Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

やはり異論が出た

20141222_22.jpg

21日に感電のショックで気を失ったアカゲザルを、仲間が助けたというニュースをNHKが放送していた。
ところがやはり何方かが、NHKに対して異論を唱えたらしい。22日のニュースウオッチ9では、「日本モンキーセンター」の方と、「京都大霊長類研究所」の方が全く違った見方をしているインタビューを放送していた。

ともにサルについての専門家の方だろうが、これだけ意見が分かれるのは興味深い。日本モンキーセンターの方は、咬み方が攻撃をする時のかみ方ではなく、明らかに、仲間を助けようとしての行動だろうとの意見であった。

それに対して霊長類研究所の方の見方は、上位のサルが急に動かなくなったので、下位のサルがこの時とばかり順位を入れ替わる為に、攻撃したが、息を吹き返してしまったので、また順位が元に戻り、下位の者がグルーミングをしたという見方をしていた。

画像は別のテレビ局のものだが、やはり、かんで、投げて、揺さぶって、救命の行動をしたとして紹介していた。
TVやインターネットの情報は早くて便利な面もあるが、必ずしも正しい情報を流している訳でもないことを、知っておかねばと思う。

特にTVは、視聴率を取るためには、興味をそそるように放送をしがちだ。場合によっては、やらせ番組というのも時々表面化するが、氷山の一角かもしれない。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

素人眼には?

 大きな犬歯を持った猿が、攻撃の意思を持って噛み付けば、皮膚を食い破り肉を散らし出血すると思うのですが、映像では弱くこそありませんが致死に至るような噛み付き方はしていないようですし、見方によれば、効果を齎さない方法を次の手段に変更しているようにも見えたのですが。やはり素人の穿ったものの見方なんでしょうか?

Re: 大魔王 さん今晩は

日本モンキーセンターの方は、上方が攻撃するときの上方ではないと、
大魔王さんと同じ意見でしたが、京都大学霊長類研究所の方は、
ブログに紹介したような見解でした。
NHKは、どこかからクレームが入ったため、両方の見解を放送したのだと思います。

いずれにしても、モノの見方は人それぞれですし、当の猿さんに聞かないと判らないかもしれません。

ただ、報道としては、擬人的に解釈しないと、ニュースにはならないので、
各局ともそのような報道をしたのだと思います。

大魔王さんの有馬記念結果を期待してます。






プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる