Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

東京ピーチク会秋の小鳥祭りーその2

東京ピーチク会は50年の歴史を誇るアマチュアの鳥の会だ。
1羽のセキセイインコを飼っておられる方から、私の様にコンゴウインコ等の、大型インコを飼っている方まで、さまざまだ。

2015-01-0420150906_68.jpg

2015-01-0420150906_67.jpg

如何ですか。
ニギコロのジュウシマツ。2羽飼ってらっしゃるが、もう会場でも完全に放し飼いだ。いいな~、こういう方が真の愛鳥家と云うのだろうか。1時間でも2時間でも手の平の中で2羽ともじっとしているそうだ。

小鳥グッズを作られている様で、私もあいちゃんのハーネスをお願いした。こういうところが鳥の会の良い処だ。他の鳥は飼われていないようなので、是非2代目3代目と次の十姉妹を飼われる事をお勧めしたい。彼らの寿命はかなり短いからだ。

2015-01-0420150906_62.jpg

こちらは仲良し手乗り文鳥。皆さん、誰しも自分の飼っている鳥が、一番可愛いと思っているが、実際他人が見ても可愛い。あちこち飛び回っては、人の頭に止まったりして遊んでいる。
フインチの良い処は、部屋で放し飼いしていても、被害はない。多少のふんがいはあるのだろうが、鳥のお好きな方には、全く気にならない。

2015-01-0420150906_30.jpg

ところがこの位の鳥となると、自由に放し飼いと云う訳にはいかないだろう。珍しいキガシラアオハシインコだが、もし放し飼いにしたら、電気のコードを齧ったり、カーテンをぼろぼろにしたりと大変だろう。

でもご夫婦でお好きな方は、それでも気にならないようだ。我が家では考えられない。即熟年離婚に直結してしまう(笑い)

2015-01-0420150906_32.jpg

こちらは花梨さんのアカハラウロコインコだが。ワキコガネより一回り大きく堂々としている。
実は、後片付けしている時出して遊ばせて頂いていたら、ちょっと飛んでしまい、歩いている方の足元に飛び降りてしまい、あと数センチで、危うく天に召されてしまう処であった。
ウロコインコは狭い処に潜るのが好きなので、人に因る事故も多いようだ。

2015-01-0420150906_48.jpg

白い小桜ちゃんもいましたよ。純白で綺麗な仔でした。目は赤くないのでアルビノではない。ピュアホワイトとでも呼ぶのだろうか。かなり珍しいと思う。

まだまだ次回に続きますよ。どうぞお楽しみに。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

どの鳥さんも可愛らしいですね~(*^_^*)

なかなか懐きにくいと言われている十姉妹もすっぽりと手の中に収まってますね。

文鳥も昔飼っていた事があったので、妙に懐かしく感じてしまいました。
そう言われると、インコより家屋への被害は少ないかもしれませんね。

我家の娘の次の希望は「ウロコインコ」を飼う事だそうです(^_^;)
私もウロコちゃん、好きです。
色鮮やかなところと、おメメパッチリなところがキュート♪
だけどうちの娘で飼えるかなぁ・・・。

読んでいて飽きません。楽しいです。

Re: 長月 秋 さん今晩は

鳥に大小はあっても、貴賤はありません。
どの鳥も飼い主さんにとっては大事な宝物です。

十姉妹も馴らせばここまでになるのですね。
文鳥は昔から手乗りの定番です。
カラーはいろいろなものが出ています。

ウロコインコは、少し鳴き声が煩いのと
十分遊んであげないと噛み癖が付くのが欠点ですが、
中学生以上のお嬢さんであれば、十分飼えると思います。




Re: デモステネスさん今晩は

いつもご訪問頂きま種いてありがとうございます。

「読んでいて飽きない」などと
お褒めの言葉まで頂くと、また明日も書こうかな等と思ってしまいます(笑い)。

おだてに弱いんですよ(大笑い)。

ありがとうございます

我が家の十姉妹、ピロシキ・ボルシチを褒めて頂き、ありがとうございます。
写真の子はボルシチです。
真の愛鳥家という言葉に、躍り上がるほど嬉しくなりました!

あいちゃんのハーネス、少しお待ちくださいませ。
材料を確認していなくて、現在取り寄せ中です。
出来上がりましたら、連絡いたします。

Re: さんちゃん さんコメント有難うございます

ピロシキ・ボルシチ君コンビは実に凄いですね。

十姉妹は挿しえで育てても、すぐに馴れなくなってしまいますが
ここまで習うのは並み大抵では、出来ないですよ。

真の愛鳥家という言葉も自然と出てきます。


No title

うわ~!ニギコロ~(^_^)
ニギコロ可愛いな~、こちらまで笑顔になりますね!
十姉妹は懐きにくい、というのは
飼い方次第、というのが証明されますね。
(名前も可愛いです♪)

我が家でも「行くならどの子?」とずーっと話合いを持ったのですが、
私「美形の茶キンカ」(手乗りではない)
長男「ニギコロのできるメスのキンカ」
長女「手乗りのノーマルキンカ」
次女「ニギコロ長時間可能のオスキンカ」
と意見が割れてしまい(涙)
春にはどの子にしようかと、今から話しています。
決まらないかもしれないです(笑)

それにしても、コキン鳥のシルバーなんて!
見たことがないです。
綺麗ですね~!どうやったらこんな色が出るんでしょう??
奥が深いですね。

今朝息子に「会員募集だって」と伝えると
一瞬目がギラっと光りました♪



Re: まろさん今日は


来春は、是非ニギコロのキンカを出品してください。
大人気請け合いです。

もしかしたらヨウムちゃんもでしょうか?

鳥のカラーバリエーションは、世界中のブリーダーが
必死で研究しているので、これからも沢山出で来るでしょうね。

そっちの方は、ブリーダーさんに任せて私は楽しむだけです。

会員は常時募集してますので、翔君是非お待ちしてますよ。
プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク