Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

如何すりゃいいのさ此の私


今日は、まためっきりと涼しくなった。
由って本日より冬背広を着た。

PA270228.jpg

夕食後、例によってソロモンオウムの太郎ちゃんと遊んだ。
するとどうだ、メインクーンのくらちゃんも私の腹の上に乗ってきた。独り占めは許さんと云う訳だ。どっちも可愛いし、可愛がってあげねばならない。

我も我もと、私の腹から胸へと昇ってくる。 「如何すりゃいいのさ此の私。夢は夜開く」。
当然、普通にカメラに収める事は出来ない。腕を最大限上に伸ばし、めくら撮りだ。こんな時、実に幸せな気分だ。最近、どんどん自分が幸せになっていく気がする。

何故だろうか。
欲が無くなって、現状に満足出来ているのかも知れない。良い事だと思う。自身の置かれた立場で現状を受け入れる。これが幸せになるコツかも知れない。この歳になってやっと判る事だ。

勿論若い方は、ぎらぎらとした、出世欲や、金銭欲があっても一向に構わないが、60歳も半ばになると、それでは息苦しくなってしまうだろう。

すくなくとも私は。

オッと、つい本当の歳を言ってしまった。
いつも30代のイケメンと書いているので、先ほどのコメントは忘れて頂きたいな(笑い)。

PA280230.jpg

今晩の晩酌はこれ。甘鯛の塩焼きと例によって発泡酒。

私は、この魚は釣った事がない。外房では釣れない魚だ。相模湾からは釣り船が出ているようだが・・・・・。
関西の方にはお馴染みの魚で、いろんな調理法があるようだ。

身が柔らかくて、美味しい。
白状すると、発泡酒1本ではおさまらず、ワインも呑んでしまった。まあ、良いではないか(笑い)

PA280229.jpg

ベランダから見た月が美しい。
上弦の月なのか、下弦の月なのか。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上がって来ちゃう姿が想像出来てしまいます(^o^)
可愛いですね~~

そしてこのマグカップ、前にも記事にしておられましたが
本当に味があって美味しく飲めそう!
美味しいつまみと、美味しい酒と、
可愛い生き物たちで、寿命は確実に延びて行ってること間違いなしですね(´▽`)ノ

Re: まろさん今晩は

そうなんですよ!
俺が俺がと云う感じです。


是はビール専用のジョッキで、丁度350㎜入ります。
マレーシアの錫製のものです。
良くは判りませんが、有名の物のようですよ。

錫製で柔らかい為、直ぐ変形して凸凹になってますが、
冷凍庫に30秒入れるだけでキンキンに冷えてしまます。
義父がマレーシアに仕事で行っていた時の土産です。

それにしてもまろさん、寿命が延びるとは何事ですか?
私は、まだ30代のイケメンなんですよ(笑い)

寿命の話は、あと50年先です!

明後日の金曜日にはブロ友さんと呑む話になってます。
東京駅近辺で飲むときは、ご主人、翔君共々ご参加ください。

肩の凝らないお付き合いは、実に楽しいです。
私はつくづく幸せ者だと思いますよ。

No title

京都では「ぐじ」といいます。
お高い魚です。
大阪や阪神間ではそれほど食べません。
良いものは、ほとんど京都に出荷されるようです。

マレーシアの錫製品は、セランゴールピューター製ではないですか。

Re: さんかくたまご さん今晩は

京都では「ぐじ」と云うようですね。

京都ではいろんな料理法があるようですが、
私は塩焼きにして食べました。

関東でも高い魚なので、めったに食べられません。

ジョッキは、そのようなメーカの物のようです。
もう25年も愛用してます。
冷蔵庫でも2分、冷凍庫では30秒でキンキンに冷えてくれます。

ほんとに、猫の飼い方を知らない方が多くて困ったもんですね。

No title

太郎ちゃんとくらちゃんでなないろさんの取り合いですね! こうなるともう可愛くてしょうがないですよね。
私もそんな風に、犬達を膝に乗せ、鳥を手に乗せて遊んでいるときが一番幸せです。 
甘鯛おいしそうですね。なかなかの高級魚ではなかったでしょうか? うらやましい限りです。


Re: なもこんさん 今晩は

ホントですね。

なもkんさん、9回目の記念日おめでとうございます。


もう可愛くてしょうがないです。
なもこんさん宅のワンちゃん達もインコ達も
みんな可愛くてたまらんでしょうね。

甘鯛は、関東では何時でも手に入るという魚ではないので、
出ている時には購入します。

美味しい魚です。

英国でのお魚事情は如何ですか?
その様なお国事情も紹介して頂けるとありがたいです。



プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク