Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

ヒラメ釣りに行ってきた


今日は有休をとって外房大原港の長栄丸さんからヒラメを釣りに行ってきた。

DSC_1304.jpg

2Kから1,2kのヒラメと呼べるものが3枚とイナダが釣れた。今シーズン最後のヒラメ釣りを何とか良い釣果で終わることが出来た。

DSC_1307.jpg

イナダと云っても56cmでもう少しでワラサと呼べるサイズだ。先程刺身で食べたが、スーパーで買うイナダと違って、身はプリプリして全く別の魚の様だ。

釣った魚は樽に海水を注入して生かしておく。釣りが終わると背骨を頭と尾の付け根の両方で断ち切って、血抜きをする。そうすると、美味しさが一段と違う。美味しい魚を食べられるのは釣り人の特権だ。


DSC_1244.jpg

朝5時までに釣り宿に着かなければならないので、2時半起きで出発する。
普通の方から見ると、この寒い中、そんな事迄して釣りに行くのは、「アホとちゃうか」と思われるだろうが、其処は釣りバカと云うのは、しょうがない。
これで釣れたからまだ良いが、1尾も釣れないこともヒラメ釣りでは覚悟しなくてはいけない。1尾も釣れない時は、なんでこんな事をしてるんだろうと情けなくなってくる。
15年ほど前だが、年間52回釣りに行ったことがある。此処まで行くと、本当に「釣りバカ日誌」の世界だ。
凝り性なのか、一度始めるとある程度に行くまではやめられない。

DSC_1257.jpg

船上から見た夜明けだが、今日は曇り空でこんな風であった。

DSC_1267.jpg

是は他の船だが、この様な船に乗っていく。今はトイレも付いており皆綺麗な船になった。

DSC_1263.jpg

竿はこのように、胴調子と云って、真ん中から柔らかい竿をを使う。ヒラメが餌の活きイワシに食い付いた時、違和感を感じさせない為だ。

DSC_1290.jpg

船の上空には、餌のイワシを釣り人が捨てるのを狙って、カモメが常に飛んでいる。
画像はセグロカモメの成鳥と思うが、海鳥の事はよくわからない。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

楽しめてよかったですね

お天気と釣果、両方に恵まれて出かけた甲斐がありましたね

背景の空の青さ、羨ましい趣味だわ

大きくて美味しそうな平目ちゃんですこと

大原のうねりの

 おめでとうございます。2キロなら御の字でございます。7キロ8キロなんて疲れるだけですから、大きさよりも食べて程よい若魚といきましょう。僚船の向こう水平を見ますと外房の海は相変わらず大きなうねりの中にありますねえ。唇が寒そうですから、温度も大分低かったことでしょう。お疲れさまでした。

Re: 翔ちゃんまま さん今晩は

朝方は風も強く物凄い寒さでしたが、
日中は晴れて、何とか釣果もまずまずでした。

寒ヒラメは身が締まって、実が厚く実に美味でした。

カイロを背中と腰に6個貼っていきましたよ(笑い)

Re: 大原のうねりの

大魔王さん、ありがとうございます。

2kのヒラメは、ご近所3軒に配り、義父の処にも持っていき
残り長男も呼んで、5人家族でもみじおろしとポン酢で食べました。
かなり食べ応えがありますね。
寒ビラメはやはり美味ですね。

うねりは、割と少ない方でしたが、やはりこの時期
寒いのはしょうがないですね。
背中と腰に、カイロを貼っていきましたが。

大魔王さんの様にマイボートがあればいいのですが
船舶免許もありませんし、外房の海では、出ていけないですね。


さすが!

さすがの漁獲ですね!
眠いし寒いしで、坊主だったら泣くに泣けませんが
こんなに大物が釣れたらウハウハで帰れます♪
ご近所からも喜ばれたでしょうね♪
夫が「年間52回ぃ?凄いなあ!!」と驚いていました。
以前の記事を読んで知っていた翔が横から
「凄いでしょ」と自分のことのように言ってました。
また来シーズンも大物の写真まってまーす。

Re: さすが!

まろさん今晩は

15,6年前は本当に「釣りバカ日誌」の世界でしたね。
最近はずっと少なくなりましたが、昔取った杵柄で
ヒラメ釣りはかなり難しい釣ですが、感覚がおぼえているのか
いつもそこそこの釣果はあります。

退職後は月に1度ぐらいは釣りに行きたいと思ってます。



No title

凄いですね。
この様な平目が釣れたら最高に大満足ですね。
ところで、私どもでは高齢者施設から声が掛かり、
セラピーバードとして錦華鳥と十姉妹が安全面を
考慮して、適当であると判断いたして手乗りベタ
慣れに育てて居りますが、現況の5羽では全然不足
ですが私どものところだけでは到底用意出来ません
ので、吉川様の所に十姉妹か錦華鳥の雛が孵ったら
お分けいただきたいのですが、如何でしょうか?
ご連絡をお待ちいたしております。
挿し餌は私どもで行いますので、出来れば二週間目
位の雛をおねがいいたしたいのです。
宜しくお願いいたします。
中村秀夫:090-1407-1273
プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク