Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ



月曜日の画像だ。気が付かずにいたが、いつの間にか、こんな穴が出来ていた。私の住居地では、アカゲラ、アオゲラは見ないのでコゲラの開けたものと思う。
この穴、今年の春は、スズメの巣になるかもしれない。
巣箱を掛ければシジュウカラが巣をかけてくれるのは判っている。ただ場所の選定はなかなか難しい。一般の野鳥は目立たない、しげみの中に巣を作るが、カラ類は、むしろ開けた処を好む。

面白かったのは、庭の柵に使われた孟宗竹の一節を巣箱としたものを見た事がある。庭がある方は、巣箱を掛けてみられては如何でしょうか。シジュウカラの場合は直径2.8cm位の入り口にするのがコツだ。3,2cm位にすると雀が入れるので、巣箱争いでは、どうしても雀に軍配が上がってしまう。もちろん雀も最近は和瓦の家が少なくなり市街地で急減している様なので、助け船を出すのも良いと思う。

自宅の庭で、野鳥の雛が育って行くのを見るのは楽しいものだ。特にシジュウカラは子沢山で、巣立ち後の嘴の黄色い雛が、揃って餌をねだる図はとても微笑ましい。

画像でも判る通り、厳しい寒さが続いてはいるが、もう木の芽が少し膨らみかけている。
春も近い。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク