Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

今日は1枚もヒラメが釣れなかった

残念なことに今日はヒラメが1枚もつれなかった。

2015-01-0420151026_08.jpg

大原港長栄丸さんのホームページには潮の流れよく、トップ5枚とある。
そんな中で私が1枚も釣れなかった訳。寝坊して釣りにいけなかったんですよ。クヤシ~イ。
そんな日に限って潮の状態が良く沢山釣れるんです(笑い)。ほんとに残念でした。今日は大笑いの拍手を下さい(大笑い)。

港を四時半に出船するところ、目覚めたのが3時半。最低1時間半かかるので、これでは無理です。まあ、次回のお楽しみということで。

そんな訳で、休みにしてきた会社に、今更急に出勤する事も出来ず、朝からあいちゃんの水浴びをした。例によって散水栓でじゃぶじゃぶかける。



午後からはいつもの公園に遊びに行った。

2015-01-0420151026_10n.jpg


家族連れの方が何組かいらっしゃって、ある家族の方は両方とも犬好きでそれが縁で結婚されたとの事。なんか「101匹ワンちゃん大行進」のようなはなしだ。とりわけ奥様は、お父さんがレース鳩を飼っていた関係で熱心に鳩レースをしていたとのこと。

可愛がっていた鳩が戻ってこないと、とても悲しかったそうだ。北海道にお住まいで、1000kレースというと東京から放鳩するのだが、どっこい津軽海峡には、渡りをする鳥を狙ってハヤブサが手ぐすね引いて待っている。ヒヨドリなどは格好の餌食になる。レース鳩もまたしかりだ。
この話を聞くとシートン動物記の「アルノー」を思い出してしまう。今でも覚えているが、小6の時に、評論社から出ていた龍口直太朗訳のシートン動物記全6巻を読んだ。「狼王ロボ」や「銀の星」もそうだがほとんどが野生動物は死を迎えるという悲劇で終わる。

当時私も伝書鳩を飼っていたので、「アルノー」を読んで涙が止まらなかった。小中生のお子さんをお持ちの方は、ぜひ読ませてあげてください。多感な時に、このような本に出合うと、動物を粗末に扱うような大人にはならないと思う。戦闘バトルゲームばかりやっていると、他人の痛みが判らない大人になってしまう。ところで安倍晋三さんが育ったころは、どんな本を読んでいたのか、興味深いところだ(笑い)


両親が生き物好きな為か、坊やも生きもの好きで、あいちゃんの尾羽などを盛んに触っていた。残念ながら子供さんに万一のことがないよう気を遣っていたので、画像は取れなかった。

2015-01-0420151026_11.jpg

ほら、でもボブ君を親子で可愛がってくれていた。現在は拾ってきた猫を4匹飼っているそうだ。お母さんのおなかにはもう一人赤ちゃんが宿っていて男の子だそうだ。

2015-01-0420151026_04_01k.jpg

ヒムネキキョウのお母さんは、ヒナがこんなに大きくなっているのに、まだ巣箱に入っている。もしかしたら、もう次の卵を産んでしまっているのかもしれない。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

大笑いの拍手送ります!

他人の不幸は蜜の味・・本当に不幸な事だとそうは行きませんが
こんなウッカリはちょっとウケてしまいます!
でも・・ホント残念でしたね(笑)

ご近所の公園では「大きなインコを連れている自称30代のイケメン」でちょっと有名になっているかも知れませんね~。
もしかしてあいちゃんに会いたくて公園に来る人も出てくるかも?!ですね。

ヒラメ釣り

私の責任もありますね。
同行の予定を急にキャンセルしてすみませんでした。
また近いうちにご一緒できたらと思います。

No title

あら~(>_<) でも坊主ではないし、きっと行かない方が良かった日
なんでしょう、そう思えばあいちゃんとたっぷり遊べたし
いい日だったかもしれません(^_^)
あいちゃんの虎ガラのスーツは素敵ですね。
うる星やつらの、ラムちゃんみたいです。
青空に赤が映えますね♪

鳥好きのお父さん、いいですね~!!
我が家の父は動物が嫌いなので、大変でした。
子供や動物と戯れる親って、いい影響しかないのだろうな、と
しみじみ思います。

次回のひらめ、期待してまーす。
(やっぱりヨウムだな、とまた自分の気持ちを夕べ新たにしてました。ご報告します(^_^) )

Re: ヒラメ釣り

吉田さんそんなことはありません。

スマホの目覚ましでは音が小さくて、起きられなかっただけです。
今度の日曜にまた行きましょう。

土曜日は一杯やりながら船宿に前泊して、大物を釣りましょう。
まだヒラメシーズンが始まったばかりで40から50mの深場を狙ってます。
今年の餌のイワシは小さいですよ。

Re: まろさん今晩は

全て住んでしまったことを悔やんでも仕方ありません。
吉も凶も全ては自己責任。

船に乗ってしまえばあとは潮任せ
沖のカモメ~に、潮時き~けばよ。
わたしゃ立つ鳥、波に~きけ、ダンチョネ~。

どうも私は子供の教育にあまり熱心ではなかったようです。
今でも女房に云われますが、自分の好きな事ばっかりやってきました。

ヨウムは派手ではありませんが賢くて、可愛いし
おしゃべりの天才ですから、飼ってみる価値はありますよ。



Re: 大笑いの拍手送ります!

> ついうっかり寝過ごしました。
> もう1時50分に起きるのは無理なのかもしれません。
>
> 最近は「いつもは何時頃来るんですか」なんて聞かれることもあります。
>
> 必ずボブも連れていくので、女房は最近ボブの散歩に行くのを嫌がります(笑い)
> あの変なおじさんの奥さんだと思われるのは嫌だそうです(大笑い)
プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク