Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

これがももちゃんの最後の画像となった

ももちゃん 036

この画像がももちゃんの最後の画像となった。

12月2日(日)。昨日の画像だ。サザナミインコの食べ残した稗や粟を丁寧に味わうように一粒一粒食べていた。今朝はいつもの通り、少量の麻の実とペレット、リンゴをあげた。リンゴを美味しそうに食べたあと、いつもの通り頭を撫ぜて出勤した。
今日6時に帰宅した時は既に冷たくなって床に落ちていた。ヨウムのはなちゃんは異常を感じてか私が帰るなりバタバタ暴れた。

28年の長きにわたり共に暮らし、何度かの転勤にも付き合ってくれたももちゃん。長男は3歳の時から、次男や長女は生まれた時から、ずっと一緒に暮らしてきたももちゃん。

あまりにも突然の死だった。原因は判らない。朝はいつもの通り元気だったのだ。キエリボウシのローリータの時もそうだった。朝は元気に挨拶して出勤し、帰宅した時は冷たくなっていた。

人間でいえば心筋梗塞の様な突然死なのだろうか。判らない。判ったとしてもどうしようもない。
子供よりも長く付き合ったももちゃんはもういない。
この場を借りて、最後にもう1度言ってみる。

さよなら。



派手派手で陽気だったももちゃんの為に、賑やかに送ってあげてください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

え・・・そんな・・・28年ってコンゴウでは早過ぎますよね

いつか、なないろいんこさんのお宅にお邪魔して会いたいと思っていたのですごく残念で寂しいです

あちらで今まで一緒に居た子たちと楽しく遊んでいてくれるといいですね ご冥福をお祈りします

No title

ももちゃん
あまりにも突然ですね・・・

天国でも楽しく過ごしてね

No title

突然の事でびっくりされたことと思います。
このところの気温の寒暖差は鳥達にとっても、
人間にとっても対処しづらいですよね。
  ももちゃんのご冥福をお祈り致します。

No title

え!えぇえ!!!ももちゃん!!!
アキクサを譲りに初めてなないろさん宅にお邪魔し
ももちゃんとの出会い綺麗なインコだと
当初はベニコンゴウと間違えてしまい申し分けなく
私には威嚇されましたがなないろさんには溺愛
ももちゃんの愛くるしさが見えてて

え!え!亡くなってしまったの悲しすぎます

看取ってくれたのがはなちゃん

ご冥福をお祈りします

でも悲しい長寿でしたね
亡骸も画像として撮っとくのもよいですよ

僕もお邪魔させてもらう前に…
残念です、、。
あのバックを自慢気に見せて頂いたなないろさんの笑顔が思い出し、さぞご傷心かと思います、、。
ご冥福をお祈り申し上げます、、。

No title

ななさん、、、
まずタイトルに驚いたのですが、、
あまりに突然のことで
とても信じられません。。。
長いこと一緒に暮され、
わが子も同然、そんな子が
急にいってしまうなんて。。
言葉では言い表せれません。。
ななさん、どうぞ力落とされませんよう。。
優しいななさんがお父さんで
ももちゃんしあわせだったと思います。
星の国へ行ってもももちゃん、
ずっと元気でね。。。
頂いたももちゃんの羽に
合掌致します。。
すごく悲しいです。。。(TT)

No title

ももちゃんを知ってからまだ間もないですが、
本当に突然のことで驚いています。
お父さんに心配かけることなく旅立たれたのですね。
ももちゃん安らかに お空でたくさん遊んでくださいね。
ご冥福をお祈りします。

No title

28年も一緒に過ごしたももちゃんとの別れ、悲しみはいかばかりかとお察しいたします。
私も7月に、5年ではありましたが、挿餌から育てた仔(ボタンインコ)を急になくしました。
でも、楽しかったことを思い出し、私の心の中ではいつも生き続けていると思っています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

えっ!?大事な大事なももちゃんが、なぜ?急に・・。
とても驚いています。

なないろいんこさんにとって、思い出も思い入れもいっぱいあるももちゃん。
卵もこちらではじめて見せてもらったのに。

その鮮やかで大きな体が見れないと寂しいなー。

うちのポポちゃんと仲良くしてやってネ。

No title

あちゃー、なまえ間違えたー。
ももちゃんと遊べるのは、ポポちゃんじゃなくてミモザくんでした・・^^; 
スミマセン・・。

お悔み有難うございます

沢山のお悔やみの言葉を頂きまして、有難うございます。
ももちゃんは今頃は、自由にアマゾンの大空を羽ばたいているかも知れません。
なんせ人生の半分近くを伴に過ごした鳥でしたので、様々な思い出も心をよぎります。
しかし考えを換えてみれば、先に送り出す事が出来て帰ってよかったのかもしれません。ももちゃんは私にしか懐いてくれませんでしたので、立場が逆であれば却って悲しい事になっていたかもしれません。
我が家には、残された生き物も沢山いますので、その子たちをより一層可愛がってあげたいと思います。

伴にお別れをして頂いた皆さんに、心より感謝致します。

残念ですね。

今日の朝まで元気だった仔でもそんな事があるなんて…ももちゃんにとっては苦しむ時間は少なくてよかったのかも…28歳というと人間では40歳位の早すぎるわかれなんでしょうか(T-T)

ご冥福をお祈りします。
プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク