Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

くらちゃんはとても幸せ者です

2015-01-0420151003_01_03k.jpg

此の度のくらちゃんの急逝について、沢山の方々より、心温まる励ましのお言葉やお悔みのお言葉、そして激励の拍手を賜りました。感謝の念に堪えません。本来お一方毎に、お礼を述べるべきところではありますが、この場を借りまして、お礼の言葉に代えさせて頂きます。

それにしても、我が家のくらちゃんが、当ブログを通じて、沢山の方に愛して頂いていた事を、今更ながら実感させられました。

私はこの年まで、それこそいろんな生き物を飼って来ましたので、それだけ沢山の死とも向き合って来ました。しかしながら、やはり、今回のくらちゃん急逝については、正直言いましてかなり衝撃を受けました。

しかし、家族の為にも、今飼っている生き物の為にも、何時までも落ち込んでいる訳にはいきません。そして何より、当ブログを覗いて頂いている皆様にも、一日も早く元気になった姿を見て頂かねばなりません。

特に猫を飼われている方の為には、今回のくらちゃんの病気についてはきちっと報告し、参考にして頂かねばなりません。

其れは突然やってきました。

11月30日有休をとってました。午後5時過ぎに、PCの前に座った時、くらちゃんが例によって私の後を追って梯子を上ってきました。私の膝の近くに来て突然普通は発しない人がしゃべる様な、声を上げたのでびっくりしてみると、なんと、後肢がだらんと伸び切って動けない状態になってました。

とっさに、脊椎に異常が出たと思いました。直ぐ動物病院に予約をし、15分後には病院についてました。診察を受けるまで30分はかかっていませんでした。
医師に、脊椎に異常が出たようだと告げると、聴診器を当てた後、「爪を1本深爪させて頂きます」と云って爪を切りました。通常であれば、血がどくどく出てくるところですが、血がにじむ程度です。

奥から本を持ってきて、肥大型心筋症の疑いがあるとの説明をしてくれました。実に丁寧な対応でした。
この病気は、遺伝性の要因が強く、心臓の筋肉が肥大化して血液を送る力が弱まり、血栓ができやすくなるそうです。今回は後肢に行く太い血管に血栓が詰まってしまったのだろうとの事でした。

取り敢えず血液検査とレントゲン、エコーの検査をして頂きましたが、見せられた画像はバレンタインハートと呼ばれるように、大きくハート形に膨らんでいました。
血液検査の結果は他の臓器類にまで影響は出ていないので、直ぐ入院して点滴で血栓を溶かしましょうとの事でした。前回の画像が病院での画像ですが、結果的に最後の画像となりました。

帰宅してネットでいろいろ検索してみましたが、一旦治っても長くは生きられないケースがほとんどで、特にメーンクーンに多いと記されたものもありました。

まあ、長生きは出来ないとしても、取り合えず今回は乗り切って、あとは血液サラサラにする薬を飲み続けて少しでも長生きしてもらおうと考えていました。

翌日、会社に着くと直ぐ、病院から電話がかかってきて、8時12分死亡しましたと伝えられました。直ぐ女房に連絡して、引き取ってもらいました。
女房は手回し良く、市役所に連絡して引き取りに来てもらい、火葬にしてもらいお骨は共同墓地に収めてもらいました。

一つの反省点として、健康そうに見えても、年に1度は健康診断をしてもらい、心臓の肥大化が判っていれば、その段階で血液をサラサラにする薬剤を使用することにより、少しは寿命を延ばせたのではないかと思います。この病気は年齢に関係なく幅広い年齢層で発生するそうです。

くらちゃんは2011年3月26日生まれでしたので、わずか4歳8か月の寿命でしたが、十分我が家の家族として存在感を発揮し、我が家においで頂いた方にも愛嬌を振りまいてくれました。

2015-01-0420151110_03m.jpg

現在20歳の老猫がおりますので、新たに猫は迎えず、画像のジャスミンを可愛がってあげようと思います。

私自身、此の度の皆様の励ましや、慰めのお言葉でどれほど癒されたか、はかり知れません。もう大丈夫です。本当にありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

短い間ですがブログを通じて、
くらちゃんと関わりが持てた事に
感謝しています
ありがとうございました

くらちゃんと一緒に過ごせた4年間
何物にも代えられない貴重な時間ですね

なないろいんこさんの前向きな気持ちを応援しています
くらちゃんも天国できっと応援していると思います

No title

蔵ちゃん
さよなら。
幼かったくらちゃん時と
大きくなったくらちゃん時に
会えて嬉しかったよ
ありがとうね

御冥福お祈りします.˚‧º·(´ฅДฅ`)‧º·˚

No title

こんばんは 
お辛いに時に このような詳細な記事を載せて頂いたことに敬意を表します。くらちゃんとわが家のニャンコ おREKUはなんと誕生日が1日違いでした。
本日のこの記事を参考にさせて頂き 今後の健診に心エコーせめてレントゲン検査を追加しようと思っております。
ジャスミンちゃん 元気に長生きできますように
なないろいんこさんの心が癒されますように
  

さよなら、くらちゃん!

 本当に愛らしいねこちゃんでした。これからはジャスミンさんをいたわってあげてくださいね!

No title

なないろいんこさん、こんにちわ。
この度のくらちゃんの件についてはあまりにも突然でやりきれないですね。
すぐに、病院へ行っても、こんなことになるとは誰でも思わないです。
なないろさんの気持ちを考えたら、なんて声をかければ良いかわかりませんが、くらちゃんも大好きななないろさんのことをずっと、見守ってくれるでしょうから、元気だしてくださいね。
あまり気の利いたことも言えず、申し訳ないですがお悔やみ申し上げます。

実家の母より

週末実家にくらちゃんの訃報を連絡しました
くれぐれも気落ちされませんように
お悔やみ申し上げますとのことでした

後にも先にも。
鳥本屋を名乗る私が心を魅かれた猫はくらちゃんしか居ません。
出会った瞬間にこれはすごい猫だと思いました
お悲しみかと思います
くれぐれもご無理をされませんように

Re: ゆたん さん今晩は

コメント有難うございます。

くらちゃんは、ブログの中で皆さんに可愛がって貰っていました。

賢く美しい猫ででした。
皆さんの声援に励まされて充電し、私も少しずつ元気を取り戻しつつあります。
近い将来静岡でお会いできるのを楽しみにしております。

Re: 花梨さん今晩は

コメント有難うございます。
花梨さんには、何度も可愛がってもらっていました。
その情景が目に浮かびます。

ジャスミンは来年21歳になります。
ご覧のように毛艶も衰え、往時の美しさはありませんが、
まだまだ頑張ってくれると思います。

Re: rekuぼたん さんコメント有難うございます

REKUちゃんとは誕生日が1日違いでしたか。

くらちゃんは外見上全く変化有りませんでしたので、
心臓があのような状態になっているのは全く知りませんでした。

年に1回は健康診断された方が良いと思います。
ジャスミンにはあと3年は頑張ってもらうつもりです。

Re: さぶちゃん大魔王さんコメント有難うございます

くらちゃんは、猫の中の猫、紳士でした。
これからは、ジャスミンちゃんに長生きしてもらうつもりです。

Re: : まめるさんコメント有難うございます

いろいろご心配頂き有難うございます。

人間でいう処の心筋梗塞のような病気でしたので、
全く前もって予測が出来ませんでした。

皆さんに励ましの言葉を頂いて、
これからも生き物を飼い続ける心算です。

Re: 池田ママさんコメント有難うございます

池田ママさん、ご実家のご両親には、本当にお世話になりました。

我が家に戻ってきて、もう2度と手放さないと決めて可愛がっておりました。
くらちゃんも、十分それにこたえてくれました。

抜け毛が空中を舞うという事で、ダイニングには入れてもらえませんでしたが、
それ以外は、私の行くところについて回り、家族のみんなにも可愛がってもらっておりました。

残念な事にこのような結果になりましたが、皆さんに可愛がって頂き
くらちゃんは幸せな一生であったと思います。

本当にお世話になりました。
ご実家のご両親にもお伝えいただきまして有難うございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

可愛いくらちゃん

くらちゃんのことを息子に伝えました。
息子も驚きと悲しみで胸がいっぱいのようです。
僅かな時間でしたが、くらちゃんに会えたことを私達は忘れません。
息子はくらちゃん、くらちゃんと後を追っていました。猫も大好きです。
くらちゃんは美しく賢い猫さんだと思います。

ご冥福をお祈りします。

Re:苺ミルク さん今晩は

ご子息さんは多感な年齢ですので、
ショックは大きかったでしょうね。

苺ミルクさんのひざ元で写った写真が
くらちゃんの元気な姿の最後の画像となりました。

ご子息さんにもよろしくお伝えください。
来年の夏の小鳥祭りではお待ちしてますよ。

プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる