Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

ガンバレ、都会っ子先生



「ガンバレ、都会っ子先生」
今日の朝日新聞夕刊の記事だ。東京都江東区の小学校を例に引いている。周囲の少ない自然環境を少しでも補おうと、学校がザリガニを購入し各教室に配ったが、若い教師が触れずに、もっぱら児童に飼育を任せていると云う話を載せている。

東京都教育委員会は、採用内定者に理科の苦手克服口座を開いているそうだ。始めた昨年は、任意参加だったが、今年は、ほぼ全員を対象にしているそうだ。

これは、都会育ちとか田舎育ちとかの問題ではないと思う。いくら都会でも、人の住む所、虫のいない所はないだろう。何も知らない幼児は、ゴキブリだろうが青虫だろうが怖がらない。それは、そのような虫に出会った時、親が怖がって見せるから、「虫と云うものは、怖いものだ」と思う様になる。

我が家の娘、3歳の頃、あした葉に沢山ついていたアゲハチョウの幼虫をつまんで、掌に乗せて遊んでいた。最終齢のアゲハの幼虫は、私の小指よりは大きいし、つまむと、オレンジ色の角を出して相手を脅かそうとする。それを見た親戚一同、「この仔はすごい、流石あんたの子だ」と言っていたが、種を明かせば何でもない。要は親が怖がると、幼児も動物的な感で、察知してしまう。

一度怖いと思った子は、時間を掛けて馴らさないといけない。

先生、頑張って。

DSC_0458.jpg

今、巨人と楽天の日本シリーズを見ているが、例によってくらちゃんTVの前に陣取っている。しかし、尻尾の位置がビデをのセンサーの位置とずれているので問題ない。因みに、ビデオのセンサーは向かって左端の赤いランプの位置。

巨人ファンの会社の子が、昨日も今日も見に行っている。現在7回裏で5対5だ。さあ、どっちが勝つか。明日どんな話が出来るか楽しみだ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

先生が触れないって、そんな現実なのですね!
非常に驚きました!!!!!
小学校の理科は蚕の飼育が楽しかったですが、先生触れないの~???
フナの解剖とか、、、気絶モノ?(笑)

Re: アンテイーさん今晩は

先生も人間ですので、
得手、不得手てはあるのでしょう。

フナの解剖の話が出る処を見ると、
私とそれほど年齢が違わないのでしょうか。

間違っていたら、ゴメンナサ~イ(笑い)

兎に角、アンテイさんのブログは、
そのまま、出版できるような素晴らしい画像にあふれてます。
毎度楽しみにさせて頂いてます。




> 先生が触れないって、そんな現実なのですね!
> 非常に驚きました!!!!!
> 小学校の理科は蚕の飼育が楽しかったですが、先生触れないの~???
> フナの解剖とか、、、気絶モノ?(笑)

No title

私は子供時代を大阪と香川で過ごしたのですが、
確かに誰も何も怖がってなかったですね。周りの人たち。
母の実家にいた巨大蜘蛛だけはどうにもダメでしたが、
日ごろそんなに見るわけでもないですし(^O^)
先生が怖がるって…怖いものは怖い、と思うんでしょうけど、
なんだかやりきれませんね~。
私はアゲハ蝶の幼虫の、オモチャみたいな目が大好きです♪

ゴキブリもピンクとか水色で、いい羽音で鳴けば嫌われないでしょうに… 息子1歳時に、すぐ横にゴキが居たとき、
驚きを隠しつつ息子を抱き上げて、彼が触ろうとするのを止めるのに必死だったのを思い出しました(^O^)
知らないからしょうがない、とは思いましたが(^O^)

くらちゃん(^O^)もう迷惑といわれても何と言われても
この位置が大好きなんですね!かわいいですねー

Re: まろさんコメント有難うございました

やはり、子供のころの体験が
その後、一生つき纏うという事になるのでしょうね。

その役割は父親も母親もになってますが、
どうしても母親の影響がより一層大きいと思われます。
その点、翔君は筋金入りですね。

もうTV台はくらちゃんは、くらちゃんの定位置です。



プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク