Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

ソロモンオウムの甘え声

久しぶりに動画アップします。



ソロモンオウムの太郎ちゃんだが、かなり甘えん坊で、未だにピーピーと甘え声を出す。
動画をアップしたのでお聞きいただきたい。
ただ、TVの音声が入っているので聞き取りにくい。まあ、素人の撮ったものなんでご容赦頂きたい。



勿論、悪戯もするようになってきた。このパソコンデスクは、いろんなインコ達の悪戯の跡があり、そのたびにテープを貼って凌いでいる。

P9070945.jpg

ウロコインコの雛は大分大きくなってきた。
今朝は♀も巣の外に出ていたのでヒナの数が確認できた。どうやら2羽だけだと思う。
パイナップルか、ワキコガネカはまだ判らない。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カワイイ♪

ソロモンオウムの幼鳥さんはこんなにかわいい声で甘えるんですか!
うちの周りの幼鳥オウムたちは「ガーガー」みたいな感じの声なので、結構引いちゃいます・・・(笑)
太郎ちゃんに、こんなかわいい声で甘えられたら、なないろいんこさんがメロメロになるのも無理ないですね!
秋の小鳥祭りに参加とのことで、良いですね!人気者で人だかりができちゃいそう・・・
いろいろと、ガリガリされてしまって大変でしょうが、可愛いから許しちゃいますね!
そういえば、だいぶ前から、新しい英語として「カワイイ」ってオックスフォード辞書にも載っているんですよ。若い女性たちhが「Kawaii」って使ったりします。(あと、「ヒキコモリ」も辞書に入っているそうです。)

太郎ちゃんのPBFDの検査結果、なないろいんこさんの認知症のリハビリ検査、共に異常なくてよかったですね。
まさか、なないろいんこさんが認知症だとは誰も疑っていないでしょう。物忘れはどうしても出てきてしまいますからね。
4年前に帰国したときに、亡くなった母を認知症の検査に連れて行きました。お医者さんが私に丁寧に説明してくれまして、数字や人の名前などは物忘れの影響があるけれど、認知症っていうのは、あの図形の問題で大差がでるそうですよ。
長々と失礼しました。

Re: アンティー さん 今晩は

実は私もっビックリしてるんです。
こんな声で甘えるとは思ってもみませんでした。

今まで、白色オウムは、タイハクオウム、フィリッピンオウム、コバタン2羽、オオバタンと飼った事がありますが、こんな鳴き声は出しませんでした。
雄叫びを上げたのはタイハクオウムだけでした。

秋の小鳥祭りに連れて行こうとは思ってますが、沢山鳥が集まるため、PBFD感染予防対策が必要かと思ってます。

「カワイイ」「ヒキコモリ」は輸出後になったんですか。「マンガ」も通じるようですね。

認知症の検査は100から7を引いていく計算に始まって、かなり複雑な図形を真似て書かせるものがありました。
それを30分後くらいに再現させる作業もあって、全部は書けないと云ったら、全部再現出来たら天才ですと云ってました。
今回の検査で気が付いたことは、時間がたったものを覚えているかどうかを診るために、時間をおいてから再度検査するというのが主流のようでした。

そうですかお母様を検査にお連れしたんですか。
一般的には誰かに付き添われてくる方が多いようで、初診の受付の時「お一人ですか」と聞かれました(笑い)。

水曜日にはMRIを撮って脳の委縮や、脳梗塞や腫瘍による脳の圧迫、等を診て頂けると思います。
結果の如何に関わらず公表します。

No title

え?このピーピーというのがそうなのですか?
かーわーいーいーーー!!
私もガーガーだと思っていました。
鳥って見た目ではわからないのですねえ。
オカメでもジャージャーだから、
大型は全部ガーガーかと思っていました。
キンカより可愛い声ですね(^_^;)

理学療法士の妹から、「お姉ちゃん試しに100から順番に7弾いてみて」と昔言われて、早々に引っかかった事があり、
それ以降自分でもやってみるのですが、
やっぱり私も検査に行こうかしら。
猿蟹合戦も言ってみて、とか
面白いテストでした。

そういえば、秋の小鳥祭りですが、
鳥を飼っている人は持参してもいいのですねえ。
先日そういう方を見かけたので、確かに太郎ちゃんの
感染予防対策は必要ですね。
当日、翔は事があり遅れてきますが、
お会いできるのを楽しみにしています。
(本人は用事に大ブーイングです)

Re: まろさん今晩は

そうなんです。
このピ~ピ~啼いているのが、太郎ちゃんの甘えなきなんです。

認知症の検査はなかなか面白かったですよ。
私の場合は、猿蟹合戦ではなく、検査技師の方が
文章を読んで、その通りに話すテストがありました。
いよいよ明日はMRIの検査です。結果はまたお知らせします。

秋の小鳥祭りにはぜひ愛鳥を連れて出品してみてください。
会員以外の方もokです。
キンカチョウがうまく手乗りになっていれば、人気が出ると思いますよ。

太郎ちゃんの予防策は現在検討中です。

そうですか、遅れてしまう翔君が、一番残念がっているでしょうね
プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク