Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

ウロコインコがまたまた育っている

2015-01-0420150609_01s.jpg

6月2日には2羽の雛が育っている様だと書いた。
昨日見たらなんと4羽に増えていた。まるでマギー審司のマジックを見る様だ。前回はパイナップルが2羽であったが、今回はどうだろうか。

2015-01-0420150609_01_02.jpg

ヒムネキキョウインコの雛も育っている。おなかが真っ赤なレッドベリードノーマルカラーのようだ。♂の場合は、親羽に変わると、文字通り緋胸桔梗インコとなる。

2015-01-0420150611_11k.jpg

こちらは、同じヒムネキキョウインコでも、ブルー白胸と云われるもので、成鳥になっても緋胸にならない。今朝2羽巣立っていた。ブルー白胸2羽とシルバー1わのようだ。
ブルー白胸にキキョウインコは上品な色合いで私は大好きだ。静かで、いるかいないか判らない位の鳥なのだが、残念ながらあまり手乗りには向かない。

2015-01-0420150611_12b.jpg

我が家のクレマチス、今朝は新しい花が咲いた。グラビテービューテーと云うもので、新枝咲だ。

2015-01-0420150611_10h.jpg

プリンセス・ダイアナはもう盛りを過ぎた。来週には、バッサリと枝を切り詰めてあげよう。すると、夏には2番花を咲かせてくれる。

2015-01-0420150611_05z.jpg

ボブの散歩途中で見た花菖蒲((・・?)。なかなか見事だ。我が家のあやめはさっぱり花を付けない。何かが間違っているのだろう。

2015-01-0420150609_17g.jpg

火曜日の画像だが、なんとコゲラの家族が、我が家の前の電線に止まっていた。写真が下手でよく判らないだろうが、市街地で、ギーギーと鳴いて木の幹を縦に上っていく鳥がいたら、日本最少のキツツキ、このコゲラだ。大きさはスズメ程の大きさしかない。
この鳥も昔昔飼っていたことがあるが、前にも書いた事があるので、かかない。丈夫で実に飼っていて面白い鳥だ。勿論今は飼う事が出来ない。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

キツツキは、金カゴで飼育ですか?
止まり木も普通にですか?

キツツキ類は、サンコウチョウ、ミソ、コルリに比べ、遥かに、飼育しやすいみたいですね。その昔が、懐かしいですね!
鶯の飼い方、なかせかたの本大切にしまってあります。そんなこと言うと、おじいちゃんみたいですが、アラフォー中頃です 僕 (笑)
30代のイケメンには、まけますが(笑)

Re: のりさん 今晩は

一般的にキツツキは普通の野鳥と違い、
直径10cm位の木を1本だけ立てます。

金籠でもキツツキは羽がものすごく丈夫に出来てますので、主翼も尾羽が痛みません。

尤も、普通の竹籠ではすぐに破られてしまうでしょう。
私は先日紹介した大木が禽舎で放し飼いしてました。


> キツツキは、金カゴで飼育ですか?
> 止まり木も普通にですか?

Re: のりさん 今晩は

サンコウチョウは、三光三日と云われるほど弱い鳥で飼うのは難しいでしょう。
コルリやミソサザイも弱い鳥の代表です。
この様な鳥は飼うべきではではないでしょうね。例え、変える時期が来たとしても。

「鶯の飼い方鳴かせ方」上圷さんの本、今も大事にされているのですね。
有り難いです。





> キツツキ類は、サンコウチョウ、ミソ、コルリに比べ、遥かに、飼育しやすいみたいですね。その昔が、懐かしいですね!
> 鶯の飼い方、なかせかたの本大切にしまってあります。そんなこと言うと、おじいちゃんみたいですが、アラフォー中頃です 僕 (笑)
> 30代のイケメンには、まけますが(笑)
プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる