Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

これはノストラダムスの予言ではない

「原子炉時限爆弾」を読んだ。
たまには生き物を離れた記事でも、読んでいただけるだろうか。


2015-01-0420150124_16.jpg

この本は、ノストラダムスの予言ではない。

2010年8月26日初版である。2011年3月11日の東日本大震災より半年以上前に出版された。日本ではこのような真面目な本は売れないのだろうか。私の手にしている本は、2011年4月6日の第3刷だ。東電原発事故の後にやっと2刷、3刷となったのだろうか。

この本を読むと、いかに政界、経済界が、時には、一部学会も巻き込んで、原発産業の為に裏で動いていたかがわかる。
そして一たび大地震や大津波が来たら、一溜りもないかを、詳細な過去の地震歴や、学術的な地質学のデータに基づいて書かれている。

とにかく地質のデータを捏造してまで、一たび事故が起これば、大惨事になることが判っていながら、政治家や経済界の為に、恐ろしい計画がどんどん実行されて、あちこちに原発が作られた。

そして、更に3,11の後でさえ、臆面もなく原発再稼働や原発輸出が行われようとしている。

日本と同じように、第2次世界大戦の敗戦から奇跡的な発展を遂げたドイツは、原発廃止に向けた計画を実行に移している。何ともまあ、あまりの違いに開いた口が塞がらない。
一部の階層の利益の為に、何十万、何百万という人達を犠牲にしてもいいと考えているのだろうか。そのころは、自分達は、もう無関係の立場にいるので、「あとの事は知らん」と言っているのだろうか。国民の幸せとはいったい何なのだろうか。
一時計画的停電とか、何とか言っていたが、今はどうだ。会社の冷暖房も、パチンコ屋の照明もみんな元の木阿弥だ。

私は、たまたまBOOKOFFで見つけたので、どうせ3,11の後に書かれ物だろうと手に取って奥付を見ると、件の通りであったと云う訳だ。
私は108円で買ったが、図書館で借りて一読されることをお勧めする。

2015-01-0420150124_15.jpg

もう一冊、素晴らしく面白い本を紹介させて頂いても良いだろうか。

この本は、分子生物学について書かれたものだが、実に文章が巧みで面白い読み物になっている。生物学者でありながら、こんなに美しい文章を書く人がいることを初めて知った。

此の本を読むと、理研の小保方氏の問題なども、起こるべくして起こっても不思議でないことがわかる。どこが先に研究成果を発表するか、し烈な戦いが各研究機関の間で行われているのも理解できる。
勿論、2007年発行なので、事件を意識して書かれたものではない。

何よりも文章が実に美しい。

私はたまたまBOOKOFFで108円で買えたが、2,000円でも高くないと思った本だ。私の下手な解説なんぞを読まれずに、本書を一読される事をお勧めする。
勿論、図書館で借りられる事をお勧めはするが、買っても読む価値があると、私は思った。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ほんと、原子炉って原爆になりますから、
非常に怖いです。
日本って54基位ありましたよね。
もう今となっては公表してない方が安全なんじゃないかと思います。
後の事を考えずに原子力村を作っている政府に
大きな責任があるのですが、
何も考えていない所に強い怒りを覚えます。
戦争もなく、原子力も使わずとも生活できる
平和な時代は、作れると私も思います。

Re: まろさん今晩は

この本を読むと過去の大地震の記録が記載されており
ホッサマグナだけでなく、いろんなプレートが入り組んでいて何百年に1回は
圧迫されたエネルギを解きほぐす為に大きな地震が起きるのだそうです。
100年後に来るのか、200年後に来るのか、明日来るのかわからないが、
必ず来るそうですね。

国家の大計は将来を見越してもらわなくては困ります。
今が良ければ全て良しでは、救われませんよね。

ましてや、某国からのミサイル射程距離圏内にあるようですし、
一発撃ち込まれたらすべて終わりです。

プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる