Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

ヨウムのはなちゃんは蒸かしいもが大好きだ。

 005

この画像を見て皆さん何と思われるだろうか。
おやおや、なないろは、鳥ブログから、「おやじの台所」にブログを切り替えたか、と思われるかもしれない。
どっこいそうではなく、ヨウムの飼い方の話だ。

ヨウムのはなちゃんは蒸かしいもが大好きだ。
蒸かしたサツマイモを人肌(鳥肌か)にして小指の先くらいの大きさにしてあげる。鳥を飼われている方はご存知の通り、発情期になるとオスは♀に口移しで餌をあげ、♀は喜んでそれを受け取る。それと同じ状況で、飼い主の手から、愛のプレゼントをもらって、ゴクゴクと呑みこむ。

我が家では、これを小さく切ってから、冷凍庫に保管して置き、解凍して温めたものを前述のようにあげている。とても喜ぶので試して頂く価値はあると思う。
ポイントは、温かい事。つまり♂から、口移しで餌ををもらう時の感覚に似ている事が大事だ。
手乗りで飼われている♂は、♀がいないと、飼い主に餌を食べさせようとして飼い主の体に吐き戻しをする。いくらインコが可愛くても、それを食べてあげられる飼い主はいないと思う(笑)。

手乗りの鳥は性別鑑定をしていなくても、発情した時の行動で雌雄の判定が付く。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは~

発情期、そういう特性があるんですね。

男性がオス飼うと、
滅入りそうな...

お芋が美味しいこの時期、
ともに楽しめていいですね~

Re: flowerhさんコメント有難うございます

手乗りの鳥は、飼い主を恋人と思ってますので

吐き戻しをくれたりします。

コンラッド・ローレンツ博士は、

コクマルガラスが口にミールワームと椿をこねたものを

突っ込んでくれると書いてます。

口で受け取らないと、耳の穴に突っ込まれるのだそうです。

プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク