Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

太郎ちゃんファッションショー第五弾

先日、山口県の鳥友さんから電話が入り、お叱りを受けた(笑い)

「ここん所、オウムの話ばかりなので、もっと他の鳥の事も書け」との事だ。
残念ながら、今年は、環境を整えたつもりが、かえって悪くさせたのか、小さなインコ達は、悉く無精卵だ。

わずかに、ウロコインコが健闘して現在2番子の抱卵をしている。ウロコインコは以前から玄関で飼っているので、環境が変わっていない。

P8050605お

そんな訳で、もう飽きたと云われそうだが、太郎ちゃんのファッションショウ第五弾。
今回は、顔つきも賢そうに見えませんか。単なる親ばかかな(笑い)。

正直、以前、どのフライトスーツを紹介したか忘れてしまっているので、ダブっているかもしれない。
いずれにしても4枚あり、リバーシブルなので8種有る。由ってまだまだ続く。悪しからず。

P8050586y

画像はいずれも日曜日の物だが、ボブの散歩に同行させた。
またまた、皆さん太郎ちゃんを温かく迎えてくれた。

先日ブロ友のヤスさんから、「ヨウムと違ってオウムは派手だから人気者になりますね」とコメントを頂いた。
ヨウムとオウムは一字しか違わない(笑い)

大きな違いは、ボブが皆さんと顔なじみになっていることだと思う。

ビルマの竪琴のようにオウムを肩に乗せて歩いていたら、多分、普通の方は、少しおかしな人間かと思って、さっと避けるかもしれない(笑い)。

話は、横道にそれてしまうが、映画では、中井貴一扮する水島上等兵が肩に乗せていたのは、ボウシインコだったような記憶があるが、私の記憶違いだろうか。映画を見ていないが、宣伝か何かで見た記憶がある。ボウシインコは中南米の鳥なので、ビルマであれば、白色オウムでなければならない筈だ。分布を調べれは、しかるべきオウムの名前が出てくると思う。

つい先日のNHKの「ダーウインが来た」でも、間違いがあったと思う。「ヒョウモンダコを襲って食べてしまうカレイ」と説明されていた。あの画像を見た限りでは、はっきり判らなかったが、いくら小さなヒョウモンダコとはいえ、襲って食べるとなると、おちょぼ口のカレイでは無理なような気がする。多分ヒラメの誤りではないかと思われるが、如何なものだろうか。
ご覧になられた方も沢山いらっしゃると思うので、ご意見を賜りたい。

P8050576い

これも日曜日の画像だが、ボブのお散歩で会う、おばさんの腕に止まられて頂き、ご満悦の様子だ。
おばさんと云っても、私よりは大分若いようなので、単に女性と書くべきところなのだろう(笑い)

セラピーバードとして着実に進歩している。

     
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは。
太郎ちゃん、凛々しいお顔になってきましたね。

一文字違いでも恐い顔で神経質なヨウムと違って優しいお顔で人懐っこいオウムちゃんは人気者になるでしょうね。(^^)

カンナはハトだけでなく、たまに色合いとクチバシの形から猛禽類と間違えられることもあります。(汗

若い人に良く言われるのが「それ、本物ですか?」です。
その時私は「こんなぬいぐるみを肩に乗せて歩くオジサンだったら恐いでしょう」と答えることにしています。(笑


No title

子供の頃母と映画をみて印象に残っているのですが、
鳥を乗せていた記憶がなくて調べてみました。
キボウシインコでしょうか、2羽も乗せてますね。
アマゾンなのにー!

そういえばつい最近も毎日小学生新聞に
「(サッカーを)オウムも応援しているよ!」と
インコの写真がデカデカと載ってまして、
息子と「間違いを指摘するべきかどうか」と話しました。

オウムもインコも、アマゾンも白色も
知らない人にとってはどうでもいいのですねえ。
知っている人には気になって仕方ないですが(^_^;)

太郎ちゃん、近所でどんどん有名になってますね。
いいですねえ!!
9月には是非ともお目にかかりに伺いますので、
よろしくお願いしますm(__)m

Re: ヤスさんお早うございます

ヨウムは人見知りする子が多い中
フライトスーツを着けて外出できるだけでも
カンナちゃんはすごいですよ。

ヨウムの魅力を皆さんに教えてあげて下さい。

私は大型インコをたくさん飼いましたが、
フライトスーツを着けられたのは
太郎ちゃんが初めてです。

おっしゃる通り、ぬいぐるみを肩に乗せたおじさんは
最高に怪しいですね(笑い)。

Re: まろさんお早うございます

私は「ビルマの竪琴」の原作を読んでいないので、
何と云う表現になっているのか、どんな色と書いてあるのか
判りません。

もし青いオウムと書いてあるなら、
地域から言って、大ホンセイインコ(インドオーム)とか
ダルマインコとかをイメージして書かれたのではないでしょうか。

9月の小鳥祭りには連れて行こうと思ってます。
またよろしくお願いいたします。


ホント✖︎2 最高に怪しい笑

ご無沙汰でぇす^ ^

近くの実家との行き来の際によくウロコインコを肩に乗せて出かけます
昨日もそうして出かけたときに、お孫さん連れのおばあちゃんに会いました
そのとき、お孫ちゃんは冷やかな目で見ているのだと感じたのですが後から聞いたら、あんなに懐いていて可愛いインコ欲しいなぁと言ったそうです
横目でチラ見しながら足早に去ったのはオバちゃん(私)に話しかけられるのがイヤだったからだった。。ハハ

Re: 翔ちゃんまま さん今晩は

こちらこそご無沙汰してます。

子供も年齢によって、非常にシャイになることがありますよね。
その子も丁度そういう年頃だったのかもしれません。

そうですか翔ちゃんままさんもウロコインコを
肩に乗せて外を歩くことがあるんですね。

私は、太郎ちゃんだけだと怪しまれれるので、
フレンチブルの散歩のときだけ連れていきます。

犬と、オウムのリードを持って、
更にカメラでパシャリと撮るんですよ(笑い)

皆さん絶対変なおじさんと思ってますよ。
このブログを覗いていただく方は、
皆さん、同士のような方たちばかりでしょうから、
安心してますが(笑い)。


プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク