Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

アキクサインコがまた繁殖を始めた

 004

アキクサインコがまた繁殖を始めた。
巣箱に出入りしている。これからどんどん寒くなるというのに、大丈夫だろうか。我が家は屋外での無加温飼育の為、麻の実やエッグフードを冬場欠かさずあげるので、鳥によっては繁殖を始めてしまう事がある。全て鳥任せなので、やむを得ない。雛が3羽か4羽かいると寒さにも耐えられるが、1,2羽だと上手く育たないこともある。

 005

アキクサインコの雌雄が判別できる時期に来た。遺伝的に最初から判る子もいるが、そうでない仔もいる。ローズの場合は、外見上も、遺伝的にも判別できない事が多いので、行動を見る事になる。
数ペア余剰が出るので、もし繁殖を考えている方がいらっしゃればお譲りできます。小鳥屋さんとは違うので格安です。

006

我が家の裏で、建築工事が始まった。今まで駐車場であったので、裏庭でも、綺麗にバラが咲いた。今年の5月7日に紹介させて頂いた通りだ。このままにして置けば、枯れてしまうのは目に見えているので、大幅に剪定して、表の庭に植えかえねばと思う。


002

今年の5月7日の画像がこれだ。
この場所は10年ほど前、アパートが建っていたところが駐車場になった。その為に、こんな綺麗なバラを咲かせる事が出来た。
自分の土地ではないので、如何ともし難い。何れにしても、今まで駐車場であった事に感謝しなければならない。
気に入っているバラなので、何とか再生させたい。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんばんは

綺麗なバラですね。
日当たりが良かったんでしょうね。
本当に枯らすのはもったいない話です。
植え替えて、また見事な花をつけてくれるといいですね。

Re: Tiaraさん今晩は

北西の側で決して日当たりが良い訳ではありませんが
駐車場であった為、通風が良く
毎年きれいな花を咲かせてくれていたんですよ。

正月休みにでも剪定して植えかえようと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんばんは

地植えバラの移植方法をとのことですが、かなりの大株ですね移植によって枯死することもある程度覚悟しないといけないかも知れません。
植えてある場所の状態がわからないのでなんとも言えませんが見た限りでは(移植には)あまり良い状態ではないと思います。
長年庭に植えられていたバラは根が大きく(長く)張っていてると思われます、そうすると幹付近は太い根ばかりで養分安い分をを吸収するヒゲ根がその長く伸びた先にしかない場合が結構あります(私の経験です)水を切らしぎみに育てるとその傾向が強くなります。
この時期であれば移植には一番良いので今しかないと思います。
具体的な方法ですが。
剪定は、クラウンから上30cmぐらいで切ったほうがいいと思います。
根は多分塀の下まで入っていると思うので結果的にはかなり切ってしまう事になると思います。
出来るだけ大きく掘ってヒゲ根を残してください。
ヒゲ根がほとんど残せなかった場合、根をしっかり水につけたあと新品の赤玉土に植えつけます(肥料の少ない土のほうがバラが一生懸命根を伸ばすようです)、植え付け後は水を切らさないようにして、芽が伸びだしてから肥料をマルチのように地面に撒きます。
いずれにしても掘るのが大変な作業になると思います、ヒゲ根をどれだけ残せるかの勝負です。

Re: 禽吟亭ベタ羅さん、ご指導有難うございます。

早速ご指導頂きまして有難うございます。
建物と塀の間は1m位しか有りません。
この正月休みにチャレンジしてみます。
まだ5年位の薔薇ですが、下の方は、親指より太い幹になってます。

何れにしてもこのままでは、枯れてしまう運命でしょうから、
頑張って出来るだけ深く掘り上げてみます。

あとは赤玉土をたっぷり敷き込んで、植えてみます。
ご指導有難うございました。
プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク