Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

コンゴウインコがフライトスーツを着た

今日待ちに待ったフライトスーツを、佐藤インコさんより送って頂きました。。
早速試着したので、取り敢えず、動画をご覧ください。もう、無茶苦茶可愛いです。




送って頂いたスーツです。

2015-01-0420150703_04.jpg

コンゴウ用とウロコ用。今回ウロコまでは手が回らないと判断し、どうしても今回里親さんになりたいという方の元に里子に出しました

2015-01-0420150703_11k.jpg

如何ですか。
まるでぬいぐるみのようでしょう。


2015-01-0420150703_05.jpg

2015-01-0420150703_06.jpg

2015-01-0420150703_09j.jpg

1,2,3の手順で試着終わりです。

2015-01-0420150703_13s.jpg

こうしてフライトスーツを着けてくれさえすれば、テーブルの上でも心置きなく遊ばせられます。

やっとここに来てギャーと一声鳴くようになりました。親が育てている時は、声を出さないそうですが、人が育てるとヒナのうちから鳴くそうです。

多分、親は、人差し指を立てて、シーツと鳴かないように教えているのでしょう(笑い)。
ヒョウのような他の野生動物に雛の位置を悟られない為の自然の知恵のようです。


お詫びと訂正

昨日の記事でアカサカオウムがサイテスⅠと書いたのは誤りでした。原産国がオーストラリア固有種は、オーストラリアが厳しいく輸出禁止をしているので、サイテスⅠにする必要がないとの事です。

元々、サイテスに拠る移動禁止は、商取引によって原産国の生物が絶滅の危機に会う事を防ぐという意図なのす。
因みにヤシオウムは、オーストラリアのみならずパプアニューギニアにも棲息しているので、サイテスⅠに指定されているとの事です。
怪鳥マコウさんの受け売りです。

意外と思われるかもしれませんが、そういった理由でクルマサカオウムもサイテスⅠにはなってません。

>
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

さすがベニコンゴウ
雛もデカイ
お散歩も楽しみですね

今度は逃がしちゃだめよ
ニュースになっちゃう(笑)

Re: 花梨さん 今晩は

ベニの中でもジャンボサイズになりそうです。
前年の仔は1400gあるそうです。

其れよりも大きすぎてピーチク会には連れていけそうもありません。
どのようにして運ぶか見当もつきません(笑い)

さすがに今度逃がしたら、何を言われるか判りません(笑い)
今度は風切り羽を切ります。


No title

2着のフライトスーツの大きさの違いにびっくりしましたが、今回もかわいいフライトスーツを作って頂けてよかったですね!
本当にぬいぐるみみたいです(笑)

アカサカオウム、ガンガンはまだ見たことがないのですが、それ程観測に困難なようではないので、生息エリアに旅し本腰入れてバードウオッチングしたら可能性なのかと思っています。
保全状況のIUCNレッドリストカテゴリーでも、軽度懸念になります。クルマサカもアキクサもそうです。

No title

動画の様子を見ただけで、もうデレデレな顔が見えるようです。
ホント・・可愛いですね♡
スーツも似合っているようで私も嬉しいです。

ちゃんと成長してスーツに慣れるまでは、肩紐の長さは分かりそうにないですね。
とりあえず、ご要望通りお尻の袋を少し大きくして背中のマジックテープは全面に付けるようにしますね。

今回のスーツのお尻の袋を大きくすることはできませんが、マジックテープは直せるので、暑気払いするときに持ってきてくださいね!

Re: アンティー さん 今日は

フライトスーツの大きさの違い、一目瞭然ですね。
ウロコインコは70g程でですし、コンゴウは1200g程になります。

そうですか、ガンガンはオーストラリアではレッデータでは絶滅危惧種重度ではないのですね。
クルマサカは日本でもかなり繁殖されてますが、値段はショップでは120万ほどで販売されています。

其れからするとガンガンが日本では如何に貴重な鳥かわかります。

アキクサインコは、多分日本での飼育鳥の方が多いかもしれません(笑い)
色変りばかりですど。

日本では大型インコを繁殖するという習慣がなかったので
サイテスⅠに指定されて突然困ってしまったわけです。
その点ヨーロッパでは大型インコはかなり前からブリードされていたようです。
英国在住のなもこんさんにお聞きしたら、コンゴウインコは
日本の半分ほどの値段で飼えるし、スカーレットマコウも他のコンゴウの倍くらいで買えるようです。

以前飼っていたスカーレットマコウがサイテスⅠになったのは1988年ですので
現在では皆老齢化してしまい、繁殖可能年齢の鳥がほとんどいなくなってしまったのです。
いま日本では、繁殖される純粋のものは、年間数羽だと思います。

段々と3月も近づいてきて、ますます期待が募ります。




Re: 佐藤インコさん今日は

いやー、ホントに佐藤インコ様、様々です。

今日は怪獣模様でスーツの着せ方を動画で紹介します。
この大きさからだと自由自在ですね。

爪もおとなしく切らせてくれました。

取り敢えず、このスーツでばっちり馴らします。
完全の大きさが決まるには2カ月はかかると思いますので、
また、ずうずうしくもお願いします。

8月末に、暑気払いと云うか、残暑払いと云うか
一杯やってお互い英気を養わないといけませんね。

柏在住のご夫婦も一緒に宴会できれば、最高です。



プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる