Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

今日は高尾山に行ってきた


今日は何年かぶりに、紅葉見物と、野鳥撮影を兼ねて、高尾山に行ってきた。

2015-01-0420151128_34.jpg

丁度、紅葉見物には、ドンピシャのタイミングであったが、人の多い事多い事。
いつもはこの時期ではなく、夏鳥が渡ってくる青葉の季節頃か、落葉樹の葉が散ってしまう真冬がおもであった。葉が散ってしまうと野鳥観察が実に容易になる。

でも紅葉は美しかったですよ。まあ、この時期もまたいいだろう。

2015-01-0420151128_04_02.jpg

秋葉原の人出の様な中で、何とかコゲラが撮れた。春先に野鳥を撮りにちょっと遠出をしたいので、野鳥撮影も少しは練習しておかねば。

2015-01-0420151128_22d.jpg

エナガも撮れた。
丁度良い具合に、紅葉にすっぽりと収まってくれた。まあ、私にしては良く撮れたと思う。

2015-01-0420151128_18s.jpg

犬を連れてこられる方の多さには、びっくりした。
人気を反映してか、プードルが圧倒的に多く、少なくとも20頭はいただろう。主にアプリコット、次がシルバーだ。まあ、プードルとかキャバリアとかは、全く問題ないだろうが、びっくりしたのは、画像のブル君。

麓から山頂まで3km程度だが、ブルドックにはかなりきつかろうと思う。背中にカメラをしょっての散歩を楽しんでいたが、果たして山頂までたどり着けただろうか。

我が家のフレブルのボブ君ではまず無理だろう。朝晩せいぜい1k程度しか歩かない。小型犬なら歩かなければ、抱っこして下山することも可能だが、ブル君では、いくら体力のある方でも難儀だろう。とても私にはそんな勇気は出ない。

2015-01-0420151128_43.jpg

そしてなんとまあ、ヨウム連れの方にも出会ってしまった。お散歩ヨウムで有名なブロ友さんは知っているが、やはりほかにもいらっしゃるのですねー。良く馴れていて、しゃべってました。神経質なヨウムにしては珍しいが、しょっちゅうお出かけしているので、馴れていると仰っていた。

2015-01-0420151128_13.jpg

そしてまあ、右肩にはコボウシインコ、左肩にはワカケホンセイと何とも賑やかだ。
肩にはタオルを掛けているが、フライトスーツを着ければ、その心配はないと思うのだが。もしかしたら嫌がって着ないのかもしれない。


2015-01-0420151128_14p.jpg

山道を歩いていると、鳥の羽を拾うことがある。特に特徴のある羽根はすぐわかるものだ。
私が小6の時、カケスの肩(翼角)の羽を拾った。その時はカケスの物とはわからなかったが、青と黒の模様が実に美しく、暫らく宝物のようにしてしまっていた。

2015-01-0420151128_06.jpg

とにかく、こんな感じで、人、人、人、で新宿の駅に降りたようなかんじであった。

2015-01-0420151128_01.jpg

展望台からは、東京、神奈川が見渡せる。

2015-01-0420151128_01_04.jpg

私の持っている安いコンデジでも50倍までズームすると、新宿の高層ビルがこんなに大きく写せる。
手振れもせず、今のカメラは誰にでも扱える。良い時代になった。

2015-01-0420151128_11.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは。
ひょえ~、高尾山にヨウムですか。(@@;
と言いながら、私もカンナと一緒に登りたいと機会をうかがってますが。(笑

紅葉シーズンでペット連れの人も多いのですね。
一部には高尾山にペット連れで登る不届き者がいるとか、自然破壊になるとか不快感をあらわにする人も少なからずいるようで。
人が登るのが一番の自然破壊なのにと思いながら、こういう理不尽な人たちと出くわさないように混んでいないときにゆっくり行ってみたいと思ってます。

凄い賑わいですね

こんなに人出があるなんて、びっくりしました。
都心から直ぐだから、人気なんですね。
ブルちゃんにヨウムにワカケにコボウシとは、
驚いて何度も読み返しちゃいました。
万一のことを考えると、なかなか私には勇気がでませんが、
一緒に登山が出来たら楽しいだろうなあ。

羽を大事に・・・そういえば私もそうでした(笑
珍しい鳥ではなくても、やっぱり大切にしてた記憶があります。

Re: ヤスさん今晩は

高尾にもヨウムが生息してましたよ(笑い)

私は野鳥の写真を撮りたくて行ったのですが、
人、人、人の波で、野鳥の声は聞こえても、
姿はなかなか見つけられませんでした。


Re: まろさん 今晩は

私も話には聞いていましたが、行ってみてびっくりしました。

それも中国語が飛び交っていてさながら、
秋葉原の街を歩いているような気分になってしまいました(笑い)

鳥の羽拾うととっておきたくなりますよね。
此処の処翔君と会っていないので、春の小鳥祭りには是非おいで下さい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: : 非コメさんへ

> 教えて頂きまして有難うございます。
>
> 当ブログは、訪問頂く方もそれほど多くなく、影響力もない事から、
> お断りして写真を撮らせて頂き、ブログ掲載についてはお断りせず、
> 気軽にヨウムや、ワカケホンセイの画像を載せてしまいました。
> 出来ましたら、ご本人様のブログを拝見させて頂き直接お詫びもさせて頂きたいので、
> ブログ名を教えて頂ければ幸いです。
>
> 勿論その方の許可をとって頂いてからの話ですが。
> 同じ鳥好きとして、お友達になれるかもしれませんので。
>

プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク