Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

ヒムネキキョウインコの成人式

border=

今日は、事務所移転に伴う進発式があり、先程帰って来たばかりだ。由って、今頃の更新となってしまった。
2つの会社が来年4月の正式合併を前に、同じ事務所のフロアでの仕事が始まっている。両社とも過去に合併を経験しており、合併後の人員合理化はどのようにされるかは判っている。殆ど呑まれた会社の管理職は冷や飯を食わされることとなる。対等合併という事にはなっているが、規模的には1:2である事を考えれば、自ずと結果は見えている。
それはさて置き、今朝も寒い日であった。
そんな中で意外な発見をした。画像のヒムネキキョウインコだが、♂は昨年7月頃生まれた若鳥だが、なんと今朝、交尾をしていた。残念ながら、カメラを出している間に終わってしまった。なんせ、朝の出勤前の事なので、じっくりとシャッターチャンスを待つような事は出来ないので、♀が巣箱に入ろうとしているこの画像で勘弁して頂きたい。
まだ若いので、4月過ぎ位から繁殖に入ってくれると、ちょうど良いかなと思っていた。しかし7カ月位で成人式を迎えた様だ。♀はブルーの子なので、このペアからは美しいブルーの子が望める。
実際は、ヒムネキキョウインコは複雑な遺伝になっており、生まれてみないと判らないことも多い。其処がまた面白い処でもあるんだが・・。


 border=

画像では判り難いが、水入れの水は完全に凍っていた。こんな環境の中でも、この冬は1羽も★になることなく、元気に繁殖しようとしている。
ヒムネキキョウインコに代わって申し上げるが、彼らは決して寒さに弱い鳥ではない。ただ前に飼われていた環境や、どのような条件で繁殖された鳥かによって、結果は違ってくると思う。

何年か前のオールバードという雑誌に、「ヒムネキキョウインコを加温しないで飼うのは、お金をドブに捨てるようなものだ」との記事があり、その方は25℃で飼育していた様だ。またある輸入業者さんのブログで、「ヒムネキキョウインコは神経質な方にはお勧めできない。なぜなら、この鳥も神経質で我が家でも冬を越したことはない」とも書いてあった。しかし、我が家と同じように氷点下で冬越しさせている方を何人も知っているので、購入される時は飼育条件をよく聞かれた方が良いと思う。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは、なないろいんこさんは何羽のヒムネキキョウインコを飼ってらっしゃるんですか?クリーム色の手乗りの記事も拝見させてもらいましたが、、
ウチは3羽(オカメ x 2、ビセイ x 1)しかいませんが、それでも毎朝のエサ飼え→捕まえて籠に戻すなどバタバタです。
それでもいつかはヒムネキキョウを手乗りとして迎えたいと思っています。
ただ、残念ながらヒムネキキョウの情報はあまり入手できません。
大変だとは思いますが、これからも是非ヒムネキキョウの情報を発信ください。楽しみにしています。

No title

こんにちは、なないろいんこさんは何羽のヒムネキキョウインコを飼ってらっしゃるんですか?クリーム色の手乗りの記事も拝見させてもらいましたが、、
ウチは3羽(オカメ x 2、ビセイ x 1)しかいませんが、それでも毎朝のエサ飼え→捕まえて籠に戻すなどバタバタです。
それでもいつかはヒムネキキョウを手乗りとして迎えたいと思っています。
ただ、残念ながらヒムネキキョウの情報はあまり入手できません。
大変だとは思いますが、これからも是非ヒムネキキョウの情報を発信ください。楽しみにしています。

Re: うえちゃんさんコメント有難うございます

我が家ではヒムネキキョウインコは5ペア飼ってます。
いろんな色のヒムネがいるので、どうしてもそうなってしまいます。

ヒムネは一般的に言う手乗りにはならないです。
今年試験的に手乗りにしてみましたが、
場所を換えたりするともう全く手乗りにはなりません。
ただ他の鳥のようにべたべたしないので、
クールな鳥が好きな方には良いかもしれませんが。



> こんにちは、なないろいんこさんは何羽のヒムネキキョウインコを飼ってらっしゃるんですか?クリーム色の手乗りの記事も拝見させてもらいましたが、、
> ウチは3羽(オカメ x 2、ビセイ x 1)しかいませんが、それでも毎朝のエサ飼え→捕まえて籠に戻すなどバタバタです。
> それでもいつかはヒムネキキョウを手乗りとして迎えたいと思っています。
> ただ、残念ながらヒムネキキョウの情報はあまり入手できません。
> 大変だとは思いますが、これからも是非ヒムネキキョウの情報を発信ください。楽しみにしています。
プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク