Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

キンカチョウの展覧会に行ってきた


今日は埼玉県さいたま市にキンカチョウの展覧会に行ってきた。

今日は是非最後までご覧頂きたい。最後にお楽しみページが出て来る。

2015-01-0420170423_20.jpg

各部門の主席がずらり。キンカチョウ程、様々な色変種が固定されている鳥もないと思うが如何だろうか。会員の方に伺うと海外では50種ほどの色変種が登録されているとの事。

遺伝の法則的には、優性遺伝、劣性遺伝、伴性遺伝と単純ではあるが、法則に則ってペアリングしても、なんと140分に1の確率でしか出ない種もあるとの事。兎に角奥が深いんですね。

私は会員ではないが、会長さんの人柄にはほれ込んでいる。鳥を愛する事一方ならぬ方で、展覧会も自宅の庭を開放しての開催だ。初めの出会いは、4年ほど前だが、私が鳥専門誌「オールバード」のバックナンバーを探しているとの事を知って、1年分をポンと自宅に持って来て下さった。

傍から見ても真にキンカチョウの発展を願っているのが良く判る。由って遠方からも会員が集まって来るのだろう。
禽舎も覗かせて頂いたが、全て広いケージで飼われており、鳥も健康そうであった。

2015-01-0420170423_15.jpg


2015-01-0420170423_17.jpg

この仔はブラックチークというそうだ。文字通り頬が黒い。

2015-01-0420170423_12.jpg

2015-01-0420170423_14.jpg

イザベルというのだが、いろんなカラーを掛け合わせて出てくるのだそうだ。

2015-01-0420170423_08.jpg

2015-01-0420170423_11.jpg

パイドというのはいろんな鳥でもカラーが固定されているが、キンカチョウの場合は、色の抜けた部分の割合についても規定があるようだ。かなり奥が深く、私などには聞いても良く判らない。

2015-01-0420170423_06.jpg

2015-01-0420170423_05.jpg

この種は可愛さにひかれて、8年ほど前にネットオークションで購入し、私自身が飼った事がある。ほんわかとした色合いがなんとも魅力的だ。

2015-01-0420170423_04.jpg

2015-01-0420170423_03.jpg

オールオレンジは文字通り全身オレンジ色に輝く美しい鳥だ。なかなか、思ったような色には仕上がらないとの事だ。なんせ、オールオレンジ同士を組み合わせても、オールオレンジが出ないというのは、摩訶不思議だ。

秋草インコは、ルビノー同士を組み合わせればルビノーが出る。そして、色の綺麗に上がったルビノー同士からは、美しいルビノーが出るのだが・・・・・。

2015-01-0420170423_01.jpg

今日の来場者の中で手乗りチャボを連れてこられた方がいた。私も手に乗せてみて、パチリと一枚。いやー可愛いものですね。

20170423_082452.jpg

そして最後は、前回紹介のシロハラインコ夫妻に、待望の第一卵。今朝覗いてみたら産まれていた。鳥友さんから親切に教えて頂いたのには、3日おきに産卵するようで、抱卵期間は26日との事だ。由って、もし有精卵であれば、5月末には可愛い雛の声を聴けるかもしれない。
楽しみ、楽しみ。

スポンサーサイト

キンカチョウラボに行ってきた


今日は、さいたま市岩槻区まで出向いて、キンカチョウラボを拝見してきた。
会長さんの自宅の庭で、出来るので、何ともまあ羨ましい限りだ。N会長は実に面倒見の良い方で、キンカチョウをこよなく愛している。キンカチョウと云う単独鳥種の展覧会で、これだけ大掛かりな展覧会は、他にはないのではないかと思う。
やはりこの会を維持できるのは、会長さんの人徳だろう。

2015-01-0420080212_16.jpg

トロフィー迄し用意されており、賞品も皮付き餌20kgだったりする。
皆さん此の小さな鳥をこよなく愛し、良い鳥を作る為に、情熱を傾けている。 あとでたっぷりキンカチョウの種類を紹介させて頂く。
ある方に言わせれば、「俺たちは鳥を飼っているのではなく、鳥に飼われているんだ」という事になる。
斯くいう私も、そうに違いない。

2015-01-0420080212_28.jpg

さて、我が家の牡丹が綺麗に花開いた。昨夜の雨に打たれて、朝方は減立っていたが、夕方には少しまともになった。牡丹には傘をさすのが通例だが、怠ってしまった。

2015-01-0420160423_03_01.jpg

是は普通のピンクの牡丹だ。もう我が家で25年過ごしている。

2015-01-0420160423_09.jpg

さてこれが問題の黒牡丹だが、どこから見ても黒には見えず、紫がかった濃い赤だ。まあこういう事もあるだろう。

2015-01-0420080212_28.jpg

昨日、ホームセンターで大枚3000円も出して買ってきた「、ビブ ラ マリエ」と云う真っ白い薔薇。病害虫に非常に強く初心者向けと書いてあったので購入してみた。ラベルでは判らないがかなり美しく優雅な花と見た。つるバラではなく四季咲きの薔薇だ。

2015-01-0420080212_32.jpg

ところが車で帰る途中、一番立派なシュートが折れてしまった。取り合えづ、薔薇に詳しい方に教わって、挿し木してみたが、上手く根付くだろうか。

2015-01-0420080212_33.jpg

キンカチョウの展覧会に話は戻るが。
沢山のプレゼント鳥が用意されていた。惜しげもなく高級セキセイがプレゼント鳥とされていた。結果的に希望者多数でじゃんけんで勝った順からペアで選んでいく。一応500円皆さんお支払いしていたようだが、鳥屋さんではお目に掛れないし、お目に掛ってもかなりの高額だそうだ。

2015-01-0420080212_30.jpg

2015-01-0420080212_31.jpg

キンカチョウも沢山プレゼントされていたが、この二つの籠を観ていて、気づいたのは、鳥の距離の取り方だ。
セキセイインコは、一定の距離を空けているのだが、キンカチョウは体を寄せ合って固まっている。
いわば、めじろ押しの状態だ。

インコは、集団で木に止まる時に、枯れ木に花が咲いたように止まるが、キンカチョウは、1本の枝に鈴なりにに止まるのだろう。
雀の塒では、そのような光景が見られる。

2015-01-0420080212_23.jpg

2015-01-0420080212_26.jpg

2015-01-0420080212_13.jpg

2015-01-0420080212_08.jpg

2015-01-0420080212_11.jpg

2015-01-0420080212_04.jpg

沢山の種類のキンカチョウを撮ったが、何とかみられるものだけ載せてみた。
キンカチョウに興味のある方は、是非来年お越しください。日時は当ブログで案内させて頂く。


ゼブラフィンチ・ラボの展覧会に行ってきました


日曜日にゼブラフィンチ・ラボの展覧会にお邪魔してきました。

様々な、カラーの作出に懸命に努力されている方々の集まりで、私などは及びもつかないのですが、会長さんのご厚意で招待されました。
この会の方々は、勿論、皆様プロのブリーダーさんではありませんが、良い鳥を作ると云う心意気においては、立派なプロです。実にストイックな方々の集まりです。
1羽の優秀な鳥を作るために数十番のキンカ鳥を飼い、日夜研究されているようです。
いろんな方とお話しさせていただきましたが、面白い話が出ました。

その方の話では「我々は鳥を飼っているのではなく、鳥に飼われているんだ」との事です。

1日2時間も鳥の世話をして、珍しい鳥を見ると高価でもすぐ飼いたくなるし、おまけに骨董品と違って、エサ代はかかるし、おまけに★になる時はあっという間だし、鳥の餌代を稼ぐために働いているようなもんだ、と云う様なものです。

そう言われてみると、確かに私などもその部類かもしれません。まあ、それで楽しんでいるのだから、しょうがないでしょうという処が結論でしょうか(笑い)

様々なキンカチョウを紹介させて頂きます。

2015-01-0420150426_01.jpg

2015-01-0420150426_17.jpg

2015-01-0420150426_08.jpg

2015-01-0420150426_06.jpg

2015-01-0420150426_05.jpg

2015-01-0420150426_20p.jpg

2015-01-0420150426_18h.jpg

2015-01-0420150426_14u.jpg

いろんな種類のキンカチョウがいますね。
これだからこそ、奥が深いのでしょう。



続ゼブラフィンチ・ラボ


本日は、会社のお付き合いで呑んで帰ってきて、21:45帰宅したばかりだ。
当然かなり酔っているので、記事には責任が持てない。ボロが出ない様にごく短くしようと思う

先日のゼブラフインチ・ラボの続編だ。

PA260163.jpg

キンカチョウは沢山のカラーバリエーションがある。
この種はオールオレンジと云う種で人気があるようだ。勿論私は飼っていない。ここまでの色を出すために、幾多の努力を重ねたのだろうか。

PA260169.jpg

この種はイザベルと云うのだろうか。
全体的に淡い色合いになっている。
間違っていたら御免なさい。しかるべき方の目に留まったなら、アドバイスを頂きたい。直ぐに訂正させて頂く。

PA260165.jpg

済みません、画像がボケてしまっている。
ユーもと云う種類だろうか。全身、真っ黒けのけ。私には、美しいとは思えないが、まあ、此処までの色を出すためには、どれ程の方の努力があったのだろうか。

PA260180.jpg

この種は、クレストと云って、いわゆる梵天だ。菊の花に例えている。カナリヤや、セキセイインコ、ジュウシマツ等、いろんな種で見られる変種だ。
セキセイインコでは、肩の部分まで、天然パーマがかかっていて、佐藤インコのご主人に云わせると、実験が失敗した時の様子だろうと云う事になる(笑い)。云われてみると云いえて妙だ。

3.jpg

この種は、ライトバックと云うのだろうか。文字通り、背中が明るい色になっている。

PA260211.jpg

ノーマルもなかなか捨てがたい。私はこの種が一番好きだ。
是がノーマルのジャンボだ。多分現在は、純粋なノーマルと云うのは存在しないのかもしれない。

明日は、またまた、鳥友との呑み会がある。

毎日が楽しい。

コレデイイノダ!


贅沢スペース

015

5月25日に、鳥の会の恒例の「春のことり祭り」が開催される。

それに向けて、昨日は、プレゼント用のキンカチョウを繁殖させようとペア組みしてみた。120cmの追い込みカゴはまだ、アキクサインコやヒムネキキョウインコの雛が孵らないので、空き家状態だ。そのケージを利用してのキンカチョウの繁殖だ。かなり贅沢なスペースだ。鳥は狭いカゴでも繁殖はするが、出来るだけ広い処で飛ばしてあげると、飛翔力もつき大きく育つ。

「春のことり祭り」は浅草のリバーサイドギャラリーで開催されるので、是非覗いてみて頂きたい。
浅草寺やスカイツリーもすぐ傍にあるので、お子様連れで遊びに来て頂きたい。

飼い鳥文化を次世代に受け継ぐのが、私たちに使命と思っている。ちょっと大げさすぎるか(笑い)。
いやいやそうでもない気もする。今は、子供達は身近でいろんなゲームに接する事はできるが、小さな命ある者との接触も大切な事だと思っている。ゲームの登場人物は、リセットすれば何時でも生き返るが、小鳥はそうではないことを、身をもって体験する事も大事だと思う。


プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク