Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

ツバメの雛が育っていた

P524012213


一昨日紹介したツバメの巣だが、今朝見たらもう親鳥の姿がなかった。
何か事故でもあったかと思って心配したが、ちょっと待っていたら、親鳥が飛んできて雛に餌を与えた。もう温めなくても良い大きさまで育ったようだ。

こうなると、両親揃って餌を運ぶのでヒナの成長もあっという間だ。あと何日もしないうちに、巣からこぼれ落ちそうなまでに育ってしまう。

野鳥の成長はとにかく早い。外敵に狙われる可能性を最小限にする必要があり、またそれが出来た鳥が進化の過程で生き残ってきたのだろう。

P5240129.jpg


先日紹介したアキクサインコだが、今朝はここまで大きくなっていた。巣立ち間近そうだ。
それにしてもアキクサインコは、巣箱を汚す。ヒムネキキョウインコは全く巣箱内にフンを残さない。同じオーストラリアンパラキートでありながら不思議だ。

ヒナの成長は早い。前回の画像からたった1週間間でここまで育ってしまう。それでも、木のうろで仔育てするインコたちは、割合巣立ちが遅いほうだ。何故なら、大きくなっても完全に飛翔力ができるまで巣立ちしない。

一方、同じ木のうろで子育てするフクロウ類は、まだ産毛の状態でまったく飛べないうちに巣立ちをしてしまう。その為に、「ヒナが落ちてました」などと云って、届られることがあるようだが、殆んどの場合、すぐ近くに親がいるので、保護してはいけない。

最も、当ブログを覗いていただくような方には釈迦に説法だろうが。
         

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

いやっ
つばめかわいい~っと思ったら
アキクサインコのヒナちゃんたちもかわいいi-189
すっごく綺麗なインコですね

すずめも巣から離れたら巣立ちらしいですね
う~ん

・・・心配で心配で行方を見届けるまで動けなくなりそうですi-229
物陰から見守ってしまうなあ
外敵が来たら自分を抑えられるかどうかわかりませんi-238

我が家のインコチャンを飼うきっかけになったのが
二年前のスズメ保護でした…
家の通路でカラスがクーラーの室外気?
にむかって鳴いててあまりにうるさいから見に行くと
小さなスズメが裏にかくれてて拾い上げたのがきっかけでした
その後カラスは来ませんでしたが
スズメの親達が凄い近所とびまわってしまい
ベランダから屋根に乗せようとしてもおちてしまうので毎日ベランダで親スズメに見せて
餌はホームセンターで買ったのをほぼ今考えると無理矢理たべさせてました
一週間後ベランダにいつもどうり出すと急に何もなかったかのように向かいのスズメがいつもたむろしてる屋根にとんでいってしまい
悲しくなり、しかも、それから何ヵ月かベランダに大量の糞をおとされると言う…(笑)
やってはいけないの理由が今でははっきりわかります。
それがインコチャンを飼うきっかけになり今我が家にいる可愛い子を飼うきっかけになりました(笑)
ツバメちゃんかわいそうですね
いい場所見つかるといいな(≧□≦)
アキクサインコちゃん可愛いですね
成長早いですね
今日いきたかったです!来年こそ!
場所はしらべたので来年楽しみにしてます。

Re: おかめパッチ さん今晩は

小鳥はみんな可愛いので、
ついつい段々数が増えてしまいます。

野鳥は自然の摂理に従い
本能で生きていますので、
怪我をして保護されたり、
無理に巣を壊されて落ちてしまったような鳥以外は
手を出さない方が良いのでしょうね。

まれに、餌を捕れなくて弱って飛べなくなったフクロウなどが保護されますが、
強制的に餌を上げるとすぐ回復できます。




> いやっ
> つばめかわいい~っと思ったら
> アキクサインコのヒナちゃんたちもかわいいi-189
> すっごく綺麗なインコですね
>
> すずめも巣から離れたら巣立ちらしいですね
> う~ん
>
> ・・・心配で心配で行方を見届けるまで動けなくなりそうですi-229
> 物陰から見守ってしまうなあ
> 外敵が来たら自分を抑えられるかどうかわかりませんi-238

Re: ソラちゃんさんリコメ遅くなって申訳ありません

リコメが遅くなりまして申し訳ありません。

ここのところ沢山コメントいただいていたので、
早くいただいていらソラさんのコメント見落としていました。

雀の場合も割合早く巣立ちしますが、
今回の場合はソラさんに救われたのだと思います。

近くに親がいて、猫やカラスの危険がある場合には、一時的にかごに入れて
安全なベランダなどに置いておくと、そのまま居親が来て餌を与えます。

但し、この場合は気を付けなければならないことがあるので、
後日ブログで書きますのでご覧ください。

来年の小鳥祭りには是非お越しください。
お待ちしています。


> 我が家のインコチャンを飼うきっかけになったのが
> 二年前のスズメ保護でした…
> 家の通路でカラスがクーラーの室外気?
> にむかって鳴いててあまりにうるさいから見に行くと
> 小さなスズメが裏にかくれてて拾い上げたのがきっかけでした
> その後カラスは来ませんでしたが
> スズメの親達が凄い近所とびまわってしまい
> ベランダから屋根に乗せようとしてもおちてしまうので毎日ベランダで親スズメに見せて
> 餌はホームセンターで買ったのをほぼ今考えると無理矢理たべさせてました
> 一週間後ベランダにいつもどうり出すと急に何もなかったかのように向かいのスズメがいつもたむろしてる屋根にとんでいってしまい
> 悲しくなり、しかも、それから何ヵ月かベランダに大量の糞をおとされると言う…(笑)
> やってはいけないの理由が今でははっきりわかります。
> それがインコチャンを飼うきっかけになり今我が家にいる可愛い子を飼うきっかけになりました(笑)
> ツバメちゃんかわいそうですね
> いい場所見つかるといいな(≧□≦)
> アキクサインコちゃん可愛いですね
> 成長早いですね
> 今日いきたかったです!来年こそ!
> 場所はしらべたので来年楽しみにしてます。
プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク