Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

今日はヒラメを釣りに行った

今日は有給休暇を取り外房の大原までヒラメを釣りに行ってきた。
ゴルフと違い、平日でも乗船料は12000円と変わりはないが、釣り客が少ない為実に釣りやすい。由って有休をとっての釣行が常だ。長栄丸さんに乗船したが、総勢9名での釣りであった。

DSC_0157.jpg

まずは釣果から。
画像の他にもう1枚釣ったが次の画面で紹介させて頂く。
30代のイケメンと書いている以上、覗いて頂いておられる方をがっかりさせる訳にもいかず、アイマスクをさせて頂いた。
勿論、大切な頭部を曝すと、「頭隠して尻隠さず」、いやもとい、「顔を隠して頭隠さず」となってしまうので帽子を被った(笑い)。
本当は釣りには必ず帽子を着用する。
画像の通り大平目と云う訳にはいかないが、まずまずの型と思う。

DSC_0154.jpg

この画像は3枚目がまだ釣れていない時、釣友に撮ってもらったものだ。
右手に持っているのは、小型なので釣り人はヒラメと云わず、ソゲと呼ぶ。どういう意味かは全く分からない。

幸い釣友も1枚釣れたので、めでたしめでたしと云う事になった。

実は、結構良い型のヒラメを船縁まで、引き寄せたが、もう一歩のところで、バラしてしまった。
由って、釣友と、11月になったら再度挑戦する約束をした。

DSC_0119.jpg

朝5時出船の為、2時に起き出して、船宿に着いたのが4時過ぎ。
先日来眩暈がして、「薬を飲んでいる身で無謀だろう」と女房には叱られたが、敢えて敢行。人のいう事はあまり聞かない性質で、困ってしまう。

DSC_0116.jpg

これは、昨日昼に食べたものだが、尿酸値の薬を飲みながら、ビールは飲む、いくら丼は食べるで、全く自己制御が出来ていない。困ったもんだ。

次回も、釣りの話を書かせて頂く。
次回は、あっと驚く画像も紹介させて頂く。乞うご期待。

-
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

はて?

 初平目釣行、釣果おめでとうございます。さて、次回のあっと驚くタメゴローとはいかなるものでしょうか。楽しみに待っておりやす。

Re: 大魔王 さん今晩は

大原は10月1日解禁ですので初ヒラメでした。

何とか恰好が付き、ご近所、友人におすそ分けして喜ばれました。

アッと驚く為五郎~は明日にさせて頂きます。
悲しい勤め人の性で、有休をとった後は、仕事が溜まってまして
19時まで残業をしました(笑い)。



こんばんは( ´ ▽ ` )ノ♪

あ〜!
目を隠しちゃってぇ!
もう、顔出ししちゃいましょうよ♪
楽しみにしてま〜す♪

Re: Tiaraさん今晩は

ダメよ、ダメダメ~

30代のイケメンと思って読んで頂いてらっしゃる方を
がっかりさせてしまうと気の毒なので(笑い

そのうち出します!
楽しみにして下さい。

ヒラメとソゲ

市場で見ていると1キロ以下の子がソゲ扱いのように思います

単に大きさだけでなく魚屋さんがソゲを嫌う理由は保冷方法に気をつけないといけないからだそうです アジ、イワシ、サンマなどは氷水の中でドン冷えにして並べてあります
立派なヒラメなら、無知な素人が購入後の氷がとけて氷水に浸かってしまっても身が変になることはありませんがプロとしては展示の際は水没しないように穴のあいたケースで大きめの氷の上に置くかたちでしか展示しません ソゲの場合は激安と喜んで多めに買って氷も多めで‼️なんてお願いして水没させてしまったら身がおからのような感じにやわらかく変わってしまう子がチョイチョイでできてしまいます

保冷管理も大変で素人さんからのクレーム対応も面倒なので魚屋さんはいくら安くても仕入れたがらないのだそうです

臨時営業日や台風後などで入荷が少なすぎて社長さんが暇死にしているときに市場に寄って聞いた話です 参考まで✋

Re: 翔ちゃんまま さん今晩は





仰る通り、釣り人も1kg以下をソゲと呼んでいます。

しかしながら、900gはまずくて1kg以上は美味しいと云う訳ではないようです。

しかし翔ちゃんママさんはいろんな知識をお持ちで、コメント参考になります。
名前の判らない花を載せると、すかさず教えて頂いて、感謝感謝です。

船橋市場は私も行ってみたいのですが、まだ、行ったことが有りません。
船橋には5年間勤務していましたので、定食屋のおばさんや、すし屋のおじさんにはいろいろ話を聞いています。

船橋勤務の時は、目と鼻の先に図書館があり、新刊本をよく購入して頂きました。
あと6年、70歳まで働かされそうなので、また船橋に転勤希望を出そうと思ってます。








漁法の違いについて追記です

説明が足らない点があり。。

市場でソゲ扱いなのは網で大量にあがった分です

アジだと網でとれた分は一本釣りのものとは価格で言えばキロ500円と3000円ほど違います
マグロだと何かの間違いで網にかかったカジキやメバチは縄でとれたものよりも商品価値がかなり下がります
以前、網で捕まったレアな激安カジキ買ってみましたが確かに変色が早かったです
でももともと身がしまっている方が美味しい類の魚ではないのでno problem です

理由は聞いていませんが網でとったものは変色も身が緩むのも早いそうなので一本釣りのヒラメなら1キロ以下でも身が緩む心配はないのだろうと思います

ちなみに私はアジは一本釣りのでないと飲み込むのが苦痛なのですぅ😖鮮度抜群でもムリなのです

一本釣りアジは高価ですが負けないくらい美味しくてお値段は半額以下、狙い目なのが天然小シマ(大きめのアジくらいの大きさのシマアジ)です

台風のせいで先週今週は市場もどうにもなりませんが海のコンディションがよくなってから、ご希望なら土曜日の市場案内させていただきますよ👍集合時間は5時半どぇす💨

Re: 漁法の違いについて追記です

翔ちゃんままさん、またまたコメント有難うございます。

釣り魚と網で捕った魚では、根本的に違います。
たとえばヒラメで説明しましょう。
先日の画像で、船の中で撮影されたヒラメと、陸上で撮影されたヒラメの色を見て頂ければ、一目瞭然です。
前者はまだ生きてぴんぴんしてます。後者は〆た後なのでもう死んでます。

釣ったヒラメは、大きな樽に入れて生かしておきます。海水が常に樽に注水されてます。
釣りが終わったところで、頭の付け根に包丁を入れ、背骨を切ります。同様に尾鰭の付け根も背骨を切ります。それに由って、完全に血抜きをします。したがって捌いた時にも身は真っ白です。

家に持ち帰る時は、クーラーボックスに海水を入れ、魚がヒタヒタになるよう、ペットボトルを凍らせたものを入れて氷温で持ち帰ります。

網で捕れた魚は、網にかかった段階で暴れて死んでしまうので、其処から鮮度は落ちてしまうのです。

アジやサバも同様にして生き締めをします。特に青魚は傷みが早いので大事な作業です。
釣ったサバは、酢でしめなくても刺身で食べられます。
我が家の子供たちも、私が釣ってきたアジで作ったタタキを食べてからは、店で買ってきたアジでタタキを作っても、生臭くて美味しくないというようになってしまいました。

釣り人はそういう意味で大分舌が肥えてしまうので、良し悪しです。

新宿勤務の時は小田急の鮮魚売り場をよく覗いてましたが、ちゃんと釣りアジと表示して何倍もの値段で売ってます。

船橋の市場の場所は存じてます。前の勤務地は、図書館のはす向かいにありまして、多分1kも離れてなかったと思います。

翔ちゃんままさんとは、鳥の話だけでなく、魚の話も出来そうですね。これでお酒がいける口なら、もう最高です。

プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク