Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

ゼブラフィンチ・ラボに行ってきた

今日は、ちょっとだけ足を延ばし、さいたま市まで行ってきた。
「ゼブラフィンチ・ラボ」の品評会を見学してきた。ゼブラフィンチと云うのはキンカチョウの事だが、私が子供の頃は(50年以上も前の話だが)、自育しないものとされてきた。現在は、愛好家の方の手によって自育は勿論、数十種類の色変りが作出されている。
この会は、そんな熱き思いをこの小さな鳥に注いでいる方達の集まりだ。

PA260202.jpg


この仔は、鳥友の方の出品鳥で、見事、部門別の主席を取られていた。
現状はパイドだが、もう少しで「サンタクロース」と呼べるようになるそうだ。

まず、喉の処が白く抜けていて、サンタクロースの白髭をイメージさせる。そして胸の処には黒が入り、是で、茶の部分が、赤みを帯びると、丁度サンタクロースの装いとなるとの事だ。良し悪しは素人の私には判らないが、まずは、おめでとうございます。

10.jpg

栄えある総合優勝は、この仔だが、オールオレンジと呼ばれるもので、体全体がオレンジに輝いていた。
皆さん丹精込めて作出されたものだろうが、品評会と云うと、どうしても席次が付いてしまうのはやむを得ない。

この会の会長さんは、気さくで、おおらか、且つ実に面倒見の良い方で、人望も厚いのだと思う。自宅の庭を開放して、品評会の会場として、数十人の方が参加されていた。

禽舎も拝見したが、実に整頓されており、皆、広々としたかごで飼われていた。以前、「オールバード」と云う雑誌で紹介もされており、個人的にも知り合いだ。
こうした会の運営と云うのは、かなり手間もかかるので、現役で仕事をしながらでは、かなりご苦労もあると思う。飄々とこなされているのが、何とも素晴らしい。
また次回も、いろんなゼブラフィンチを紹介させて頂く。

PA260139.jpg

此処の処、百舌鳥の高啼きを何度も聞いてはいたが、なかなか、お見せできるような、画像は撮れなかった。
やっと撮れたと思って、載せてはみたが、とてもとても、皆さんのブログの画像には遠く及ばない。私の持つ、24倍のコンデジではこれが現界だ。

一眼レフもと思うが、現状は此処まで(笑い)。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

かわいい!

なないろ家からのペアから出た子に
そっくりな子がいます。
変わった子かどうかよくわかりませんが
綺麗です(^o^)

来年のピイチク会に持参してみようかしら(^o^) 
キンカは奥が深いですね(^o^)

Re: まろさん今晩は

是非来年のピーチク会に出品してみて下さい。

まろさんfacebookでは大活躍ですね。
最近スマホで見れるようになったので
通勤時に拝見してます。

お友達が沢山で、人柄がよくわかります。

先日は、ご主人と翔君に腹を立てて、
ビールとつまみを片手にプチ家出をされたようですね(笑い)。


> なないろ家からのペアから出た子に
> そっくりな子がいます。
> 変わった子かどうかよくわかりませんが
> 綺麗です(^o^)
>
> 来年のピイチク会に持参してみようかしら(^o^) 
> キンカは奥が深いですね(^o^)

こんばんは。

内藤様のお宅で行われた品評会でしょうか?
是非行ってみたかったのですが、珍しいキンカチョウもいませんので、見に行くだけなのも…と思い行くの諦めてしまいました。
サンタクロース、凄いですね。
キンカチョウはいろいろな種類が沢山いてとても面白いです!

Re: Nana さん今晩は

そうです。
私も見に行っただけです。
いろんな種類のキンカチョウがいて目の保養になりました。

是非次回は見学だけでも良いので訪問されては如何でしょうか。

私は、ジャンボキンカの繁殖をしたいと思ってます。
キンカチョウも奥が深そうですね。
プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク