Twitterはこちらをクリック
にほんブログ村 鳥ブログへ

アキクサインコと、ヒムネキキョウインコ里親さん募集いたします


アキクサインコとヒムネキキョウインコの里親さん募集致します。ヒムネも換羽にに入って雌雄の判別がつくようになりました。

2015-01-0420170926_07.jpg

ヒムネキキョウは寒さに弱いと云われてますが、我が家では、屋外禽舎で無加温飼育です。真冬には飲み水が凍りますが、全く問題ありません。今回の子は手乗りではありませんので、観賞用、繁殖用でお願いいたします。

2015-01-0420170926_08.jpg

ノーマル系、オリーブ系です。

2015-01-0420170926_06_01.jpg

画像に写っていないアルビノもおります。ブルー系からルチノーも出てくるので、ヒムネキキョウは何が出てくるのか全く予想がつきません。

2015-01-0420170926_04.jpg

最近少なくなったアキクサインコのノーマルですが、ルビノーのスプリットになってます。

20170926_173811_HDR.jpg

昨年10月に左足指の骨腫瘍で第一指を切除したが、今朝見たら、今度は右後指の第一指の皮膚炎が見られた。早速病院に連れて行ったが、取り敢えず、抗生剤と塗り薬で一週間様子を観ましょうという事になった。昨年の10月28日に骨腫瘍の手術をしてから、丁度11か月目であるが、もしかしたら、また切除という事になるかもしれない。

なんせ15歳という高齢ではあるが、手術して、もう一年、寿命が延びるなら、手術の意味は十分あると思い。

20170926_173959_HDR.jpg

病院の待合室で不安そうなボブだが、もう顔のパンチも白髪で真っ白だ。

待っている間も、沢山の老犬が診察にやってきたが、みんな可愛がられている様子がよく分かる。散歩途中で、急に歩かなくなってしまったというチョコレート色のダックスちゃんもいたが、12歳という事であった。

ダックスのチョコレート色は、遺伝病を抱えている子も多いが、今の処その兆候はないという事であった。しっかりとしたブリーダーさんから迎えられたという。

犬は人気が出てくると、どうしても無理な近親繁殖をされてしまうので、しっかりしたブリーダーさんから購入されるのがお薦めだ。
いずれにしても、私はボブの後の犬は全く考えていない。

スポンサーサイト

ヒムネキキョウインコの雛が育っている。


ヒムネキキョウインコの雛が続々孵っている。
ヒムネキキョウインコは、一般的に寒さに弱くて且つ神経質で、私のような素人向けではないと云われているようだが、全くそんなことはない。

昔の「オールバード」という雑誌に、「ヒムネキキョウを加温しないで飼うのはお金をドブに捨てるようなものだ」と書かれてあったが、我が家では屋外のプレハブ禽舎で無加温飼育だ。それでも立派に冬越しして繁殖もする。真冬には飲み水が氷る事さえあるが、全く問題ない。もともとオーストラリアは、乾燥地帯などではかなりの寒暖差があり、環境としてはかなり厳しい地域もあるそうだ。

その方は加温して25度で飼育していると書かれてあった。

2015-01-0420170608_14.jpg

ブルー白胸の2番仔が2羽。ここまでに成るともう手乗りにはできない。

2015-01-0420170608_16.jpg

こちらの雛は5羽のようだ。この仔達はご希望があれば手乗りに出来ると思う。それにしてもヒムネキキョウインコは巣箱を綺麗に使う。どんなカラーになるかはまだ不明だ。

2015-01-0420170608_15.jpg

こちらは孵ったばかりの雛が2羽。

2015-01-0420170608_17.jpg

新枝咲きのクレマチス、プリンセス・ダイアナと篭口のコラボレーションが美しい。

明日も楽しく暮らしたいと思う。


ヒムネキキョウインコの父さん頑張る


ヒムネキキョウインコのブルー白胸の父さんは、子育て上手だ。

今日水の交換に禽舎に行ったら、盛んに巣立ち雛に餌をあげていた。動画でご覧ください。実に微笑ましい光景だ。



如何ですか、可愛いもんでしょう。

2015-01-0420170314_03.jpg

禽舎のウロコインコは、3月14日に巣箱を設置したばかりだというのに、今日禽舎に行ったら、雛の声が聴こえていた。巣箱設置後すぐに産卵を始めたようだ。しかし、新しいケージに移動したにも拘らず、繁殖する子は繁殖してしまう。

このペアは画像の通り赤顔なので、さてどんな子が産まれているか楽しみだ。

秋草インコはさっぱりで、無精卵ばかりのようだ。まあ、全ては鳥任せなので、やる時はやってくれるでしょう。

20170425_151115.jpg

胡錦鳥のノーマルペアは、頑張って今期の巣引きを終えた。如何ですか、ノーマルの赤顔が一番美しいと思うのだが。

20170425_155231.jpg

前回巣立ちした雛達は、嘴の横のサファイヤの様なブルーの珠が付いている。まだ盛んに餌をねだっていた。



里親さんから画像が届いた


今日は昨日とは一転して、寒い一日となった。関東南部でも冷たい雨が降り続いている。こんな日は何もやる気がしない。

1491865623705.jpg

先日ヒムネキキョウインコの里親さんから画像が届いた。ブルーの白胸だが、親羽に変わって実に美しく仕上がっている。里親さんに可愛がって頂いてる様子が、手に取るようにわかる。物まねも少しこなすようだ。

それにしてもヒムネキキョウインコは、ほれぼれするほど実に美しい鳥だ。

IMG_20170404_210254[1]
こちらはアキクサインコの里親さんからのもの。
ローズは4月1日にお渡ししたばかりで、尾羽もまだ完全に伸び切っていない。もう飛び回っているようだ。ルビノーの仔は昨年やはり我が家から行った子だ。

先日このローズの仔は遺伝的に♂と書いたが、誤りのようだ。♂ピンクファロー、♀ルビノーの仔だが、この組み合わせだと必ずしもローズは♂だけとは限らないようだ。お詫びして訂正させて頂く。

昨年ローズが3羽産まれて全て♂であったので、遺伝的に♂かと勘違いしてしまった。♂であれば、当然ルビノーのスプリットとなるが、♀は、スプリットをもたない。

1491864873384.jpg

前回、落花生を飼料屋さんから購入した記事を書いたところ、マコウさんから、落花生を大量にあげると肝臓を傷めるとメールを頂いた。画像はマコウさんが大型インコ達にあげている飼料との事。アーモンドや、ピスタチオ、サフラワー、ヒマワリ、ドッグフードなどを与えており、落花生はあげていないとの事だ。

また、同記事にるなさんからコメントを頂き、大量の落花生はインコに良くないとご指摘を頂いた。
私も大量の落花生はインコに良くないとは知っていたが、私の書き方だと、当ブログを読まれた方が、落花生を大量に与える方が出て来るので、危険性があると指摘を頂いた。由ってこの場で再度確認させて頂く。私のこんなちっぽけなブログでも、沢山の方にご覧頂いて、この様に親切にご指摘頂けるのは実に有り難い。

大型インコは脂肪分の多い落花生が特に大好きなので、せがまれるまま沢山あげないでいただきたい。
尚、落花生のカビには発がん性物質が含まれることはかなり昔から指摘されているので、人間も購入後は速やかに食べた方が良いと思う。
由って、先日の落花生は、我が家では冷蔵庫にて保管している。

2015-01-0420170408_02.jpg

土曜日に近くの公園に行ったが、今年もまた、コハクチョウが抱卵していた。4個の卵を産んだようだ。5月には親子連れで泳ぐ姿が見れるかもしれない。

2015-01-0420170408_03.jpg

桜満開ですね。皆さんのブログでも綺麗な桜が紹介されていた。
実は、土曜日この公園にある、公民館に、俳句の会で行ってきた際の画像だ。

それにしても俳句を初めて半年になるが、実に難しい。本を読めば読むほど、どのような句が良いのか判らなくなってくる。

彼の人と ボート漕ぎけり 燕来る      この句は好評であった。しかし次の句は全くわかって頂けなかった。
小綬鶏や  近ずきてまた 遠ざかる
    野鳥観察されている方だとすぐに判って頂けると思うが、一般の方には全くわかって頂けない。私はこの句は良い句だと勝手に思っているのだが(笑)。

2015-01-0420170408_07.jpg

ハナモモも綺麗に咲いていた。春爛漫だ。

2015-01-0420170408_01.jpg

歩道の割れ目で咲いていた草花。逞しくアサファルトの割れ目で頑張っていた。名は知らないが、可憐な花だ。

明日は今シーズン最後のヒラメ釣りに行く予定だ。果たして前回のリベンジなるか。




里親さんから画像が届いた


里親さんからヒムネキキョウインコの画像が届いた

1467289267872.jpg

「ヒムネキキョウは、他のインコの様にベタ馴れにはなりません」と、お話ししてお渡ししたので、思った以上に馴れてくれたというご感想だ。

アキクサインコやヒムネキキョウの様なオーストラリアンパラキートは、目を離しても悪戯はたかが知れているので、一定時間放鳥して遊ばれる方も多い。
ウロコインコ位の中型になると、ちょっと目を離すと、PCのケーブルを齧ったり、家具を齧ったりと完全に目を離すのは危険だ。
我が家の本のカバーは随分と被害にあった。

1467290772695.jpg

この状態でお渡しした。

1467289276654.jpg

丁度2週間で、こんなに立派に育てて頂いた。ベテランの愛鳥家さんなので安心してお任せ出来た。ブルーの白胸になりそうだ。オスであっても緋胸にはならない。それはそれで、また人気がある。

2015-01-0420160615_03.jpg

今日はやっと梅雨の晴れ間がのぞいた。ボブの散歩途中で、あちこちのお宅の紫陽花を撮らせて頂いた。

2015-01-0420160615_02.jpg

いろんな種類があり、楽しめる。

2015-01-0420160615_08.jpg

紫陽花は咲き始めてから色が変わったりするし、土壌のPHのよっても色が変わる、面白い花だ。

2015-01-0420160615_01.jpg

是は何とも、美しいブルーになっている。

2015-01-0420160615_13.jpg

大きく育てる事も出来るし、強剪定して庭の大きさに合わせ、コンパクトに仕立てる事も出来る。我が家でも園芸種を購入したので、来年は綺麗な花を見せてくれると思う。

プロフィール

なないろいんこ

Author:なないろいんこ
動物を飼い始めてから50年になります。猛禽類やインコ、フインチ、海水魚、熱帯魚、金魚などいろいろ飼ってきましたが、いまだにその習性が修正できず毎日せっせと世話をしてます。時々インコの雛が生まれます。手乗りの雛をご希望の方は、下記にお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:sym.yoshikawa@gmail.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク