Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

ボブの骨腫瘍手術は無事終了しました


ボブの手術は無事終了昨日退院してきました。
当ブログやフェースブックで沢山の方からお見舞いや、励ましの言葉を頂き有難うございました。

2015-01-0420161030_02.jpg

今朝のボブです。散歩も普通にこなしました。取り敢えずひとまず安心です。転移をしていなければ良いのですが、まあ。フレブルとしては、かなりの長寿ですので、ここから先は何があっても驚かない覚悟はできています。

2015-01-0420161030_01.jpg

手術跡はきれいに縫合されています。出血の跡がありますが、敢えて濡らすこともないので拭いておりません。

昨晩は不在にしておりまして、娘が散歩に行きました。途中で脚の包帯が取れた為、400M以上抱いて帰ってきたそうです。ボブは12kありますので、私でも抱いて歩くのは結構きつい物がありますが、娘は良く頑張りました。包帯は、濡らしさえしなければ、もう取っても良いと云われていたのですが、娘に伝えておりませんでした。

いざとなれば、娘もやるものだと感心しました。

2015-01-0420161030_03.jpg

血液検査の結果、全く正常との事で安心しました。
ただ、エコーで見ると、気管が細い部分があると云われましたが、フレブルなので已むをえません。良く14歳まで頑張ってくれたと思います。
それと肋骨が1本折れた跡があるそうです。

2015-01-0420161028_07.jpg

もう一つ嬉しい知らせです。
佐渡から帰った、翌日の27日の朝、雛が3羽巣立っていました。立派に最後まで自育しました。

2015-01-0420161028_05.jpg

巣立ち後間もなくは、嘴の横には、サファイヤの様な、美しいブルーの珠が着いています。段々小さくなって10日程で、消失してしまいます。したがって、このサファイヤの現物を観れるのは、繁殖者の特権です(笑)。

20161029_064954.jpg

そして驚いた事に、昨日4羽目の雛が餌箱の中におりました。私を見ても暴れず餌をねだっていましたので、案外かなり大きくなるまで、親に育てさせても、手乗りとして、大丈夫なのかもしれません。

2015-01-0420161028_11.jpg

俳句を詠み始めて1か月経ちましたが、本格的に勉強しようと思い、ネットオークションで石田波郷全集を購入しましたが、読めない字だらけで苦労します。私の年齢でも読めないのですから、若い方はまずこの本の旧字体にはついて行けないでしょう。

当然俳句も変わっていくのでしょうか。

2015-01-0420161028_10.jpg

日本大歳時記も、オークションで購入しましたが、こちらはカラー写真満載で、気軽に季語を検索できます。

2015-01-0420161026_74.jpg

先日佐渡訪問時に立ち寄った能舞台です。世阿弥が71歳で佐渡に島流しになって、78歳で罪を解かれる迄、佐渡で能を広めた為、今でも佐渡は能が盛んで、小学生の頃から親しむようです。

この地に立つと周りは鬱蒼とした雑木林で、一種独特の雰囲気があります。一人感慨に耽っていると、その後団体客がガイド付きでやって来て、私もしっかり解説を聞きました(笑)。

ここで、また恥も外聞もなく一句

懸巣(カケス)鳴くあまりに古き能舞台


スポンサーサイト

続きを読む

プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる