Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

ヒムネキキョウインコの雛が育っている


ヒムネキキョウインコの真夏の子育てが進んでいる。

2015-01-0420150724_09k.jpg

今回は、珍しいアルビノが2羽も出てしまった。アルビノは伴性劣性遺伝の為、なかなか出ないのに、優秀な親だ。もう1羽はブルーの白胸となる。

2015-01-0420150724_11m.jpg

こちらのヒムネも負けじと3羽の子育てをしている。ノーマルのレッドベリードの雛で、これまた美しい鳥となる。

2015-01-0420150724_12_01m.jpg

一方カラスの赤ちゃんも立派に育ったようだ。まだ幼い顔をしている。カラスは昔飼った事があるが実に賢い鳥だ。
カラスがコンゴウインコのようなカラフルな羽毛を纏っていたなら、皆さんこぞってペットにするだろう。


2015-01-0420150724_05g.jpg

2015-01-0420150724_01m.jpg

メジロも、もうとっくに巣立って家族連れで行動している。みんな無事に来年繁殖できるといいのだが、小鳥の冬越し出来る率は10%程度ともいわれれており、厳しい世間を生き延びて行かねばならない。
どうしても野鳥はぴたっとピントがあった画像が撮れない。少し勉強しないと。カメラのせいではなさそうだ。


2015-01-0420150724_18d.jpg

熱帯睡蓮が咲いている。メダカも育っており、眺めていると、しばし世間の事をわすれてしまう。
尤も「お前はいつも世間の事など忘れて、自分勝手に生きてるんだろう」と仰る方もいるかもしれない(笑い)


2015-01-0420150724_15b.jpg

昨日の朝、こんなに茗荷が取れた。私は茗荷が大好きで、卵とじのお澄ましには特に目がない。昔から。茗荷を食べると物忘れをすると云われているが、茗荷を食べなくても、いつも物忘れをしているので、一向に気にならない(笑い)

2015-01-0420150725_01c.jpg

是は今朝撮ったばかりのほやほや画像。あいちゃんは、ますます可愛い顔になってきた。インデアンマークもしっかりしてきた。このインデアンマークも皆同じではなく個性があるとの事だ。

2015-01-0420150725_04v.jpg

羽もここまで伸びてきたが、まだ止まり木デビューは出来ていない。フライトスーツを着せて散歩に行けるのが待ち遠しい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

アルビノ ヒムネ

どんな色になるのでしょう?また、紹介してください。

Re: デモステネスさん今晩は

アルビノですので赤目で全身真っ白です。
白と違うのは目が赤いところですが、
ヒムネキキョウでは、単に白というのは見たことがありません。
プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる