Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

雨の日にはインコと遊ぼう


今日も雨で嫌になりますね。梅雨なので仕方ありませんが。
こんな日にはインコと遊ぶのが一番です。

2015-01-0420180618_12.jpg

朝方は未だ雨が降っていなかったので、水浴びをたっぷりしました。鳥の健康維持には水浴びはかかせません。

2015-01-0420180618_11.jpg

サザエとマスオはペアルックが良く似合います。



あいちゃんともたっぷり遊びました。樫ぐるみをキレイに割りますが、割った片方はちゃんと足で押さえておいて、落としてしまう事はありません。

2015-01-0420180618_14.jpg

如何ですか。これ止まり木に止まっているのではなく、脚でバランスをとって乗ってるだけです
こんな事が出来るのは、多分大型インコだけではないのでしょうか。

あいちゃんは止まり木に止まらせておくと、飛び回らないので、何時間でも遊ばせられます。その間、私は落ち着いて囲碁を打つ事が出来ます。

最近は専ら、中国の囲碁対局サイト「野狐」で対局してます。

2015-01-0420180617_06.jpg

あいちゃんはとうもろこしも大好きです。シロハラも、オキナもウロコも大好きですよ。

2015-01-0420180617_03.jpg

ヒムネキキョウインコもここまで育ってます。親はブルーシロムネですが、三羽のうち何と二羽がアルビノです。
不思議と我が家のヒムネはアルビノを産みます。手乗りがご希望のじゃたがいらっしゃれば、挿し餌致します。

2015-01-0420180617_08.jpg

何とウロコのレッドパイナップルも三羽孵ってました。
雛の声がしていたので、孵っているのは判ってましたが、今日初めて覗いて見ました。前回4羽でしたが、二番子は三羽のようです。ウロコインコは里親さん募集いたします。

スポンサーサイト

シロハラインコも順調に育っている




我が家で生まれたシロハラインコだが、順調に育っている。

20180517_213840_HDR 1

一号ちゃんは4月22日生まれなので25日目だ。5月2日に巣上げしたときは47gであったので、15日で三倍以上に大きくなった。如何ですか、目も開いて、インコらしくなって来たでしょう。家内は肉団子と呼んでいたが、もうそんなことは言わせない(笑)。

20180517_213735_HDR.jpg

二号ちゃんは4月25日生まれ。むくむく育って一号ちゃんを追い抜きそうな勢いだ。

20180517_215715_HDR.jpg

4月28日生まれの三号ちゃんもここまで育って順調だ。まもなく目も開くと思われる。

20180517_215654_HDR.jpg

五号ちゃんは5月の5日の産まれで、巣上げしたときは14gであったが、今日はさし餌後で55gと順調に育っている。

こんな時から育てていると、情が移ってきて、一羽は我が家に残そうかどうか迷っている。

残すとなると、また頭を丸めなければならないのは目に見えている。

残すべきか残さざるべきか、それが問題だ。



シロハラインコはムクムク育つ


シロハラインコはむくむく育つ。

20180512_223255_HDR.jpg

一号ちゃんは今日で20日だが、何とさし餌後で140gになってしまった。前回紹介時点で81gであたので、なんと四日間で50gも増えてしまった。眼も昨日にようやく開いた。
現在は海坊主のような様相だが、5月27日のピーチク会の頃はもう、立派にシロハラらしくなっていると思う。

男子三日会わざれば刮目して待てという中国の故事があるが、まさにそんな感じだ。

20180512_223013_HDR.jpg

二号ちゃんも118gと実に順調な成長を見せてくれてる。

20180512_224413_HDR.jpg

三号ちゃんは66g。まずまずだ。

20180512_224336_HDR.jpg

5号ちゃんは27gだが、心配ない。巣上げした後で一定の大きさになるとむくむく育つのは、昨年の経験でわかっている。最終的に同じ大きさになってしまう。

残念ながら、4号ちゃんは餌がもらえず天に召されてしまった。

2015-01-0420180512_01_01.jpg

薔薇も満開。

2015-01-0420180512_03_02.jpg

旧枝咲のクレマチスも咲き始めた。

2015-01-0420180512_02_02.jpg

新枝咲のクレマの開花。

2015-01-0420180512_05_01.jpg

此方も開花。

今年は手入れが悪かったので、今一元気がない。ごめんなさい。2番花は立派に咲かせようと思う。

今日は句会にも行ってきたし満足の一日であった。本日の兼題は「青嵐」。初心さながら恥ずかしげもなくお披露目してしまう所がなないろ流だ(笑)。

青嵐 女の顔に 歴史あり  

コレデイイノダ!




シロハラインコは五羽目も孵りました


昨日シロハラちゃんの五号目雛が孵ってました。

20180506_071634_HDR.jpg

画像の一番手前、ワタワタがその5号ちゃんです。
4日の孵化予定でしたが、夕方観た時は孵っておらず、5卵目は中止卵の様だと当ブログで紹介したばかりであったが・・・・。

何と5日の朝に覗かせてもらったら、卵がなくなっていたと云う次第です(笑)。

20180506_103251_HDR.jpg

5号ちゃんが孵ったのを観たので、即、2号ちゃんを巣上げしました。
実は2号ちゃんは1号ちゃんと一緒に巣上げしたのですが、孵化後6日で、まだ小さかったので、翌朝戻しました。シロちゃん、ハラちゃんの夫婦は、実に気の良いペアで、こんな事も許してしまうおっとり型です。

何故、こんなに早く巣上げしなければならないか、ご紹介します。

20180506_094313_HDR.jpg

画像は1号ちゃんで、今朝の体重は81gにもなっています。そうなんです、シロハラはむくむく育つのです。

今朝の巣箱の中に、1号、と2号が陣取っている図を想像して頂けると、ご理解いただけると思います。シロハラは体がずんぐりで翼が短く、5羽いたら、末っ子はおろか、4号ちゃんもまず育たないのではと思われます。

由って、巣箱には3羽を限度として、早めに巣上げをする方が安全と云う訳です。
実はこの事は、ベテランの鳥友さんにご教授頂いたことです。
ほんとに持つべき物は鳥友さんです。
シロハラに関しては全くの素人の私ですが、3日目ごとの産卵であるとか、抱卵期間は26日であるとか、様々な情報を頂き、実に助かってます。
知らないで、親にそのまま任せていたら、せっかく孵った最後の2羽の雛はまず育たないという事になってしまいます。

20180506_094319_HDR.jpg

生後13日で、まだ海坊主のような赤裸ですが、もう80gを超えてしまいました。どうやら挿し餌した方が成長は早いようですね。


シロハラインコはむくむく育つ


シロハラインコの雛はムクムク育ちます。

2015-01-0420180504_09.jpg

4月22日生まれの一号ちゃんですが、挿し餌前で62gでした。この時期の雛はほんとにあっという間に体重が増えます。
一回の挿し餌は約7から10gです。

こうしてブログで報告することによって、成長記録を後日確認できますので、とても役に立ちます。

2015-01-0420180504_10.jpg

少し早いですが、足環を装着しました。17日の装着がベストのようですが、昨年かなり装着に苦労したので、今年は早めに入れてしまいました。

2015-01-0420180504_01.jpg

早めに足環を五個購入しましたが、どうやら最後の5卵は孵らない様です。今日の夕方覗きましたが、まだ孵っておりませんでしたので、中止卵かもしれません。

足環は2018年度用ですので、来年は使えません。

2015-01-0420180504_08.jpg

ウロコちゃんも大きくなってきて、間もなく飛びそうな勢いです。一時は100g迄増えていた体重ですが、飛ぶ準備のために体重は減少に転じました。ここから60gほどまで減少してきます。初めての方は、餌を食べなくなったとご心配されますが、心配無用です。どんな鳥でも飛ぶためには必ず体重が減少します。

2015-01-0420180504_05.jpg

お腹から顔まで真っ赤に出て綺麗なレッドパイナップルになりそうです。

2015-01-0420180504_03.jpg

予約がはっきりしない子が一羽だけおりますので、性別にこだわりのない方には、すぐにでもお譲りできます。

2015-01-0420180504_07.jpg

残りの5羽は里親さんが決まってますが性別鑑定の結果待ちです。今年は随分と混んでいるようで、2週間経ってますがまだ結果の連絡がありません。

ご予約頂いている方には申し訳ありませんが、今しばらくお待ちください。


プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク