Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

野鳥観察探鳥会に行ってきた


今日は市川市の大町自然観察園定例探鳥会に行ってきた。定期的に野鳥探鳥会を実施して観察出来た野鳥を記録しているとのことだ。
初めて参加してみたが、一人で探すよりも10人ほどの眼で探す方が、より容易に見つける事が出来る。


2015-01-0420160207_23a.jpg

また幸運にも翡翠が見られた。まだ若鳥の様だ。やはり野鳥を撮るとなると一眼レフが欲しくなってくる。私の安物のコンデジでは、此処までだ。やはり単焦点の一眼レフには遠く足元にも及ばない。

2015-01-0420160207_37l.jpg

ジョウビタキの♀も見られた。♂はご存知のように、黄色と柿色と黒のコントラストが実に美しい。次回は♂を見たいものだ。ジョウビタキは意外と街中でも見られる鳥で、庭木のピラカンサの実などを食べにくる。

2015-01-0420160207_06q.jpg

コゲラは基本的に虫食だが、冬に餌が少なくなると、木の実も食べる。実に可愛い鳥だ。コゲラは小さな体だが舌が4cmも伸びて木の穴の中から虫の幼虫などを掻きだして捕える事が出来る。
以前にも書いた事があるが、透明のフイルムケースに小さな穴をかけてミールワームを入れておくと、長い舌を延ばして、虫を捕らえる処を見る事が出来る。

2015-01-0420160207_15.jpg

その他にも沢山鳥を観れたが、また次回と云う事にさせて頂く。
まだこんな大きな自然観察園を持っている自治体は少ないと思う。一般に、公園と云うと。綺麗に整備されていて、野鳥が住めるような環境ではなくなってしまう。此処は湧水もあちこちから湧いて小さな小川があり、夏には蛍も飛ぶ。
東京駅までは20分くらいで出れる利便性と、この様な自然が残されており、私はこの町が大好きだ。

2015-01-0420160207_30n.jpg

この様な立派なカメラを据えて鳥を狙っている方も沢山いた。
一緒に歩いた方から野鳥撮影の基本を一つ教わった。恥ずかしい話だが、私は、ボブの散歩をしながら、毎朝野鳥や花をを撮影しているので、デスプレイを見ながら撮影する癖がついていた。野鳥を撮る時にはやはりファインダーを覗いて追いかけないとブレて駄目だよ教わった。
其れとシャッターを切る時の音は消した方が良いというのも教わった。鳥が驚いて飛び立ってしまう事もあるらしい。

今日もひとつ学習した。やはり何歳になっても、人に教わるのは大事な事を痛感した。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

庭に来る

 岩井は結構田舎ですので、庭にはヒタキ類や赤腹・ツグミ等も来るし近くの川や田んぼを歩けば鶺鴒やサギの類も見ることができそれなりに楽しいもんです。写真も撮っていますが素人写真は下手でも記録がうれしいのですから、出会ったその時のぶれた写真で良しとしております。大砲を据えての長時間はとてもたえられませんし!

Re:さぶちゃん大魔王 さん今晩は

実に羨ましい環境ですね。
私も、退職後は、温かい暴走に別宅を構え、釣り三昧、鳥三昧と行きたいところですが、
残念ながら我が家には家庭、を二分する経済力がありません。

現在の処で何とか老後を暮していかないとしょうがありませんね。

皆さんバス-ガ砲のような望遠で、2時間も3時間も粘ってますが、
私には耐えられません。

プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク