Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

のんびりゆったり日曜日

昨日秋草インコの里親さんが見えられた。

少年の笑顔が素敵だね!

IMG_0142.jpg

ご子息を連れてこられたのであいちゃんとツーショット。後ろに写っているのは、30代のイケメンです(笑い)。

ご子息は正真正銘のイケメンだが、アイマスクをさせていただいた。本当に生き物が好きで、鳥だけではなくいろんな生き物が好きだという。我が家のメダカも持って帰ってもらった。

この子を見ていると、何となく50年前の自分を見ているような楽しい気分になった。やはり母親の影響は大きく、お母さんが生き物好きだと、このこのように生き物好きになるのだろう。あいちゃんを腕に乗せて、嬉しそうな笑顔が実に良い。このような少年がいる限り、日本の飼い鳥文化もそんなに悲観することもない。

しかし、私は特別そのような環境で育った訳ではない。いったい何故こんなに生き物が好きになったのか判らない。5歳位の時には、もう近所の小川で捕まえたフナやサワガニを飼っていた。実に不思議だ。

只、そんな自分に何も言わず好きにさせてくれた、親兄弟には感謝しなければならない。
そして、30数年連れ添っている女房にしても、鳥の羽がどうのとか、猫の毛がどうのとか、いろいろ文句を言いながらも、好きなようにさせてくれる。感謝感謝だ。


2015-01-0420151018_15.jpg

ボブとあいちゃんのツーショット。

やはりボブのほうが腰が引けており、あいちゃんが近づいていったら、さっと避けてしまった。コンゴウインコは野生でもサルクイワシぐらいしか空の天敵はいないようで、堂々王者の風格だ。子育て中は、巣穴がジャガーに狙われることもあるようだが。

2015-01-0420151018_11t.jpg

今日は天気も最高でまさに秋晴れであった。10時ごろ水浴びをさせたが、羽を広げて乾かした、30分もすると乾いてしまう。
あいちゃんは国内で生まれた仔なので、このまま、暖房もしないで冬越しさせる予定だ。真冬でも水浴びをさせる。

君の横顔ステキダネ!

2015-01-0420151018_10k.jpg

2015-01-0420151018_16d.jpg

最後は、ボブとあいちゃんの横顔。
ボブは13歳を過ぎてますます円熟味を増してきた。この顔を見てください。もう黒のパンチが白髪で真っ白だ。ここまで来れば、あと1年、あと1年と長生きしてくれるのを待つばかりだ。

一方あいちゃんは、やっと5か月を過ぎたところだ。
現在一人餌に移行中で、ひまわりやバナナ、ペレットを食べ始めている。挿し餌は夜1回で100gも食べなくなった。成長期には1回に150gを2回食べていた。

多分、いつ挿し餌を止めても良いのだろうが、このおじさんの方が寂しくなるので、まだ甘やかしている(笑い)。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

少年Aと成人Aになっていますが、いい笑顔がよく分かります♪
そうですね、母親の影響は大きいですね!
でも父親もですよ~、なないろ家のご子息も気が付いたら
沢山動物に囲まれているかもしれません。
私はどうだったかな、と思い返せば4、5歳位から常に
文鳥が与えられ、十姉妹が40羽位に増えてしまって
母が困っていたのを覚えています。
やっぱり遺伝子に組み込まれているかな・・・(^_^)

ボブ君、元気で何よりです。
毛もびっしり生えているし、まだまだ長生きできそうですね。
愛情沢山受けているのがよく分かります。

あいちゃんはアップを見ると随分大人の顔になってきましたね。
私もあいちゃんに会いに是非是非伺いたいのですが、
土日に子供の習い事を入れてしまっているので
なかなか伺えず、、、雛時代のあいちゃんには会えないかも(涙)

我が家のキンカ、2週にわけてで同じ所に4羽里子に行きます。
土曜に2羽行きました。
うちのオカメの元飼い主さんなのですが、
キンカの魅力に取りつかれちゃいました。
ヨウムの準備もチャクチャクです(笑)
それでもまた放し飼いキンカが5羽いるのですけどね。
そろそろケージ飼いにしなくちゃ。

No title

少年の笑顔本当に素敵です
そして後ろの30代イケメンさんの笑顔も素敵ですね♪
いいお写真を拝見させて頂き
こちらも笑顔になりました(*^-^*)
あいちゃんもボブ君もいい横顔ですね
人間と同じで動物も顔に出ますよね
あいちゃんとボブ君の横顔には
可愛がられて幸せなのがにじみ出ています

Re: No title

> 少年Aと成人Aになっていますが、いい笑顔がよく分かります♪

その実、少年Aと老人Aです(笑い)



> そうですね、母親の影響は大きいですね!
> でも父親もですよ~、なないろ家のご子息も気が付いたら
> 沢山動物に囲まれているかもしれません。

我が家は、母親のベクトルが反作用に向いているので難しそうです

まろさんももう幼少のころからもう鳥まみれだったんですね
私は小3のとき赤カナリヤを買ってもらったのが鳥の飼い始めです。

鳥だけでなく、いろんな動物を飼いました。

ボブも年老いてますがまだ毛津屋はピカピカです。
これから先は、あと1年、あと1年という感じかもしれません。

子供さんも習い事で大変でしょうが、ぜひ遊びにおいでください。

ヨウムはおすすめの大型インコです。
色は地味ですが、賢さ抜群で、おしゃべりは天才的です。
そして大きな声を出さないので、マンションでも全く問題ありません。

でも夏場には、暗くして寝せないと大変ですよ。
朝の4時ごろから全開でおしゃべりされたら飼い主が参ってしまいます(笑い)


Re: ゆたんさん 今晩は

少年の笑顔素敵ですよね。
30代のイケメンンもお褒めいただきましてありがとうございます。
そのうちお会いする機会もあるでしょうから、たっぷりとご賞味ください。

犬はかわいがってもらっているかどうか、ある程度散歩ですれ違ってもわかります。
自信に満ちた態度で堂々として歩きます。

私も良いおじいさんの顔になるよう、清く正しく美しく生きたいと思います。

⬆︎なないろさんて、そんなこともわかるの⁉️

私、かなり驚いてます💦

やっぱり私なんかまだまだですね。。
10年たったらわかるようになるのかな😓
うちの愛犬は、ご近所からは一応毛艶がよく表情が豊かと評価されてはおりますが、なないろさんとすれ違ったら、どう思われちゃっんだろ


私のペット歴
小学生の頃からずうっとフィンチで来ていて50を過ぎてからインコの魅力にハマるとは思いませんでした

鳥よりも前はスズムシ
生徒数が多い小学校に入学して初めての夏休みを迎える頃、学校前の文房具やさんで買い物をしていたら校長先生にへやに招かれスズムシをもらいました
その頃から昔の木造家屋の長い廊下に飼育ケースが並びはじめました

息子がまだ可愛らしかった頃、道端で保護した烏骨鶏のヒナを育てたりもしました
今はフィンチはいいがインコはキライだ💢と怖い顔をしています

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ⬆︎なないろさんて、そんなこともわかるの⁉️

翔ちゃんママさんの突っ込みにはいつも感心します(笑い)

散歩に連れられている犬は大なり小なり、殆ど可愛がってもらっていると思います。
ただ正しい扱い方や躾をされていない犬は、翔ちゃんままでなくても誰でもわかると思います。
また毛の手入れをされてない犬も判ります。その程度の意味です。

どうも小型犬より大型犬のほうが老け込むのが早いような気がします。
時々散歩で会うレトリバーはかわいがってもらっていますが、11歳で毛艶がすっかりなくなっています。

皆さん生き物好きな方は、やはり子供のころから好きなのでしょうね。
どこかに生き物好きのDNAを持って生まれてくるのでしょう。

子供のころは好きでも、嫌いになる人はいるでしょうが。

Re: 非コメさん、コメント有り難うございます


我が家と全く同じで、思わず笑ってしまいました。

私も鳥を触ったりした後手を洗う習慣がなく、
しょっちゅう、女房と娘に叱られてます。
時には冷蔵庫を開けるのも「手を洗ってないでしょう」と
止められたりします。

なかなか習慣というのは直らないものです。



少年の母です。

こんにちは。
少年の母です。親子でブログを楽しく拝見しました。
息子も喜んでおります。
憧れのあいちゃんとなないろインコさんにお会いできて、嬉しかったです。
秋草インコの雛はりんごちゃんと名付けました。ベタ慣れで可愛いです。
もう飛べるようになりました。
メダカさんもタニシも元気ですよ。ありがとうございました。
息子の生き物好きは私を上回っています。
あいちゃん、本当に可愛くて賢いですね。なないろインコさんの優しさと触れ合い方に感動しました。
最後にボブちゃんの帰らないで~と息子に甘える仕草も可愛かったです。
楽しく幸せなひと時をありがとうございました。

苺ミルクさんこんばんは

ご子息は実に魅力的な少年です。
もう我が家にきて、目がキラキラ輝いていました。

タニシまで飼いたいとは、並みの少年ではありません。
シートン動物記や、ソロモンのオウム、中西悟堂の野鳥記等図書館で借りて読ませてあげてください。
必ず喜ぶと思います。
プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク