Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

ベニスズメの巣引き―その後

003
京都紅葉紀行はまた明日書かせて頂く。
実は、京都に行っている間気になっていた事があった。この画像は10日の画像なのだが、夕方、点検した際、画像の如く♀が膨らんでいた。隣の♂と比べて頂くとその異常さは一目瞭然だ。すぐ卵詰まりだと云う事は判断がついた。治療するかどうか判断に一瞬迷ったが、鳥の生命力に掛けた。
よく本などを読むと、メンソレ-タムを塗るとか、静かにもんであげるとか、つまようじでつついて割るとか、お腹を押してつぶすとか、いろいろ書いてある。しかし私は今まで、そのような施術で成功した事がない。唯一効果がありそうなのは、「捕まえて小さな籠に入れて温める」だ。但し当然のことながら、今回の巣引きは中止になってしまう。
いつものように、ここは♀の自然治癒力に掛けてみた。今日夕方帰宅してそっと覗いたら、正常な体型に戻っていた。多分このまま産卵が終われば、抱卵してくれると思う。
良い結果を報告できればと思う
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんばんは

お腹、治っててよかったですね

まん丸だもん・・どうなることかと思いましたよ(´ー`A;)アセアセ・・・

タマゴが詰まったのかしら・・・
サザにもよくあるケースだと、乳母様から聞いたことがあります
無事に雛っぴが孵るといいですね(^-^)

Re: ゆうさん、こんばんは

我が家の鳥たちは冬も屋外飼育で、結構丈夫です。

紅雀は秋に繁殖するんですよ。

ご心配頂いてありがとうございました。

今日は元気にしてました。

No title

無事に産卵してるようでよかった
手前にいるアキクサの羽の色
一緒に入っているんですか?

Re: 花梨さん今晩は

紅雀も秋草も一緒に飼ってますが
お互い干渉せず繁殖します。
産座には、たっぷりアキクサの羽毛を敷き詰めてます。



プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク