Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

フレブル君に会った

DSC_0086.jpg

先ほど、またフレブル君に会った。
先日紹介したフレブル君と違う仔だ。男の子で10歳だそうだ。我が家のボブは12歳であることを話し、お互い長寿を称えあった。
フレブルは、無理に体型を作られてしまっ為、短命の子が多い。特に暑さに弱い。この仔の飼主さんも、やはり夏の暑さには気を使っていて、留守にする時でもクーラーをつけているそうだ。

私が思うに、暑さもそうだが、風の流れがないとまずいようだ。
6年ほど前だが、5月の連休に幕張メッセで、ペット博があった時ボブを連れていった。会場は温度調節はされていたのだろうが、ボブ君ぜいぜいやりだして、舌が紫色のなってしまい、慌てて早々に退室した。
それ以降、我が家では、扇風機と冷風機を使用して、冷気と風の流れを重視している。

この子の飼主さんも、ボブの元気な歩きっぷりには、びっくりされていた。この子はもうあまり歩かなくなり、へたり込んでしまうことが多いそうだ。画像でもわかる通りなんとなくしょぼついた感じがする。
20分程、情報交換し、お互い、また元気で会えることを願いつつお別れした。

認知症の検査の結果報告

昨日は、年休をとって認知症診断で定評のある科研病院に行ってきた。
MRIの検査後、診断結果を聞いた。認知症の方は脳の海馬 と呼ばれる部分が縮小しているらしいが、そんなこともなく、血管に異常なし、脳梗塞の跡もなし、テスト結果も異状なしで、年齢から見て実に良好な状態だそうだ。

3回の医療費は15,000円ほどなので、60代の方には、検査されることをお勧めする。健保が効くので、脳ドッグを受けるよりかなり安い。
先日の太郎ちゃんとウロコインコのPBFDの検査料が、16,400円なので、ほぼ同じ金額だ。インコの命も大事だが、飼い主が元気であればこそだ。気になっていたβアミロイドは、検査項目に入っていなかったそうだ。ごく限られた病院でしか検査できない様で、認知症に罹った方を検査すると結果としてβアミロイドが増えているとのことだ。

次回は何時ごろ検査を受けたらよいか聞くと、周りの人から異常を指摘されてからで良いとのことであった。そんなことであれば、また来年女房に指摘してもらおう(笑い)

DHAとかEPAとかのサプリメントは効果があるかどうか伺ったところ、向こうは商売だから宣伝するが、何でも過剰にとるのはよくないとバッサリであった。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは

フレブルが流行って若い子を見ることは多いけれど、ご長寿フレブルくんが2頭揃うことは珍しいですよね。
こちらはどんなに暑くたってエアコンも扇風機もなしで過ごせるので、気をつけるのは散歩のときだけで、日本に比べると楽なものです。
ボブ君を見るたびにうちの子達もこんなに元気に10歳を迎えてくれたらと切に願います。
認知症の検査、何もなくて良かったです。といってもご趣味も多く、いかにも活発なななないろさんは脳も体もきっと心配されなくても大丈夫だと思いますよ(*^^*)

Re: なもこんさん 今晩は

フレブルは手入れも楽で性格が良いので、人気が出て当然と思います。
ただ、人気が出てくると繁殖に使ってはいけないような欠点を持った子でも
繁殖に使ってしまうので、良し悪しですね。

ホントに10歳越えのフレブル2頭が、散歩で出会う事も珍しいと思います。
遠くから見かけたことは何度かありましたが、顔を合わせたのは初めてでした。

なもこんさんんがお住まいの処は、夏涼しくて北海道のような感じなのでしょうか。
しかし、最近北海道も高温になることもあり、気候変動の予兆を感じます。

やはり健康第一ですので、食べ物には気を使ってます。
尤も、尿酸値を下げる薬を飲みながら、ビールを飲んでいる様では
威張れたものでもありませんが(笑い)
プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク