Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

私をZOOに連れてって

多摩動物園 023
日曜日に多摩動物園に行った。アニマルウォッチングも勿論楽しいが、ヒューマンウォッチングも、また良いもんだ。
動物園にはいろんな人たちが来ていた。若いカップル、お子さん連れのファミリー。そして意外や意外熟年カップル。もう私の年齢以上と思われるご夫婦(かどうかは定かでないが)がゆったりとした歩みで、動物観賞している図は実にすばらしい。
遊びが多様化している現在、動物園の来場者は年々減少し、私設動物園はもちろんのこと、公営の動物園の運営もかなり厳しいものがあるようだ。その昔は貴族や大名等が、珍しい動物を飼って個人で楽しんでいた。その長い時代から、公営の動物園で誰もが他国の珍しい動物を見れるようになって、わずか130年だ。勿論上野動物園が最初だ。
動物園が健全に運営できるよう動物園の努力も勿論だが、我々市民も足繫く通ってあげるのも必要だ。特にお子さんを連れて行かれれば、また次世代に動物好きな人が増えると思う。

それにしてもチーターのスタイルは抜群だ。余分なものを捨てて、ひたすらハンテングに必要なものだけを残した極限の機能美だ。

多摩動物園 020

多摩動物園では、たくさんのボランテアの方も活躍していた。動物の解説や、池に来ている野生の水鳥の解説の為に一般の方が進んで参加されているようだ。私も退職後はこんな活動に参加させて頂ければ有難いと思っている。

画像はライオンバスだ。目の前数十センチで見るライオンはまた一味違うのだろう。画像では判り難いが子供さんが喜んでいるのが見えた。この感動が、また次世代に受け継がれていく。

多摩動物園 005
 
コンゴウインコの夫婦もいた。あまりに相方に愛撫されすぎたのか、頭が禿げていた。私は誰にも愛撫されなかったが、自然と頭が薄くなった(笑い)。
画像で見ると翼ををカットしていない様に見えるが、あとで動物園の方に聞いたら、初列風切羽の長い処を残し、あとは手術によって切除されているとの事だ。
千葉動物公園のハゲコウが、愌羽後逃げ出したのは記憶に新しい。

コンゴウインコをしばらく見ていたら、またはなちゃんの後釜を迎えたい気分になったが、ここはぐっと我慢の一手だろう。
兎に角コンゴウインコは賢すぎて、すぐ人を見る。ももちゃんは、人を驚かすのが大好きで、門扉の上に止まらせておくと、通行人が行き過ぎた後、ギャーと叫んで振り向かせるのを楽しんでいた。今となっては懐かしい思い出となってしまった。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ペアのコンゴウさん見て、
はなちゃんの思いが
募りますね^^
でも、頭本当にはげてますね。。ベニコンちゃん、
どうしたんでしょう。。。?^^;

Re: くうさん、今晩は

正直、ここだけの話、帰宅した時、主のいないケージを見ると
辛いものがありますね。
コンゴウの代償はコンゴウインコでしか埋められないのは判っています。

コンゴウインコを飼われているくうさんには判って頂けると思います。

プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク