Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

今日の夕刊から


今日の朝日新聞の夕刊一面に、エゾリスの記事が載っていた。多分ぽっかり空が出て、紙面を埋めたのだろう。

2015-01-0420150209_10a.jpg

氷点下5、6度でも元気に跳び廻っていると書いてある。
このエゾリスは、実に良いペットとなるんですよ。勿論そうする為には、小さな時からミルクで育てなければならない。哺乳類や鳥類は、小さな時から、挿し餌したり、ミルクを飲ませて育てると実に良く人に懐く。

20130923171122407[1]

以前にも紹介したことがある画像だが、今日の新聞記事を読んでまた紹介したくなってしまった。2013年9月23日の記事で紹介している。
このリスはキタリスと云って、エゾリスとは近縁種だ。本州にいるニホンリスとは全く違う。ご存知のようにブラキストン線で生物相が完全に分かれており、北海道に住む哺乳類は、大陸の生物と近縁にある種が多い。

ご覧ください、この見事な尾。直径5、6㎝はある。リスはこの尾を巻き上げる事ですっぽりと体が隠れてしまう。そのようにして身を守るらしい。そして新聞記事にもあるように、冬毛になると、耳の房毛が伸びて見事だ。画像でもご覧いただけると思う。

娘が手にしているのは、トラフズクで、これも中国かロシアから輸入されたものだろう。昔、東中野にあった動物堂から購入した。昔から猛禽類を飼われていた方はご存知の方も多いと思う。
このエゾリス、10年以上前からは全く輸入されなくなった。機会があったら、是非また飼ってみたい生き物の一つである。

それにしても、懐かしい画像だ。

平成12年の年賀状なので、ちょうど15年前のものだ。その頃は、まだ子供達もこのように私の言うことを聞いていた。

今はどうだ!
完全に女房とタッグを組んで、私の生き物飼育に対しての、強力な抵抗勢力となっている。彼女達の前では、私はまさに荒海に漂う難破船のようなものだ(笑い)。

とか何とか言いながら、敵の間隙を縫って、ちょぼちょぼ生き物を飼わせて頂いている。

2015-01-0420150207_05_01.jpg

先日里親さん募集した秋草インコは、土日で全て里親さんのところに嫁入りした。一人餌になったら、画像を送って頂けると思う。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる