳まで生きなければなりませんので(笑い)。 


2015-01-0420160524_18x.jpg

以前紹介した、コハクチョウノ4羽の雛が、今日行ってみたら1羽だけになっていました。
天敵に襲われたのでなく、衰弱して天に召されたそうです。誰か心無い人が悪い餌をあげたのかも知れません。

2015-01-0420160524_13.jpg

睡蓮が綺麗に咲いてました。

2015-01-0420160524_12.jpg


2015-01-0420160524_14.jpg

白い睡蓮に赤い睡蓮

2015-01-0420160524_22.jpg

オオヨシキリが盛んに啼いてましたが、画像に収める事が出来ませんでした。野鳥撮影は簡単ではありません。かなりの根気とカメラワークが必要です。
野鳥写真家の皆さんのブログを拝見するたびに尊敬します。

2015-01-0420160524_24h.jpg

代わりにスズメを撮ってきました。

2015-01-0420160524_15n.jpg

野生のカルガモですが、多分人からの餌に頼って生きているのでしょう。全然人を恐れません。此れなら私でも撮影できます。

2015-01-0420160524_27.jpg

当ブログにリンク頂いている、hiroのバードハウスさんの処にお邪魔して、少しカメラの使い方を教わってきました。300mほどしか離れてませんので、あいちゃんを連れてのお邪魔です。野鳥写真家なので、連れて行っても嫌がらないので助かります。
リンク欄の上から2番目に掲示してますので、野鳥に興味のある方は、訪問してください。素晴らしい画像が見れます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ウロコいいですね~

雛はいつ見ても、どんな鳥も本当に可愛いですね!
ウロコちゃんもまた2羽が同じような時期を
そのうち迎えるかと思うと、今回は2度おいしいですね。
白鳥もあどけない顔が残っていて美しいです。
3羽は残念でした(😢)

日曜から、ママ友の保護したスズメが我が家にいるんです。
野鳥なので我が家の鳥と接触しないようにしています。
無事リリースできるようになるのか心配。
懐いちゃったらどうしよう。。。


人間ドッグ、問題なかったようで何よりです。
115歳までまだまだ85年もありますからね!

No title

カメラの先生が近くに居てうらやましいです。
私も一眼レフの使い方の本を購入しているのですが、全く頭に入らず宝の持ち腐れです。

ウロコインコちゃんのスーツ、必要でしたらいつでも声かけてくださいね~!

Re: まろさん 今晩は

雛はどんなとりでも可愛いです。
現在はゆったりした気持ちで挿し餌が出来るので
とても楽しいですよ。
来週になったら、頃合いを観てまた残りの3羽を出します。

野鳥はどんな病気を持っているかわかりませんので、
取り敢えず完全隔離で対応された方が良いと思います。

一度保護した仔は、多分放鳥しても自然で生きて行けない可能性があります。

放鳥する際は朝の内、たっぷり餌を食べさせてからにされたら如何でしょうか。

Re: 佐藤インコ さん今晩は

私などは、本を読んでも全く頭に残りません。

カメラ操作は、先輩に教わるのが一番です。

今、オキナインコのぶるーを探してますので
その節はお世話になります。

ウロコちゃんは、まだカラーが判りませんので、
パイナップルが出ましたらご連絡いたします。


プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク