Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

コンゴウインコのももちゃんが甦った

001

昨日、ももちゃんが甦った。
帰宅して見ると大きな封筒が届いていた。早速開けてみると昨年12月に、虹の橋を渡ったはずのももちゃんが、見事に甦っていた。
実際はもうちょっと大きいのだが、トリミングは私に任せてくれるというので、このサイズで額に入れようと思う。写真とはまた一味も二味も違う記念の品となるだろ。
実は手書きの年賀状をくれた、にゃま画伯にお願いしたものだ。年賀状の出来栄えがとても味のある仕上がりであった為、お願いしたところ、快く引き受けてくれた。感謝、感謝。


 002

送って頂いた封筒には、こんな可愛いものもついていた。

私の大好きなカワセミだ。カワセミを自然の中で初めて見て、感動しない人がいたらお目にかかりたいものだ。
私も小学一年生の時に初めて見た時の感動は、いまだに忘れられない。なんせ娘に翡翠(カワセミ)から一字をとって翠と付けてしまったほどだ。因みに長男は翔、次男は隼という字を名前に入れてある。
翡翠は昭和四〇年代には河川の汚染により生息域を急激に狭めていったが、幸い河川の浄化に伴って、また身近で見れる鳥となって来た。喜ばしい事だ。

今だから話すが、実は三〇年ほど前に一度翡翠を飼った事があるが、やはり長生きさせる事が出来なかった。買える生き物と飼える生き物とは、別物だという認識が必要だ。本当は買っても飼ってもいけないのだが、昔はまだ野鳥飼育に寛容であった。


004

そんな事を云いながらも、買ってしまったヒョウモントカゲモドキ。今のところ元気に過ごしている。100wの保温電球に熱帯魚用のサーモスタットを25℃に設定してある。温度計のセンサーの位置では23℃位だ。電球の近くだと35℃くらいだろう。最初は底面パネルヒーターを使用していたが、それだと寒そうで動きが悪かった。保温電球でケージの全体を温めたら、動きが良くなり、餌の食べ方も良好だ。何とか長生きさせたいと思う。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ももちゃんジャングルから舞い戻ってきた
魂が入ったようなももちゃん画
とても良い友人に描いていただき良かったですね

カワセミはとても美しい鳥で
以前に野池で釣りしていたら遭遇


No title

本当だ!ももちゃん蘇りましたね!!!
すごく素敵ですね。。。
イラストや絵画は本当に
素敵ですよね。。私もいろいろな方々に
我が家のインコやワンコを
描いて貰い飾ってます。
リアル画像も素敵だし、アニメちっくも
可愛い。。。 
ももちゃん早速額に入れて貰って
ななさんのお部屋に飾られるんですね^^

野鳥飼育で!

 身近な鳥だけでも雀ヒヨドリカラスに百舌公
なんて、巣から落ちた鳥を拾って
逃げ出すまで飼ってみましたね。
 ただ、飼育を禁止する行政と法が
ざる法なのには多少立腹するときも
ありますね。
 飼っちゃいけないけれど
役所は保護もしない。
そのまま野垂れ死にさせるか
野犬野良猫カラスに鳶が
食べてくれるのを待てなんて
どこかおかしい野生動物の
保護の実体。
文句の一つもいって
飼育禁止の鳥を飼っちゃいます!

Re: 花梨さん今晩は

ももちゃんが甦りました。
写真よりも、なんかほんわかした感じが気に入りました。

翡翠が近くで見れるようになって楽しんでます。

Re: くうさん今晩は

剥製にするのを勧める方もいましたが、
見るに忍びないにので断りました。

この絵はとても気に入りました。
勿論部屋に飾ります。



Re: 大魔王さん今晩は

法的には野鳥は獲っても、買ってもいけないのですが、
愛好家が1,2羽飼うのは、許可した方が良いのではと個人的には思ってます。

夏に産まれた小鳥が冬を越せる割合は15%程度とのデータもあります。
愛好家に大切に買われたウグイスなどは
10年近く生きて楽しませてくれるようです。

夏鳥の渡ってくる個体数が年々減少しています。
東南アジアの環境が急速に悪化しているようです。

プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク