Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

野良猫も捨てがたい

 border=


通勤途中で出会う猫で、昨日の画像だ。
トラ猫で、御覧のようになかなか毛並みが良いし、イケメンだ。正直なところ♂か♀かは知らないが・・(笑い)。駅近くの私設保育園の前にいる。どうも通勤帰りの人や、保育園に迎えに来るお母さんが餌をあげているらしい。多い時は3頭で餌を食べている。皆、毛艶が良く栄養状態は良好なようだ。

毛艶の良い野良猫を見ると、いつも思い出す猫がいる。シートン動物記に出て来るネコなんだが、裏町の捨て猫だったものが、拾われて飼われ、ショウウインドウに飾られ、最後は品評会で優勝してしまうという話だ。
おまけに付けられた名前がロイヤルアナロスタン。何でこんなことを覚えているのだか判らない。もっと頭を他の事に使えば、今頃もう少し違った人生を歩んでいたかもしれないんだが。(まあそんな事もないか。)

シートン動物記を最初に読んだのが、小6の時だ。全6巻で、龍口直太郎の訳だ。挿し絵は勿論シートン自身が描いたものだ。確か評論社のものだったと思う。
いやー、夢中になって読みましたね。今から50年も前の話だ。有名な狼王ロボ、伝書鳩のアルノ―、カラスの王様の銀の星。皆、最後の結末は、哀れな場面で終わる。それも当然だ。動物は、最後は悲しい死を迎える。ハッピーエンドで終われせようがない。

私は読んだ本は捨てない主義なのだが、何故か今手元にない。その後に立派な装丁のシートン動物記を買って、今手元にある。藤原英司訳の集英社版だが、やはりあの時に読んだ印象が強すぎて、いまだに馴染めない。

この年になると昨日の事は忘れてしまうのだが、何故か昔の事は覚えている。最近は、会社で椅子から立ち上がり、2,3歩あるいてから、「アレ、何を取ろうと思って立たんだっけかな」と一瞬忘れてしまう事がある。
同僚に聞くと、同じような人がおり、私だけがぼけているという事でもないらしい。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんばんは

私も 昔の事は
つまらないことも よく 覚えてるのですが
頭が もう 新しいことを 取り入れよーとは
あまり しなくなってしまいました^^;
頭の中の空き容量 まだまだ 沢山 あるはずなんですけどね

Re: kotoneさんコメント有難うございます。

ほんとですね。
最近の事はすぐ忘れてしまうのですが、
子供の頃のつまらない事はすぐ思い出します。

ご年齢は存じ上げませんが、
まだまだ空き容量はお互い充分あると思います。
人生これからです。
お互いの未来に乾杯!


> 私も 昔の事は
> つまらないことも よく 覚えてるのですが
> 頭が もう 新しいことを 取り入れよーとは
> あまり しなくなってしまいました^^;
> 頭の中の空き容量 まだまだ 沢山 あるはずなんですけどね

懐かしい

おはようございます(◎o◎)!狼王ロボ!伝書鳩アルノー、ディズニー映画の奇跡を呼んだ鳩もついでに思い出しました(笑)ロボは実際の話でしょ、あらゆる罠、仕掛けにも掛からないスーパーウルフ!相方の牝が捕獲され毛皮は残されましたね…懐かしいお話ありがとうございます

Re:マコウさん今晩は

マコウさん、コメント有難うございます。
朝のお忙しい時間にコメントまで頂きまして、
感謝、感謝です。
ロボの嫁さんは、白いウルフのブカンカでしたね。
アルノーは、どこから見ても普通の鳩だが、他の♂にちょっかいを出された時に、
ぱらりと開いた羽の裏に、びっっしりと過去のレースの記録が書かれている処など
いまだに印象に残ってます。

マコウさんとは是非一度お会いして、いろいろ教えて頂きたいと思ってます。
プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク