Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

ヒムネキキョウインコ:真夏の子育て

004

真夏の子育てをしているヒムネキキョウインコだが、飼い主の心配をよそに、順調に育っている。
子孫を残す執念で結果的に真夏の子育てとなってしまった。秋草インコは秋にも繁殖したがるが、ヒムネキキョウは、秋の繁殖は、私の知る限りではしない。むしろ真冬の1月頃から繁殖に入ってしまうペアもいる。秋草インコも、ヒムネキキョウインコも同じオーストラリア産だが、繁殖パターンは違うようだ。

何はともあれ、ここまで育ってしまえば、巣立ちまであと1週間もかからないだろう。

しかし、生き物をたくさん飼っていると、正直結構世話をするのは大変だ。昨日は休みであったにも拘らず、あまりの暑さに、水の交換だけした。由って、今朝は4時半に起きて餌の交換、麻のみ、ボレー粉の補給などをした。
冬になると水替えも2日に1度位でも大丈夫になるのだが。
鳥は、手入れの良し悪しが直ぐに結果が出てしまうので、怖い。

 003

先日、剪定した新枝咲のクレマチスが、早くも新芽を伸ばしている。9月にはまた沢山花を付けてくれるのを、楽しみにしている。
植物も手入れの良し悪しがすぐに結果に出てしまうので、やはり怖い。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク