Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

胡錦鳥の自育雛を巣上げしてみた


今朝、胡錦鳥の雛を巣上げした。

20171224161204.jpg

この寒さの中、ちゃんと屋外禽舎で自育してくれていた。

胡錦鳥は不思議な鳥で、暑さ寒さに関係なく、親は孵化後一定の日数で巣を出てしまう。我が家の胡錦鳥がそうなのか、胡錦鳥と云う鳥がそうなのか、或いは、フインチ全般に言えることなのか、残念ながら寡聞にして判らない。もし当ブログが詳しい方の眼に止まれば、ご教授頂けると有難い。

したがって、インコの場合もそうなのだが、雛の数が少ないと寒さで育たないことも多い。沢山雛がいる時は、互いに温めあって無事育ってくれる。今回も数日前から、親はもう雛を抱いていなかったが、4羽の雛がいたので無事育ってくれた。

私はインコの挿し餌は、そこそこ経験があるのだが、フインチの挿し餌をしたことが全くない。由って、今回も鳥友さんにさし餌して頂いている。画像は鳥友さんから送って頂いた画像だ。素嚢がパンパンに膨れて、元気そうだ。

20170924_151452_HDR.jpg

以前撮影した画像だが、胡錦鳥は色とりどりで、実に美しい。オーストラリアには美しい鳥が多いが、胡錦鳥は私の中ではトップクラスだ。

ところで、私はまだ年賀状を書いていない。

PCの操作が全く苦手で、デザインをする気力がない。今晩何とか頑張ってみようと思う。届くのは正月明けになってしまうかもしれないので、この場を借りてお詫びしておこう。

スポンサーサイト

胡錦鳥の雛を巣上げしました


昨日の朝、胡錦鳥の雛を巣上げした。素嚢はパンパンに膨れていた。朝から熱心に餌を運んでいたようだ。

2015-01-0420171109_02_01.jpg

私はフィンチの挿し餌をした経験がないので、ベテランの鳥友さんに、巣上げの時期をブログの画像で判断して頂き、やっと昨日巣上げをした。丁度孵化後二週間だ。三羽かと思っていたら、なんと四羽も。優秀なペアだ。このペアからはいろんなカラーが出るので、楽しみだ。

鳥友さんにさし餌して頂いているが、すこぶる元気との事。持つべきものは鳥友さんだ。

20171109_072528_HDR.jpg

昨日アケビを頂いた。早速食べてみたら懐かしい味がした。現在はアケビも野生種ばかりではなく、食用の実の大きな物がたまにスーパーの店頭でも見られるようになった。

皮は油で炒めて味噌和えにすると美味しい様なので、明日調理してみようと思う。

2015-01-0420171109_04.jpg

あちこちで菊が美しく咲いている。私は白い小菊が好きだ。

有るほどの菊投げ入れよ棺の中   夏目漱石
白じらと菊を映すや絹帽子     芥川龍之介

2015-01-0420171109_02.jpg

紅葉も街中まで下りてきた。

2015-01-0420171109_01.jpg

樫の実が道路わきに吹き寄せられていた。

樫の実の落ちて駆け寄る鶏三羽   村上鬼城

2015-01-0420171109_06.jpg

昨夜ボブと仲良くなったシーズー君。ボブと同じ15歳で目は全く見えないとの事。互いの長命を祈った。


胡錦鳥の雛の成長はあっという間だ。


孵化後10日程と思える胡錦鳥の雛だが、2日前と比べるとここまで成長していた。

2015-01-0420171104_15.jpg

もう親も温める必要もないようで巣を離れている。自家製の粟玉があっという間になくなってしまう。また作らねばならないが、またまた家内に「卵を勝手に使って!」と叱られそうだ。

明日巣上げして手乗りにして頂く予定だがどんなものだろうか。この画像で巣上げの時期を判断して頂くことになっている。

それにしても嘴の横についているサファイヤの様に怪しく光る珠は、いつ見ても美しい。

2015-01-0420171104_11.jpg

こちらのオレンジ顔のペアも巣に入るようになった。どんな子が出るか楽しみだ。

2015-01-0420171104_02.jpg

今日囲碁の帰り道に見た柿だが、見事にたわわに実っていた。この木一本で、相当期間ヒヨドリやツグミ、メジロ、ムクドリ、カラスなどがご馳走にありつけると思われる。

2015-01-0420171104_03.jpg

そしてキューイもこんなに見事だ。やはり農家の方が栽培すると肥料が違うのだろうか。

2015-01-0420171104_06.jpg

キューイの下では雀が餌をあさっていた。最近は雀も住宅難で、メッキリ少なくなってしまった。

2015-01-0420171104_07.jpg

そうそう、これは我が家の柚子だが、今年は見事に実を付けてくれた。なんとこの柚子は、義父が実生育てたものだ。やっと4,5年前から実を付けるようになった。

今年は冬至が楽しみだ。柚子をたくさん浮かして首までお湯につかろうと思う。



胡錦鳥の自育雛が育っている


今朝親が巣を離れた隙に、コキンちゃんの巣の中をパシャリと撮った。

2015-01-0420171102_04.jpg

はっきりとは分からないが、どうやら4羽の雛がいるようだ。嘴の横には、4個のサファイヤの様に輝く珠がある。真っ暗い巣の中で目印になるようにと神様が授けたのかもしれない。

この美しい球も巣立ち後2週間ほどでなくなってしまう。今回は巣上げしてニギコロ胡錦鳥とするつもりだ。

2015-01-0420171030_14.jpg

例によって、今日も室内遊び。シロハラのサザエとオキナ達は仲良くブドウを食べている。ここにウロコを放つと途端に争うが始まって、ウロコの勝利となる。ウロコは小さいくせに気が強い。我が家の娘そっくりだ。ここだけの話ですよ(笑)。

2015-01-0420171102_07.jpg

今日散歩途中で観た紅葉。早くも市街地まで紅葉前線が下りてきたようだ。そろそろ高尾山に行ってみようかと思う。

2015-01-0420171102_08.jpg

今日の朝日新聞の夕刊だが、何とシジュウカラの黒色個体がつくばで発見されたようだ。DNA鑑定でシジュウカラのメスであることが判明したとの事。
ヒムネキキョウインコのブラックは固定されて安定して産まれるが、最初はこのような突然変異だったのかもしれない。

2015-01-0420171102_09.jpg

日経の夕刊には、ブリの回遊ルートを解明するために、電子タグを着けて追跡するという記事が載った。富山県側では、最近漁獲量が減って、どうやら太平洋側に回ってしまうブリが増えているのでは、と云う懸念を解明する為と云う。もしかしたら大原でヒラメ釣りをしていて、寒ブリがヒットするかもしれない。と云う訳で今月の13日にはヒラメ釣りに行く予定だ。

その隣の記事だが、75歳以上の認知症ドライバーが3万人との事。ひとごとではない。私なんぞは、何かしようと思い椅子を立って、2,3歩歩くと何のために椅子を離れたか忘れてしまう(笑)。

< 2015-01-0420171102_06.jpg

つの間にか、我が家の睡蓮鉢で金魚が育っている。
小さい時はメダカの楊貴妃と思っていたが、段々成長して、もはや金魚であることは疑いようがなくなった。尾ひれはフナ型の二枚なのでメダカとは全く区別がつかなかった。
どのようにして我が家の睡蓮鉢に紛れ込んだのかは、全くのミステリーだ。



コキンチョウの自育


胡錦鳥の雛が育っている。

2015-01-0420171030_12.jpg

昨年は三回自育したが、今年はペア組が遅れたので、やっと一回目の繁殖となった。27日の金曜日に雛の声が聞こえていた。コキンは雌雄交代で抱卵育雛する。我が家では9時過ぎ頃にメスが抱き始める。

此のペアは実に子育てが上手で、途中の育児放棄がない。ただし。今回は胡錦鳥のニギコロを作る為、巣上げして里親さんに育てて頂くこととした。

2015-01-0420171030_10.jpg

胡錦鳥も例にもれず、いろいろな色変わりが出ている。この子はオレンジ色の顔をしている。

2015-01-0420171030_05.jpg

こちらも、先日静岡の鳥友さんからお譲り頂いた色変わり。全体的にパステル調の♂とイエローの♀。果たしてこのペアからはどんな子が出るだろうか。

鳥はもう増やさないと固く心に誓いつつも、つい増やしちぇしまう意志の弱い30代のイケメンをを笑ってやってください(笑)。

2015-01-0420171030_03.jpg

紅葉前線が我が家にもやってきた。

めっきりここに来て冷え込んできて、紅葉の便りがあちこちで聞かれるようになった。我が家にもようやく紅葉前線やってきた。
如何ですか、真っ赤な胸のヒムネキキョウインコ。漢字では緋胸桔梗鸚哥と書く。文字の通り真っ赤な胸だ。

このように胸が赤くなるのは♂で、生後半年ほどかかる。それまでは雌雄同色なので、雌雄の区別がつきにくいが、見る人が見ればなんとなくは判る。

2015-01-0420171030_02.jpg

こちらもほぼ紅葉。

20171029_092840_HDR.jpg

先日から我が家のコンゴウインコのあいちゃんが、かごを壊し始めた。

20171029_094802_HDR.jpg

由って昨日は溶接し直して頂いた。
実は、こちらの方も鳥友さんだ。持つべきものは鳥友さん。

20171030_143230_HDR.jpg

画像のように、ステンレスの横桟を入れて溶接し直して頂いたので、いくらあいちゃんの強力な嘴でも大丈夫だろう。

20171029_093905_HDR.jpg

このような場所に足を踏み入れると、何故か背中がぞくぞくする。私も不器用だが、基本的に物造りは好きだ。

20171029_095951_HDR.jpg

設計図1枚渡されただけで、なんでも作ってしまうとの事。職人さんの技術に乾杯。

実はこの友人は、現在鳥を一羽も飼っていない。新居に越してから、家の中で鳥を飼うことを禁じられたとの事だ。何の間の言っても、鳥を飼うのを黙認してくれる家内に感謝感謝だ!

最後まで読んで頂いた奇特な方は、どうぞ我が愚妻の忍耐に励ましの拍手をお願いしたい。

プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク