Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

ウロコインコは完全一人餌になった。

 001

我が家に残ったウロコインコだが、完全一人餌になった。
奥に写っている仔は♂でブルーの因子が入っているので我が家に残した。
来年は何が何でもブルーの雛を育てたいと思っている。

しかし、この様にして家族が増えていくので、私の肩身はますます狭くなるばかりだ。
そのうち「庭に小屋を建てて、そこで鳥と一緒に住みなさい」なんて言われそうだ(笑い)。
それも乙だな!


006

イヌビエが実る季節になった。
このイヌビエの穂は、インコもフインチもみんな大好きだ。やはり乾燥した皮付きの餌とは、一味も二味も違うのだろう。
人間だって新鮮なものは美味しい。好みもあるだろうが、やはり美味いものは美味いし、まずいものはまずい。

たまにデパ地下に行くといろんな物が売っているが、あまり食指が動かない。最も総じて高いという事もある。
自分で魚を釣って食べる様になると、舌が肥えて、反って宜しく無い。
この魚は何日目位だとかすぐ判るし、鮮度が落ちてくると生臭さを感じるようにもなる。
かといって割烹の生け簀に入っている魚を生き造りにすると美味しいかというと、、決してそうではない。
水槽で何日も生かされた魚は、すっかり油も落ちてしまう。

自分で釣った魚を、生き締めにして、しっかり血抜きをした、鯛や平目は格別な美味しさだ。
最も自分で釣ったという満足感も含まれているのかもしれないが。
そして1日目の美味しさ、2日目の美味しさもまた違ってくる。旨み成分のアミノ酸の量が違ってくるからだ。
この話を書くと長くなるので今日は書かない。

アジのたたきなど、釣りアジで作ると子供達も本当に喜んで食べた。
タコも自分で釣って茹でると食感がまるで違う。市販のモーリタニア産の蒸しタコは、ぼそぼそして、全く別物だ。

それにしてもここの処、全く釣りに行けない。朝2時に起きて100km近く運転し、お昼まで釣りをして帰ってくるのが、結構辛くなった。
生き物がいなければ、前の晩泊れば楽だが、今はそれも難しい。
10月のヒラメ解禁には是非行きたいと思う。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんわぁ☆
ほんっとに多趣味なんですねぇ そういうお父さんだったら、とぉっても楽しそうでいいなぁ なぁんて考えてました
挿し餌して、釣り行って、イヌにネコに動物いっぱいいて、私の中で勝手に理想のお父さんです(勝手にお父さんにしてしまってスミマセン)

No title

あんなに小さかった末っ子ちゃん
全体的にカラフルでイケメン(笑)
親ばかです

リホームで増築してくださいΣ^)/


うた♪さん今晩は

うた♪さん

理想のお父さんなんてとんでもないです。
年齢だけはお父さんの様かもしれませんが。
我が家では、四面楚歌
荒海に漂う小船の様なものです。

花梨さん今晩は

何時も大変お世話になっております。

少し背中も普通のワキコガネと違う色です。
よく判りませんが、ブルーの因子を持っているせいかもしれません。

このまま行くと、庭に小屋を建てて、
独身生活を満喫せざるを得ないかもしれません(笑い)

なるほどね

釣りが趣味というのは、あまり理解できなかったのですが、
釣った魚(新鮮な魚)が美味しいと知れば「またやろう」となるわけですね。

にゃまさん今晩は

私は食べない魚は釣りません。

釣りは魚との知恵比べの様なところがあって
やり始めると、とても面白いです。

単に、釣り味だけ楽しんで、リリースするという
スポーツフィッシングもあります。

プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク