Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

どっこい茗荷はまだ頑張っていた

ヒムネ若鳥ももちゃん 017
8月に最後の茗荷を収穫したと書いたが、実はその後もちょこちょこ採れていた。今朝、何気なく見たら、こんな大きくなって花が咲いていた。採りたてをすぐ、卵とじのおすましにして食べた。
正真正銘、今年最後の茗荷だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんばんは

はじめまして。
我が家にも茗荷あったのですが、
旦那が雑草と間違えて(どうすれば間違えられるのか?)
根こそぎ抜かれてしまいました(笑)

来年もたくさん採れるといいですね♪
おじゃまいたしました。

Re: かめっぽさん、今晩は

コメント有難うございます。
我が家でも茗荷を植えた記憶はないのですが、
いつの間にか増えてくれました。
事しか結構取れましたので、冷ややっこに乗せたり、
卵とじにしたりと活躍しました。

根こそぎ抜かれてしまったのは残念でした。

ひえ~~

私がこの日記にコメントつけるのが 間違いだと思うんだけど(笑)

怖いもの見たさで つけちゃいました

茗荷・・・実は苦手なんです
日本にはいろいろ香菜がありますが、これだけは・・・・

同僚は、そうめんなんかの薬味に 千切りにしたやつをどっさり盛るそうなんですが、想像しただけで逃げたくなります(≧▼≦;)

たしか、日陰?にたくさん群生するんでしたよね?
私の祖母の家の 北側に、ぶわ~~~っと生えていたのをいま思い出しました

Re: ひえ~~

ゆうさん今晩は。
誰にでも怖いものは有るんですね~

私はネギが怖くて怖くて、食べるどころか臭いをかぐだけでも駄目です。
したがって、ラーメンもネギを抜いて貰います。
それからざるそばもネギは入れません。
焼き鳥のネギマも外します。

その代り茗荷は薬味としては欠かせません。大好きです。

何が違うかというとあの生ネギを噛んだときの甘味が駄目なのです。
子供みたいですが、生まれつきかもしれません


プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク