Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

ヒムネキキョウインコ:真夏の子育て



昨日は呑み会の為、ブログ更新でなかったた。
今日も暑い1日で、何もする気が起きなかったが、屋外で働いている人の事を思えば、そんな事も言っていられない。鳥の水は毎日交換しないと、すぐ悪くなってしまう。

先日来紹介しているヒムネキキョウインコはこの暑さの中でも順調に育っている。
ご覧下さい。ちゃんとお互いに別れて、居場所を決めている。これが寒い時期だと、一塊りになって、お互いに温め合っているのだが。

これも自然の知恵だ。

DSC_0253.jpg

茶碗蓮は3日ほどで散って現在この状態だ。種が6個付いているという事だろうか。
1輪しか花を咲かせなかったが、これで終わりなのだろうか。

種と言えば、縄文時代の遺跡から出土した蓮が、大賀博士の手によって見事現代に復活したが、
蓮は地下茎で増えていくので、今は何処でも見られるようになった。

DSC_0228.jpg

茗荷もいま真っ盛りで、今朝もこれだけ採れた。少しづつ長期間取れてくれると有難いが、
そううまく行ってくれる訳もない。
相変わらず、横着者なので、花が開いたものだけ採っている。

ボブもこの暑さはかなり堪えているようで、水を飲ませながらの散歩だ。
あと1月ほどの辛抱だろうか。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク